理系男子小説一覧

タグ 理系男子×
6
1
BL 完結 短編 R18
先生×生徒です 寸止め、恥辱、焦らしプレイが苦手な方は回れ右です(*`・ω・*)ゞ 先生がドSで職権乱用してます( ◜ω◝ ) めっちゃ独り言なのですが、理系男子っていいですよね!白衣っていいですよね!!!!!!!(クソデカボイス)
24hポイント 284pt
小説 4,155 位 / 92,178件 BL 679 位 / 9,063件
文字数 4,519 最終更新日 2020.12.17 登録日 2020.12.15
2
恋愛 完結 短編 R18
大学1年生の茅野杏子は、いつも講義室の一番後ろに一人で座る草木田光貴が気になっていた。思い切って、「私、草木田くんの事、好きみたい。友達になってよ」と声をかけた杏子に、彼は「俺の事好きなの?じゃーヤらせてよ」と最低な返事をする。セフレになってしまった杏子の後悔のお話。 本編と、あほえろいだけの後日譚があります。 この作品はムーンライトノベルズにも掲載しています。
24hポイント 163pt
小説 6,065 位 / 92,178件 恋愛 2,744 位 / 25,119件
文字数 21,208 最終更新日 2020.04.29 登録日 2020.04.28
3
恋愛 完結 長編 R18
『俺なら退屈させないのに』『いいよ、惚れても』合コンから連れ出してくれたのは顔見知りの理系男子で…⁉︎ 優樹は彼氏いない歴更新中のアラサー女子。 そろそろ婚活も視野にいれていなければいけないお年頃だけど、なかなか成果が出ない。合コンの幹事をしても、気を使うばかりで相手からは対象外みたいな扱い。 しょうがない、そんなもの。 いい年(アラサー)なんだから、大人にならなきゃ。 そうやって割り切ろうとしても、弱気になってしまう瞬間がある。 そんな時、社会人フットサルで出会ったユウキくんこと神谷友紀からメッセージが来て…… 『俺なら退屈させないのに』 『いいよ、惚れても』 私たち、全然そんな関係じゃないのに…… 同情して元気づけてくれようとしているだけだよね。 大人の恋は不器用で切なくて、最高に幸せ。 優秀エンジニア男子×特許事務員女子 アラサー同士の不器用な恋。 完結済。 R18シーンにはタイトルに※をつけます。(ラストシーンまでは健全甘いちゃのみ) 表紙イラスト依頼中。完成後、Kindle公開のため引き下げ予定です。
24hポイント 63pt
小説 10,087 位 / 92,178件 恋愛 4,543 位 / 25,119件
文字数 73,440 最終更新日 2020.09.19 登録日 2020.07.04
4
BL 完結 長編 R18
年の差20歳。苦手だったハズなのに、気づけばイライラしている―――。 大学生の南里時広は、オンラインゲームで知り合った年上の友人・野上が苦手だ。いつも名前をわざと間違えるし、からかわれたり、振り回されてばっかりだ。 避けて通っていた野上の店だったが、ある雨の日を境に二人の距離が急速に近づいていく―――。 「俺が本気になったら、困るのは南里くんだよ?」 年の差20歳のオッサン×大学生のラブストーリー。 ★=性描写ありにつき背後注意。 『恋人はオンラインシリーズ』第二弾です。一作品で完結しているので単体でも読めます。
24hポイント 63pt
小説 10,087 位 / 92,178件 BL 1,734 位 / 9,063件
文字数 91,634 最終更新日 2020.04.04 登録日 2020.03.01
5
BL 連載中 長編 R18
同じ顔で生まれた日も一緒はずなのに──。どうしてオレたちはこんなにも、違ってしまったのだろう。 大学生になって二回目の春。至って平凡で天才な青年・鉤塚禊は実に悩ましいコンプレックスを抱えていた。 それは双子の弟・鉤塚狭霧である。いつも友人や女性に囲まれて、絵に描いたようなリア充生活を満喫している……。 ──こいつ、またオレを使って告白される側の替え玉を……。 禊はそんな品行方正で、何でもそつなくこなす優秀な弟にいつしか嫌悪感を抱くようになっていた。 そんなある日、大学生になってから始めた二人暮らしの一角、狭霧の部屋に彼は意を決して入る。なぜか引っ越しの際にこの一ヶ所だけ全力で拒絶された謎の空間。 禊は侵入することを強く心に誓うが。──しかし。なんとそこには、視線が一切合っていない大量の禊写真と紛失が絶えなかった下着の山だった……! 「実は兄さんのこと、ずっと性的に見てたよ」 突然の告白とグイグイ来る弟に、禊は貞操の危機を感じて……。 文系の束縛過ぎる果敢な弟×理系の非力な天才兄。 禁断な恋模様の行方とは? ※観覧注意※ 近親相姦有り、BL、R-18
24hポイント 21pt
小説 17,187 位 / 92,178件 BL 2,977 位 / 9,063件
文字数 13,943 最終更新日 2019.10.24 登録日 2019.10.01
6
BL 連載中 長編 R18
『やめてください、このクソ上司。  社会的に抹殺されるのと、肉体的に抹殺されるの...どっちが良いですか?』 彼に乱暴に組み敷かれたまま、僕は微笑んで聞いた。 すると課長はニヤリと笑い、答えた。 『うーん...。それは、どっちも困る。  ...だからまずは久米君を天国に連れてって、そんな事もう言えないようにしてやるよ。』 この日、僕は知った。 彼は森でダンスを踊る、可愛い『くまさん』なんかじゃない。 ...鋭い爪と牙を隠し持つ、獰猛な獣だったんだ。 *** バリ立ちの理系男子が、隠れどSのノンケ上司にメチャクチャに攻められるお話が書きたかった。 ただそれだけです(๑°⌓°๑)
24hポイント 14pt
小説 20,019 位 / 92,178件 BL 3,501 位 / 9,063件
文字数 32,296 最終更新日 2021.01.22 登録日 2020.12.25
6