いい加減小説一覧

タグ いい加減×
2
1
恋愛 連載中 短編 R15
意識が浮上するといきなり目の前に、紺色の髪の青年と全身ピンクの女。まわりを見ると、貴族達が唖然として自分達を囲んでいる。なんのことやらわからない。コルセットで締め付けられた体は苦しいしドレスは死ぬほど重い。目の前の二人が妙に可笑しくて、ゲラゲラ笑っているうちに気絶してしまったら、目が覚めたのは天蓋つきのベッド。そこでようやく、自分が異世界転生したんじゃないかなと思い立った、悪役令嬢(推定)の、フォルテ・エイトビート侯爵令嬢だった。ピンチになってから交代なんて、あんまりだよ~! 異世界転生だ~無礼講だ~で、なんちゃって貴族社会を適当に生きていく。 リリーフ令嬢? 心配ご無用です! ※タイトルを、「悪役令嬢、心配ご無用」から変更しました。 のんびり更新です。 他に、小説家になろう、カクヨムでも連載いたします
24hポイント 184pt
小説 4,851 位 / 87,216件 恋愛 2,078 位 / 23,008件
文字数 19,261 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.01
 俺は、大木靖(おおきやすし)。  趣味は、”ドライブ!”だと、言っている。  隠れた趣味として、ラノベを読むが好きだ。それも、アニメやコミカライズされるような有名な物ではなく、書籍化未満の作品を読むのが好きだ。  職業は、トラックの運転手をしてる。この業界では珍しい”フリー”でやっている。電話一本で全国を飛び回っている。愛車のトラクタと、道路さえ繋がっていれば、どんな所にも出向いた。魔改造したトラクタで、トレーラを引っ張って、いろんな物を運んだ。ラッピングトレーラで、都内を走った事もある。  道?と思われる場所も走った事がある。  今後ろに積んでいる荷物は、よく見かける”グリフォン”だ。今日は生きたまま運んで欲しいと言われている。  え?”グリフォン”なんて、どこに居るのかって?  そんな事、俺が知るわけがない。俺は依頼された荷物を、依頼された場所に、依頼された日時までに運ぶのが仕事だ。  日本に居た時には、つまらない法令なんて物があったが、今では、なんでも運べる。  え?”日本”じゃないのかって?  拠点にしているのは、バッケスホーフ王国にある。ユーラットという港町だ。そこから、10kmくらい山に向かえば、俺の拠点がある。拠点に行けば、トラックの整備ができるからな。整備だけじゃなくて、改造もできる。  え?バッケスホーフ王国なんて知らない?  そう言われてもな。俺も、そういう物だと受け入れているだけだからな。  え?地球じゃないのかって?  言っていなかったか?俺が今居るのは、異世界だぞ。  俺は、異世界のトラック運転手だ!  なぜか俺が知っているトレーラを製造できる。万能工房。ガソリンが無くならない謎の状況。なぜか使えるナビシステム。そして、なぜか読める異世界の文字。何故か通じる日本語!  故障したりしても、止めて休ませれば、新品同然に直ってくる親切設計。  俺が望んだ装備が実装され続ける不思議なトラクタ。必要な備品が補充される謎設定。  ご都合主義てんこ盛りの世界だ。  そんな相棒とともに、制限速度がなく、俺以外トラックなんて持っていない。  俺は、異世界=レールテを気ままに爆走する。  レールテの物流は俺に任せろ! 注)作者が楽しむ為に書いています。   作者はトラック運転手ではありません。描写・名称などおかしな所があると思います。ご容赦下さい。   誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。   誤字脱字、表現がおかしいなどのご指摘はすごく嬉しいです。   アルファポリスで先行(数話)で公開していきます。
24hポイント 85pt
小説 7,153 位 / 87,216件 ファンタジー 1,638 位 / 24,907件
文字数 772,456 最終更新日 2020.10.24 登録日 2019.08.01
2