ストリートミュージシャン小説一覧

タグ ストリートミュージシャン×
3
 1990年。まだケータイもスマホも普及していなかった時代。長崎市に住む青年、二十歳になったばかりの杉内直己は心をかけて打ちこめる何かを探していたが、小さな家出がきっかけでストリートミュージシャンになる決意をする。  夢、恋、その狭間で揺れ動く心を描いた超長編作。   ※ストーリー重視の方は、1話目は導入なので飛ばしてもらってもかまいません。ただし長いお話なのでその他の読み飛ばしは推奨しません。あしからず。   全編に酒が入り乱れますが、平成の時代(今も同じくですが)のミュージシャンはそんなものでした。これまたあしからず。
24hポイント 695pt
小説 1,769 位 / 77,060件 現代文学 14 位 / 3,268件
文字数 918,421 最終更新日 2019.12.21 登録日 2019.10.06
静岡の港町に住む坂下優希は大学を休学中だった。この一年、やることといえば深夜のネットゲームばかりで、自堕落な生活を送っていた。  そんな折、ゲーム仲間のユーキから聞いた話に触発され、成り行きで路上ミュージシャンを目指すことになる。 手塚幸がお送りするストリートミュージシャンシリーズ第四弾(多分)! 女性主人公です! 一話が長めなので、是非じっくりとお読みください。決して軽くなく、重い内容でもありません。
24hポイント 0pt
小説 77,060 位 / 77,060件 現代文学 3,268 位 / 3,268件
文字数 115,348 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.21
夜の街角でキャンバスを構えて絵を描き続けるセピア。彼女には他人の過去や想いがその人の後ろに見えるという変わった能力があった。見えるのはいつもセピアカラーのビジョンだ。そしてひと度それを絵にすると、彼女の高額な言い値に従い誰もがその絵を求めるのだった。 ある夜、ストリートミュージシャンのミツキユウスケと出会う。そしてその背中にはセピア色ではない天然色のビジョンが映し出されていた。そこに見えた少女にクラウディアと名前を付け、彼女の観察が始まった。それはそのままミツキとの親交を深めることになるのだったが――。
24hポイント 0pt
小説 77,060 位 / 77,060件 現代文学 3,268 位 / 3,268件
文字数 55,727 最終更新日 2019.09.27 登録日 2019.09.22
3