黒猫小説一覧

タグ 黒猫×
27
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
この度、アルファポリス様から書籍化されることになりました。 それに伴ってタイトルが変更になります。 旧題:一度目は勇者、二度目は魔王だった俺は、三度目の人生をどう生きればいいですか?  勇者として異世界を救った青年は、二度目の転生で魔王となって討伐された。そして三度目の転生。普通の村人レイブとして新たな生を受けた彼は、悩みながらものんびり生きることを志す。三度目の転生から十五年後。才能がありすぎるのを理由に村から出ていくことを勧められたレイブは、この際、世界を見て回ろうと決意する。そして、王都の魔法学園に入学したり、幻獣に乗ったり、果ては、謎の皇女に頼られたり!? 一度目・二度目の人生では経験できなかった、ほのぼのしつつも楽しい異世界ライフを満喫していくのだった。
24hポイント 397pt
小説 2,066 位 / 59,057件 ファンタジー 608 位 / 19,075件
文字数 314,546 最終更新日 2019.08.27 登録日 2018.08.04
ぽっくり逝った親不孝娘に、神さまは告げた。 地獄に落ちて鬼の金棒でグリグリされるのと 実験に協力してハッピーライフを送るのと どっちにする? そんなの、もちろん協力するに決まってる。 さっそく書面にてきっちり契約を交わしたよ。 思った以上の好条件にてホクホクしていたら、いきなり始まる怪しい手術! さぁ、楽しい時間の始まりだ。 ぎらりと光るメス、唸るドリル、ガンガン金槌。 乙女の絶叫が手術室に木霊する。 ヒロインの魂の叫びから始まる異世界ファンタジー。 迫る巨大モンスター、蠢く怪人、暗躍する組織。 人間を辞めて神造小娘となったヒロインが、大暴れする痛快活劇、ここに開幕。 幼女無敵! 居候万歳! 変身もするよ。    
24hポイント 85pt
小説 5,728 位 / 59,057件 ファンタジー 1,596 位 / 19,075件
文字数 243,030 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.11.02
 王都、魔法学園――とある事情を抱えたレイは隠し事をしながら学園生活を送り続ける。  何かが欠けたレイの日常に、不器用に寄り添うのは一人の先輩。 「あいつがいない間、俺がお前のこと見といてやるんだよ」  魔法使いを育てる学園での日々の裏、あれにだってこれにだって、事情がある。理由がある。
24hポイント 71pt
小説 6,383 位 / 59,057件 ファンタジー 1,738 位 / 19,075件
文字数 117,613 最終更新日 2018.08.01 登録日 2018.07.21
*この度、第10回ドリーム小説大賞にエントリーするため、改めて掲載させていただきました* 【あらすじ】  大原家のペットである柴犬のゴン太は、毎度変わらぬ粗末なドッグ・フードに、不満をいだきながら日々をすごしている。  それでも、事あるごとの「お祝い」のときに添えられるケンタッキー・フライドチキンが大の好物で、今度はいつ「お祝い」をやるのかと心待ちにしながら、ドッグ・フードをペロリと平らげているのであった。  大原家は、主人のパパを筆頭に、ママ、長女の奈美、次女の真紀、そしてパパの母君の大ママといった五人家族。  家庭円満なごくふつうのその家族の中にあって、春に幼稚園へと入園する次女の真紀は、ゴン太が歯向かってこないことをいいことに、傍若無人にあらゆるいたずらを仕掛けてくるから手がつけられない。彼女はゴン太にとってデンジャラスな存在で、まさに天災といえた。  そして、ゴン太の最大の天敵が、大原家のもう一匹のペットである黒猫のサラ。  首輪もつけられず、自由気ままにどこへでも行くことのできるサラを羨ましく思いつつも、ゴン太はそれが面白くない。そのうえ、高飛車ですかした態度までが鼻にかかって憎たらしく、そんなうっぷんを晴らしたいゴン太ではあるが、そこはサラのほうが一枚上手で、どうとも張り合える相手ではなかった。  