金沢小説一覧

タグ 金沢×
3
1
恋愛 完結 短編
私には許嫁がいる。 親同士の約束で、生まれる前から決まっていた結婚相手。 大学卒業を控えた冬。 私は彼に会うため、雪の金沢へと旅立つ―― ※作品の初出は2014年(平成26年)。鉄道・駅などの描写は当時のものです。
24hポイント 7pt
小説 24,007 位 / 91,923件 恋愛 9,806 位 / 24,994件
文字数 13,606 最終更新日 2019.10.19 登録日 2019.10.19
 百万石の文化が花咲く地、金沢。数ある伝統文化の中でも一際輝く「加賀友禅」の世界に、かつて独創的な作風で話題になった友禅絵師がいた。彼女の名は上条静枝(かみじょうしずえ)。あまりにも異端児的な作風ゆえ、彼女は関係者から「魔女」と呼ばれていた。  その「魔女」が若くして亡くなってから、16年が経ち――  「魔女」の娘である上条藍子(あいこ)は、中学卒業後、母のような友禅絵師になるため、金沢市内のとある友禅工房で修行していた。しかし、28歳になっても芽が出ず、住み込みの生活にも限界を感じていたため、ついに工房を飛び出した。挫折、である。  一方で、上条綾汰(りょうた)――血の繋がらない弟が、後から友禅の世界に入ったにもかかわらず、藍子と同じ工房での修行の末に、師匠に認められ、ついに友禅絵師として落款の登録まで果たした。そのことに、藍子はすっかりふてくされてしまった。  ある日、中学の同窓会に出席した藍子は、かつて同級生だった遠野晃(とおのあきら)から頼み事を受ける。新しく喫茶店をオープンする人が、店内の装飾デザインを出来る友禅作家を探しているとのことで、やってみないか? という話だった。  藍子は、その日を境に、友禅絵師としての経験を基に、デザインの仕事を受け始める。  一方、弟の綾汰は、大女優 百合マヤから、直々に依頼を受ける。  新しい舞台で、演じる登場人物の衣装デザインを、かつて自分が世話になった「魔女」の後継者である綾汰に頼みたい、というのだ。  友禅絵師として自立した直後の大きなチャンスに喜び、綾汰は引き受ける。  加賀友禅の世界から離れデザインの仕事をこなす藍子と、友禅の王道を進む綾汰。  別々の道を歩み、時に対立する姉弟。だが、やがて二人の道は交わる。  これは、加賀友禅の世界で奮闘する姉と弟の物語である。
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 キャラ文芸 2,722 位 / 2,722件
文字数 117,836 最終更新日 2020.10.23 登録日 2020.10.17
ある日、彼氏に二股をかけられた秋山七瀬。ヤケになって夜遊びをしていた彼女は、ひょんなことから、表の顔はキャバ嬢、裏の顔は仕事人集団「ウィッチ・パーティ」の一員、千秋と出会う。元カレへの報復を依頼された千秋は、七瀬とともに、元カレのいる拳法道場へと乗りこんでゆき―― 魔法は一切使わない。武器は己の身ひとつ。パンチとキックで戦う「魔女」達の物語、ここに開幕! ※毎日0時、12時、18時に更新します! ※表紙イラストはPIXTAの素材です。
24hポイント 0pt
小説 91,923 位 / 91,923件 キャラ文芸 2,722 位 / 2,722件
文字数 105,118 最終更新日 2020.10.20 登録日 2020.10.08
3