花吐き病小説一覧

タグ 花吐き病×
6
1
BL 連載中 短編
桜を見ると思い出す、叔父と過ごした穏やかで、温かくて、幸せだった日々を 叔父から譲り受けたロールピアノと共に僕は生きていく 彼が教えてくれた宇宙の音を今度は僕が世界に落していくのだ 「大好きだったよ、叔父さん」 今は亡き愛しい人の名前は春風に消された かつて叔父の身体を蝕んだ花吐き病、桜 憎らしい桜、だが美しい 僕は桜散る街道を1人、歩いていく 「草々不一、だね」 伝えられなかった言葉は音にて贈られるのだと、彼はそう言った 草々不一、後悔の念 伝えられずに消えた言葉は桜と共に そう。これは僕と叔父の気づくことの出来なかった恋の物語
24hポイント 7pt
小説 23,871 位 / 101,733件 BL 4,524 位 / 10,228件
文字数 3,246 最終更新日 2019.09.09 登録日 2019.09.08
忘れられない、記憶。 君と出会ったのは、薄紅色の世界だった。 僕の中に小さく、けれど確かに芽吹いた恋心。 淡い、淡いそれは少しずつ大きくなって、僕の胸の内を占拠する。 ……何年たっても君を想う。 僕にその資格がなくても、想い続けて 花を、吐く―― ****************************** 話の内容的に、嘔吐表現が多数ありますので、苦手な方は閲覧をお控えください。 こちらの話は『小説家になろう』さまにも投稿しています。 また、なろう様に投稿している『桜吹雪と秘め続ける想い」と同じキャラクターを使っていますが、世界線は別物となります。
24hポイント 0pt
小説 101,733 位 / 101,733件 恋愛 27,974 位 / 27,974件
文字数 23,073 最終更新日 2021.01.25 登録日 2021.01.06
この世にはまだ特効薬が見つかってない病がたくさんある。その1つが『花吐き病』。 花吐き病とは何かが原因で花を吐くという奇病である。 吐く花の種類によって治療法も緊急処置も違う。 処置を行わなければ、最悪『死』に陥ってしまう。 他の奇病もたくさんある。 それぞれ治療法も進行速度も違う。 治療をするかしないか。 大きな決断である。
24hポイント 0pt
小説 101,733 位 / 101,733件 ライト文芸 4,693 位 / 4,693件
文字数 49,927 最終更新日 2021.05.08 登録日 2020.12.05
4
恋愛 完結 ショートショート
花吐き病の青年と女性の幻想譚
24hポイント 0pt
小説 101,733 位 / 101,733件 恋愛 27,974 位 / 27,974件
文字数 2,455 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.11.15
5
歴史・時代 完結 ショートショート
関ヶ原で大敗した西軍。奇妙な病を抱えながらも友の為に参陣し、敗軍の将となった大谷吉継。彼は迫りくる死を前に、初めて石田三成と話した日のことを思い出していた。
24hポイント 0pt
小説 101,733 位 / 101,733件 歴史・時代 1,200 位 / 1,200件
文字数 3,321 最終更新日 2020.05.18 登録日 2020.05.18
6
恋愛 完結 ショートショート
花吐き病の行き着く場所。 悲しかったことも嫌だったことも全て乗えて、その先の黄昏から目を逸らしながら生きていた2人の記憶。
24hポイント 0pt
小説 101,733 位 / 101,733件 恋愛 27,974 位 / 27,974件
文字数 4,276 最終更新日 2020.03.16 登録日 2020.03.16
6