一日中、犬小屋につながれ、退屈極まりないゴン太の数少ない楽しみのひとつは、赤いバイクに乗ってやってくる郵便配達員に吠えまくることだった。  そんなゴン太がもっとも楽しみにしているのは、散歩で荒川の河川敷にある公園に行くことである。公園にはたくさんの仲間たちがやってくるのだ。  その仲間たちのなかで、親友と呼べるのがコーギーのマイケル。彼のご主人は新宿二丁目で働くオカマで、そのせいか、マイケルは少し屈折したところがある。  イギリスからやってきたダルメシアンのワトソンは、走ることが大好きで、いつでも園内をぐるぐる駆け回っている。  威圧的な口の悪さと、その外見の恐い印象から、仲間たちから嫌われているドーベルマンのドン・ビトー。  そして、仲間たちのアイドル、シェットランド・シープドッグのルーシー。 そのルーシーにゴン太も想いを寄せている。だが、ゴン太にとっては高嶺の花。その想いを伝えるどころか、いつも挨拶を交わすくらいが関の山だった。  それがある日、ゴン太はルーシーからマーキング・デートを誘われることとなる。  果たして、ゴン太とルーシーの行く末はどうなるであろうか。  ゴン太の日常はつづいていく。
24hポイント 56pt
小説 7,155 位 / 59,057件 大衆娯楽 118 位 / 1,766件
文字数 149,740 最終更新日 2019.11.13 登録日 2018.11.22
5
ライト文芸 完結 ショートショート
一人の少女は、強い雨に晒されていた。すると少女はとある暗がりを見つける。 そこにいたのは、しゃべる黒猫であり―― そんな短い、だけど永遠に続くお話。
24hポイント 28pt
小説 10,475 位 / 59,057件 ライト文芸 230 位 / 2,393件
文字数 2,336 最終更新日 2019.02.01 登録日 2019.02.01
6
恋愛 完結 短編
*「父に連れられて遥々〜」のネタバレあります。 側近候補の愚痴作ってて思いつきました。 時系列的には「父に〜」→「ダニエル」になります。 第2王子ダミアンの側近候補をやめて、念願の魔術師団見習いになった僕。 上司はおねぇ言葉の美青年、エレンさん。 貞操の危機とかマジで勘弁してくださいよ!? 紅一点のステラちゃんで目の保養をしていると、騎士団の隊長に殺気飛ばされるし。 猫が嫌いなのに、成り行きで拾った猫の世話をしないといけないし。 幸先に不安しかない、僕の見習い生活は始まる……
24hポイント 21pt
小説 12,194 位 / 59,057件 恋愛 4,143 位 / 14,246件
文字数 32,230 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.04.14
7
恋愛 完結 ショートショート
日課通りに窓を開いた私の目には、いつも『彼』の姿が見えていた。 毎日同じ場所、同じ時間に現れる『彼』は、今日も同じ場所を見上げている。 それは、私も同じで――― 『彼』と私。 共通するのは……片想い。
24hポイント 14pt
小説 14,302 位 / 59,057件 恋愛 4,754 位 / 14,246件
文字数 3,541 最終更新日 2018.10.01 登録日 2018.10.01
異世界に転生したアラサーのキャリアウーマンが、いきなり16歳の魔法使い見習い少女になりました ※更新ペースはとてもゆっくりです
24hポイント 14pt
小説 14,302 位 / 59,057件 ファンタジー 3,585 位 / 19,075件
文字数 9,328 最終更新日 2019.06.21 登録日 2019.06.04
9
恋愛 完結 短編 R15
前世は極悪非道な魔女でした。勇者に負けて、あの世で贖罪と懺悔の日々を暮らし、ようやく元の世界に転生した。魔女は人ではないため魂と記憶ははそのままでなんと猫に生まれでた! 保険でR15
24hポイント 14pt
小説 14,302 位 / 59,057件 恋愛 4,754 位 / 14,246件
