ボクシング小説一覧

タグ ボクシング×
10
オレが入った県立高校のボクシング部にはリングがない、そもそも練習場がどこにあるかもわからない。 部員は全員高校から始めてる。でも全国常連、なぜなのか?
24hポイント 214pt
小説 3,628 位 / 53,552件 ファンタジー 1,252 位 / 17,564件
文字数 1,274 最終更新日 2019.08.20 登録日 2019.02.10
2
恋愛 完結 短編
婚約破棄された悪役令嬢は復讐のためボクシングジムで鍛え始める……
24hポイント 14pt
小説 14,655 位 / 53,552件 恋愛 4,604 位 / 12,686件
文字数 7,868 最終更新日 2019.06.11 登録日 2019.05.11
ジャスティスとレクサス。君はどちらをとるだろうか? 今日からはじまるこの話は、自由と愛の寓話。だから、もし、君がこの本のジャケットを気に入らなければ、好きな色に塗り替えてほしい。 さぁ、ここだけの秘密で、世界を派手に揺らそう。
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 恋愛 12,686 位 / 12,686件
文字数 3,625 最終更新日 2018.07.28 登録日 2018.07.28
ガットリング砲に立ち向かった武士を先祖に持つ少年と、物心ついた時からいじめられ続けた少女。そんなふたりがコンビを組んで「悪因縁」の敵たちと日常風景の中で戦闘を繰り広げる『極めてリアルなファンタジー』です!
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 ファンタジー 17,564 位 / 17,564件
文字数 93 最終更新日 2018.08.05 登録日 2018.08.05
aki
 今年の春、とある女の子が実家から離れた場所で高校生となった。可愛い制服のために。そしてなにより、親元を離れた生活をしたいがために。けれども一人暮らしは危ない。という親の判断から、社会人の姉と二人暮らしをする予定になった。「まぁいいさ。できるだけ、だらけライフをむさぼってやる」と小さな野望を抱く中、姉が突然の転勤。「これで一人暮らしだぜ、よっしゃぁぁ!」とガッツポーズをしていた矢先、彼女に、とんでもない知らせが姉から告げられる。ルームメイトの追加だ。しかも、男(彼女アリ)だというのだ。その上、プロボクサーで大学生だって。「……馬鹿じゃね?」。これは、そんなこんなで始まる、プロボクサーと女子高生の、拳と愛の物語であるッ! 前に「小説家になろう」さんに投稿していた小説です。
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 青春 2,862 位 / 2,862件
文字数 88,821 最終更新日 2018.10.30 登録日 2018.10.01
ある無名ボクサーの物語
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 エッセイ・ノンフィクション 1,422 位 / 1,422件
文字数 35,028 最終更新日 2019.02.10 登録日 2019.01.20
7
青春 連載中 短編
現代の人間界に魔王が逃げ込み、人間に取りつた。 その者が三年経つと本当の魔王になってしまう。 そうなると誰も倒せない。 そこで三人の魔術師が飛ばされた。 鈴木勇人は二十五歳でプロボクサーになれた。 でも、デビュー戦が引退試合。 そこで散々にやられてしまうだが、一人の魔術師と出会った事で人生が変わり始める。 美人とお金と魔王に縁のある生活になろうとは思っていなかった。
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 青春 2,862 位 / 2,862件
文字数 16,041 最終更新日 2019.07.20 登録日 2019.06.30
8
青春 連載中 長編
 ドリーム小説大賞にエントリーしています。  良ければ投票お願いします。  僕は谷津征太郎。十人並みの学校生活を怠惰に無気力に過ごしていた。  学校に行ったとて、やることと言えば勉強と担任の先生をからかうことくらい。  それに対して僕の親友の山崎大輝はプロボクサーになる夢を叶える為、ボクシング部とジムを行き来して文字通り日夜トレーニングを続けている。      そんな珍しくもない学校生活を送っている僕に面倒ごと? が突如として舞い込んで来た。  学校内随一のアイドル──衣川雛さん。  澄ました顔は美人、笑った顔は可愛らしく、気立ても良い完璧人間だ。  そんな対極に位置する彼女が何故か僕に話しかけて来たのだ──
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 青春 2,862 位 / 2,862件
文字数 39,981 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.06.30
 共栄高校ボクシング部の仲間五人。 楢崎、河辺、近藤、三浦は、二十年振りに藤賀の結婚式二次会に集合した。 そんな時に話をするのが、やはりボクシング部の日々であり、 藤賀には忘れられない試合があった。  ボクシング部の仲間は個性豊かな6人だ。 藤賀は、キャプテンの川島と楢崎に憧れ、 彼らの背中を追いかけるようにして懸命に、練習に打ち込んだ。 その理由の一つとして、憧れの片思いの彼女がおり、その彼女、 皆川沙織にインターハイに出場できたら告白しようと、 それを目標に日々努力し、練習に打ち込んでいたのだが、 そこには思いもよらぬ不運が待ち受けていた。 迎えたインターハイ予選決勝。相手の強打に耐え、 何度も練習でやってきたパンチを繰り出した瞬間。  相手が倒れる。  だが、皆の歓喜する束の間も、 失格負けを宣告されてしまった。    この敗戦が藤賀の人生にも影響し、深く考えさせられるようになる。  藤賀は大学に進学し、就職。そして、世間の荒波に揉まれながら暮らしていた、 十九年後。アメリカで、皆川沙織と奇跡的に再会。  そんな彼女の容姿は少しだけ変化していたが、 それよりも彼女がバツイチで、娘もいたことに驚きの色を隠せなかった。  それでも藤賀は、それら全てを受け入れ、結婚を決め、 式を挙げたのだった。  そうして二十年振りに再開したボクシング部の仲間も大きく変化していた。  キャプテンの川島が肺癌で亡くなったこと、 年月と共に他の四人も、容姿は勿論、 それぞれの人生も大きく変わっていたこと。  その時に、二十年の歳月を経て、彼らは何を思い、何を話し、 また、彼らは、今の人生に満足をしているのだろうか。  そうして彼らの晩餐会は続いていった。
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 青春 2,862 位 / 2,862件
文字数 102,114 最終更新日 2019.07.27 登録日 2019.07.21
10
恋愛 連載中 ショートショート
ライトフライ級ボクサーだった元侯爵に突然の婚約破棄を受けたアンナ=マリア・フローレッシュは、よく考えたらボクサーってプロでも世界チャンピオンでも減量ばかりしてて実は一般人よりも喧嘩が弱いのではないか? と疑問を抱くようになり、もしかしたら自分でも物理的にボコボコにできるんじゃないかと考えるようになったのであった。
24hポイント 0pt
小説 53,552 位 / 53,552件 恋愛 12,686 位 / 12,686件
文字数 605 最終更新日 2019.08.17 登録日 2019.08.15
10