頭脳戦多め小説一覧

タグ 頭脳戦多め×
2
「『面倒』ですが、仕方が無いのでせめて効率的に片づける事にしましょう」  望まなかった第二王子と侯爵子息からの接触に、伯爵令嬢・セシリアは思慮深い光を瞳に宿して静かにそう呟いた。 ***  社交界デビューの当日、伯爵令嬢・セシリアは立て続けのトラブルに遭遇する。 とある侯爵家子息からのちょっかい。 第二王子からの王権行使。 これは、勝手にやってくるそれらの『面倒』に、10歳の少女が類稀なる頭脳と度胸で対処していくお話。  ◇ ◆ ◇ 最低限の『貴族の義務』は果たしたい。 でもそれ以外は「自分がやりたい事をする」生活を送りたい。 これはそんな願望を抱く令嬢が、何故か自分の周りで次々に巻き起こる『面倒』を次々へと蹴散らせていく物語・『効率主義な令嬢』シリーズの第2部作品です。 ※続きものですが、こちらの作品(第2部)からでもお読みいただけます。
24hポイント 811pt
小説 1,779 位 / 99,134件 ファンタジー 395 位 / 26,684件
文字数 123,868 最終更新日 2021.02.12 登録日 2020.12.30
「反省の色が全く無いどころか睨みつけてくるなどと……。そういう態度ならば仕方がありません、それなりの対処をしましょう」  やっと持たれた和解の場で、セシリアはそう独り言ちた。 ***  社交界デビューの当日、伯爵令嬢・セシリアは立て続けのトラブルに遭遇した。 その内の一つである、とある侯爵家子息からのちょっかい。 それを引き金にして、噂が噂を呼び社交界には今一つの嵐が吹き荒れようとしている。 王族から今にも処分対象にされかねない侯爵家。 悪評が立った侯爵子息。 そしてそれらを全て裏で動かしていたのは――今年10歳になったばかりの伯爵令嬢・セシリアだった。 これはそんな令嬢の、面倒を嫌うが故に巡らせた策謀の数々と、それにまんまと踊らされる周囲の貴族たちの物語。  ◇ ◆ ◇ 最低限の『貴族の義務』は果たしたい。 でもそれ以外は「自分がやりたい事をする」生活を送りたい。 これはそんな願望を抱く令嬢が、何故か自分の周りで次々に巻き起こる『面倒』を次々へと蹴散らせていく物語・『効率主義な令嬢』シリーズの第3部作品です。 ※本作からお読みの方は、先に第2部からお読みください。  (第1部は主人公の過去話のため、必読ではありません)  第1部・第2部へのリンクは画面下部に貼ってあります。  ◇ ◆ ◇ 感想をくださる方へ ◇ ◆ ◇ ※HOTランキングで10位以内に入り、皆様に注目していただいている為か、本作に批評系コメントが数多く寄せられております。  内心とても嬉しいのですが、過去に読者の方から「批評コメントに書かれている内容が正直不快だ」というご連絡を頂いたことが有るため良い評価・悪い評価に関わらず批評コメントは一律却下対応をさせていただいております。  しかし良い・悪いに関わらず頂いたコメントはうれしく読ませていただいておりますので「作者に感想が伝わるなら承認されずとも構わない」と思ってくださる方のみ批評コメントをいただければと思います。  ★批評ではない一般感想は承認させていただいております。
24hポイント 761pt
小説 1,859 位 / 99,134件 ファンタジー 414 位 / 26,684件
文字数 87,251 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.02.12
2