文字数 11,178 最終更新日 2019.09.13 登録日 2019.09.06
愛されて生きた猫は愛してくれた家族に感謝するため、死の直前、ある行動に出る。。。 猫を愛する人。 猫に愛された人。 愛猫の死に涙した人。 全ての猫好きに贈ります。
24hポイント 7pt
小説 16,904 位 / 59,057件 ファンタジー 4,675 位 / 19,075件
文字数 15,045 最終更新日 2018.08.27 登録日 2018.08.18
神様の気紛れからキャストに追加されたかのように、この世界に生まれたメスの黒猫・リズ。親切な女性・ドロシーに拾われたことにより、彼女は波乱万丈の旅を強いられることになる。
24hポイント 7pt
小説 16,904 位 / 59,057件 ファンタジー 4,675 位 / 19,075件
文字数 46,613 最終更新日 2018.09.16 登録日 2018.08.31
魔法学校の卒業課題を受けるために訪れた研修先は、誰もが恐れるカラス城の魔女だったーー。 素敵な研修生活が始まるはずだった。可愛い黒猫との意思疎通、薬草摘みに、ほうき作りに、人助け。 けれど、研修を拒まれたり、悪魔を呼び出したり、ロワの毎日は大変なことだらけ。 黒魔術専門のカラス城の魔女、ガレット。 魔法使いになりたい、けれど魔法を使えない少女、ロワ。 口の悪い黒猫、ディア。 お婆さんカラスのアカ。 ーー血と刻印の悪魔。 ーー魔女の強敵、ヴァンパイア。 ーーカラス城のお隣さん達。 おかしな住人達のおかしな日々。ここはいつも、おかしなことばかり。 ※異世界ファンタジー「契約の森 精霊の瞳を持つ者」も更新中です。ぜひよろしくお願いします!
24hポイント 7pt
小説 16,904 位 / 59,057件 ファンタジー 4,675 位 / 19,075件
文字数 32,677 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.02.08
目覚めるとそこは暗闇だった。 おかしな点は、どこからか猫の声が聴こえることだけだ。 少年は探し物を手伝うための旅に片足を突っ込んでいた。 そうして運命の出逢いと、別れと、もう一度出逢うための時空を超える長い旅が今始まる──。 *************************************** 11年前にプロット作成後、7年前に途中まで書き上げていましたが詰みに。 この度改稿兼リトライに挑むべく投稿いたします。
24hポイント 7pt
小説 16,904 位 / 59,057件 ファンタジー 4,675 位 / 19,075件
文字数 344,053 最終更新日 2019.10.23 登録日 2019.01.05
幻想学園ローズクオーツには不思議な力を宿した秘女(ひめ)がいる。 その名は“白薔薇の姫” 傷ついたものを癒す。しかし、この度の白薔薇の姫である白月シアはまだ覚醒していない。そんな彼女の覚醒を任されたのは。 黒の騎士と呼ばれる、通称黒猫の少年とーー 伝説の竜と謳われた末裔の青年だった。 今始まるーー学園幻想物語。
24hポイント 7pt
小説 16,904 位 / 59,057件 ファンタジー 4,675 位 / 19,075件
文字数 9,341 最終更新日 2019.11.03 登録日 2019.05.16
「【魔法使いの代行】をあなたにお願いしたいわ」平凡な小学五年生の姫木 心優の前に突然魔法使いが現れた。 「魔法少女に必要なのは、純粋な心【ピュアハート】と立ち向かう強い勇気が必要だよ」 そして謎の黒猫ニコル。 黒猫ニコルと魔法少女に変身した心優は、今日も【魔法使いの代行】として運命に立ち向かう。 *週一の更新予定です。 ・お気入り登録・感想お待ちしております。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 12,415 最終更新日 2018.09.29 登録日 2017.12.24
小さい頃に病気を患ってから、闘病生活の日々を送る篠塚直。彼女の前に現れた不思議な少年。 夢と現実の境が曖昧になっていく中、病気は次第に悪くなって行き……。 初めての投稿です。 未熟者ですので、拙い文章ですが、宜しくお願いします。 ヒロインのモデルになった人はいますが、フィクションです。 バッドエンドです。苦手な方はご遠慮下さい。 残酷表現あります。※はご注意下さい。 方言等、違和感あるかもしれませんがご容赦願います。 「小説家になろう」でも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 60,839 最終更新日 2018.04.23 登録日 2018.02.28
女子校生の柊茜の元に一通のメールが届く。 差出人は宇宙人。内容は侵略の予告。 そして一匹の使者が遣わされる。 その名はジル。 茜は教師の最上甚八と一緒に使者を探すことになった。 茜と甚八は果たして地球を救うことが出来るのか。 いつもと変わりない日常のすぐ隣で実は起こっているかもしれない宇宙戦争のお話し。 お楽しみください。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 キャラ文芸 1,405 位 / 1,405件
文字数 5,344 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.09.16
「凛果。みんな見てるよ。挨拶して」 「みんな?一体どこの誰? 」 「凛果にはわからないかもしれないけど、今もたくさんの人が僕らのことを見てるんだ」 「たくさん?またジルの訳わかんない話しが始まった。周りに誰もいないじゃない」 「凛果。何度も言うけど、この世の中は誰かの空想みたいなものなのさ。凛果と僕、いや、この世界の存在全ては認識する存在がいて初めて成り立つんだ」 「それは前にも聞いたわ。でもそれが真実なら私達は自分の意思で考えたり、しゃべっていないことにならない?」 「凛果?朝から変なもの食べたでしょ 」 「変なもの?朝はパンと紅茶だったかな」 「おかしいな…変なもの食べてもいないのに、凛果が難しい話を理解してる」 「そりゃ何回もジルの話を聞いていたら、嫌でも覚えるわよ」 「なら、話しは早い。さあ、挨拶して」 「嫌よ。誰もいないのに挨拶してたら馬鹿みたいじゃない」 「おう。お前ら朝から仲いいな。」 「なんだ、甚八か」 「凛果。「なんだ」は無いだろう。俺はお前より年上だぞ。今年で36だ」 「関係無いわ。私達の助けがなかったらあなた今頃…」 「あーうるせーうるせー。ジル、お前も見てないで何とか言ってくれ」 「甚八が勝手に絡んできたんだと思うよ? 」 「うぐっ…あーおまえもそういう事言うか?まったくお前らはいいコンビだな」 「ところで、甚八」 「何だよ凛果。年上だって言ってんだろう。「甚八さん」って言っても良いんだぞ? 」 「帰る方法見つかったの? 」 「う…まだだ。大体どうやって来たかもわからんのに、帰る方法なんて皆目見当も付かんよ」 「そっか。あと、「勇者サマ」って何人ぐらいいるの? 」 「あー今思い出しても恥ずかしいな…。うーんたくさんいると思う」 「数えられないほどってこと?」 「そうだなあ。流行ってたからな。「異世界」とか「勇者」とか」 「凛果忙しくなるね。頑張ろう」 「ジルは呑気で良いわねって、授業が始まっちゃうじゃない! 甚八またね」 「ったく、俺は年上だって何回言えば…」 …そんなお話です。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 83,455 最終更新日 2019.02.07 登録日 2018.09.17
「わたしは美少女なのです」  美崎珊瑚は高卒のゴスロリ乙女。彼女にこよなく愛される黒猫・橋下乃音湖は、ホームレスのナツメと橋の下で暮らしている。毎日現れては、あちらこちらへと引っ張り回す珊瑚にうんざりする乃音湖。しかし、その日常は唐突に終わりを迎える。姿を見せない珊瑚に乃音湖は苛立ち、本心に気づく。吾輩は珊瑚の友である。戻ってきた彼女にそう伝えようとして、伝えられない己に、乃音湖は一抹の寂しさを覚えた。  珊瑚は、十二個下の妹りつに「憎んでいます」と言い残して失踪する。姉は、悪い魔女のように意図的に自分や両親を傷つけた。姉への憧れは嫌悪に変わっていた。その後、社会人となったりつは、姉が本当は自分を愛してくれていたと気づき、戸惑う。姉の親友・厳島沙良と宝樹騎夜と連絡をとり、りつは真相を悟り、決意する。姉と、家族なんかではなく友達になろうと。  ナツメは、江戸時代から生きており、異の法という一種の魔法を扱う存在であることを珊瑚に語る。ホームレス、魔法使い。ふつうの人とは異なる存在にも関わらず、一切のレッテルを貼らない珊瑚。そんな彼女に、ナツメは根無し草だったはずの自分が、一つの橋の下に留まり続けた理由を自覚した。珊瑚と乃音湖とともに旅に出ることを決めたナツメは、彼女らに出会うきっかけとなった、今は亡き少女に想いを馳せる。夕闇色のその少女に背中を押され、ナツメは思い出の街を後にする。  長年の職場の悩みで仕事を辞めた沙良は、かつて珊瑚と一緒に働いていたカフェに戻っていた。そんな折、沙良の前に銀髪の美少女アイリスが現れる。彼女の立ち振る舞いに親友の姿を思い浮かべた矢先、沙良は珊瑚、そして昔恋した男・騎夜と再会する。過去の恋物語と地続きの現在の悩みを皆に語り、沙良は己の気持ちに一区切りをつける。  のちにアイリスと名乗るアリス・リコリスは、二千歳を超えるにも関わらず十二歳ほどの見た目をしていた。アリスはその昔、自らを狙う者たちに眼前で最愛の人を殺され、村ごとその敵を凍らせて皆殺しにした、紅く冷たい過去を持つ。自らが住む古城を訪れた珊瑚らとの交流、城に現れた妖怪との戦闘。それらを経て、己とようやく向き合えたアリスは、凍り付いていた時間を再び動かす。老いて死に、最愛の彼の元へ逝くために。  騎夜はりつとの結婚前夜、乃音湖が言葉を話せると知る。同時に、そのことを珊瑚には伝えられずにいるとも。言葉で気持ちを伝えるとは何か。式後、ナツメや珊瑚との過去の確執を乗り越えていく妻・りつ。それを肌に感じつつ、アイリスらと言葉を交わした騎夜。そして、珊瑚から告げられる積年の想い。珊瑚もまた、前に進もうとしている。それをひしひしと感じた騎夜は乃音湖の背中を押して、その場を立ち去る。あとは、知性ある黒猫と、永遠のゴスロリ乙女だけで語ることだから。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 キャラ文芸 1,405 位 / 1,405件
文字数 182,158 最終更新日 2018.11.21 登録日 2018.11.12
— 時を超える戦いが、幕を開く。 - 時は戦国、人間が名誉と正義のために勇敢に戦った時代がありました。 そしてこの物語は、とある勇敢な戦士(侍)の 物語の始まりです...
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 1,763 最終更新日 2019.02.04 登録日 2019.02.04
白猫は氷の伯爵と呼ばれるクラウス・イチェベルク公の愛猫である。伯爵は誰に対しても興味がなく冷たく、魔女に呪われたからだとささやかれていた。しかし愛猫、ぱいにゃんにはいつも優しかった。そんな折、ぱいにゃんは伯爵殺害計画を耳にした。猫のままでは伯爵を助けることができない。伯爵に恩を返すためぱいにゃんは黒猫に連れられ、西の魔女のもとへ――。 誰も愛せない呪いをかけられた伯爵の白猫と、西の森で暮らす魔女と一匹の黒猫の呪いと魔法のファンタジー 小説家になろう「文学フリマ短編賞」一次選考通過作品を改稿したものです
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 68,423 最終更新日 2019.05.03 登録日 2019.03.31
22
ファンタジー 完結 ショートショート
これは、とある星(セカイ)の太陽と月と動物たち。そして、オッドアイの黒猫のお話し── 《マグマク》《pixiv》にも投稿しています!
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 1,176 最終更新日 2019.02.25 登録日 2019.02.25
誤字脱字があれば教えてください。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 875 最終更新日 2019.06.03 登録日 2019.06.03
「....貴方達には選択肢があります」俺達5人は銀髪の気味悪い美女に宣告された。 俺達5人は地球で同時刻に死亡している事、そしてある儀式で異世界に転生する のだと。俺、ホスト風のチャラ男、OL風の女、JK、老人の5人は転生後の 種族の選択を強いられる事になった。 だが俺が選択出来る種族は悪魔のみ!どうやら公共の敵らしい。 俺以外の4人は転生の恩恵ポイントとやらで、キャッキャウフフと転生後の 人生プランを練っている。 だが、俺が恩恵ポイントで選択可能なのは意味不明のものばかり、 おまけに転生地は辺境で、なおかつボッチらしい。なんだこの仕打ち! しかし、辺境でのボッチサバイバルを覚悟して転生した俺の前には、 生涯の相棒となるアイツが待っていた!悪魔というのも実は.... どうも作者です。 当作品が初投稿になりますのでお手柔らかに。 当作品のストーリーはサクサク爽快には進みません。 主人公はそこそこ強い設定ですが、いきなり目立って冒険者ギルドでギルマスに 目をつけられたりもしません。そもそも序盤はサバイバル生活です。 主人公はヘタレですので、熱血バトルとかは基本的にはありません。 そして、非ハーレム、非ラッキースケベです。悪しからず。 まだまだ零細小説ですが、読んで評価して頂けたら幸いです。 ※当作品は、小説家になろう様でも投稿しております
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 299,658 最終更新日 2019.09.01 登録日 2019.08.28
黒い猫は不気味で不幸を呼ぶ存在。 誰もがその姿を見ては顔をしかめ、追い払います。 母猫とはぐれた黒猫メルを拾ってくれたのは一人の魔法使い。 魔法使いは家族としてメルを受け入れ、愛情を持って育ててくれました。 けれど、そんな幸せな日常を打ちこわす不吉な影が──。 メルは大切なものを取りもどすため決意を固めました。 ミュージカル風の児童文学にしたいと思っています。 よろしくお願いします。 扉絵はパブリックドメインQ様からお借りしたものになります。 *早く続きを掲載するため、一話を1,000文字にしてます。  次話を更新したタイミングで、その前の話を一ページ分へと纏めていきます(だいたい3,000~5,000文字)
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 5,717 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.10.01
【あらすじ】  クリスマス・イヴ。透と律子は幸福に包まれながら、イタリアン・レストランでふたりの将来を語り合っている。翌年の4月には結婚をするふたり。  ほどよく酔ったふたりは店を出る。律子の足取りはおぼつかい。そこへ雪が舞い落ちてくる。その雪に心を奪われながら歩く律子の脚がもつれ、車道へと身体が傾いでいく。透が「危ない」と思ったのもつかの間、彼女は車に撥ねられ、帰らぬ人となってしまった。  律子を喪った喪失感と、彼女を救うことのできなかったことで自暴自棄に陥った透は、会社を辞め、実家へともどって父と兄が営む畜産業を手伝う。  時は流れ、透の心も癒えはしたが、彼は結婚どころか彼女をつくろうともせず、生涯を一人身で通す。天国へ行けば律子に逢えるのだと信じつづけて。  78歳になった透は、病院のベッドの中で、自分の命があとわずかだということを悟り、最期のときを待つ。そんなとき、天から光が射してきて、「天国からの迎えがきたのだ」と透が思っていると、そこへ現れたのは黒いコートを着た男だった。 「これでやっと律子に逢える」そう思う透だったが、その男が言うには、透は地獄へ行くことになっていた。透は愕然とし、そんなはずはないと駄々をこねる。彼はどうしても律子に逢いたかった。すると男が、律子が生まれ変わった未来の彼女に合わせてやると言う。その条件が、文句を言わずに地獄へ行くということだった。透は、律子に逢えるならと、その条件を呑み、男に連れられ未来へ。「律子に逢える」と歓ぶ透だったが、未来に着いてみると、なんと彼は8歳の少年になっていた。  そんな透が律子の生まれ変わった彼女に逢っていられるのは、5日間だった。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 98,601 最終更新日 2019.10.04 登録日 2018.11.26
働きたくないし、寝てたいし、でもそれじゃあお小遣いが足らないし…… 埼玉から千葉に越してきた現代魔女のみいは、相方を会社に送り出してから重い重い腰をあげ、内職を開始するのであった。 現代社会に生きる魔女の、自堕落まったりライフでございます。
24hポイント 0pt
小説 59,057 位 / 59,057件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件
文字数 7,787 最終更新日 2019.10.27 登録日 2019.10.22
27