傲慢小説一覧

タグ 傲慢×
12
1
恋愛 連載中 短編
「椿、お前には結婚してもらう」 「……は?」 五年ぶりに父に話しかけられたと思ったら、突然婚約者ができた八代椿(やしろつばき)。 引きこもり生活をやめ、しぶしぶ、その婚約者が通っている学園に通うことに。  けれどその学園で初めてあった、婚約者はどうやら、別の女に夢中らしい。 ──でも、そんなの関係ない。 「あなたには、今日から私を好きになってもらうわ!」 だって、椿の目標は、愛のある家庭を作ることなのだから。
24hポイント 21pt
小説 18,743 位 / 125,446件 恋愛 7,702 位 / 35,882件
文字数 2,725 最終更新日 2019.12.18 登録日 2019.12.17
過去を、未来を教えてあげるよ。(※重複投稿作品)
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 ファンタジー 32,296 位 / 32,296件
文字数 456 最終更新日 2021.11.16 登録日 2021.11.16
傲慢な剣士の話。(※重複投稿作品) 下敷作品:ブラック
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 ライト文芸 5,140 位 / 5,140件
文字数 935 最終更新日 2021.10.19 登録日 2021.10.19
傲慢になってしまったその王は、次第に部下をなくしていって破滅。見捨てられる方の目線。嫌な雰囲気のする、嫌な話の、嫌な結末。(※重複投稿作品) 下敷作品:隣国のお姫様になる私は、婚約破棄の代償を手紙で叩きつける。愚かな王にも分かるように必要なとこだけ書きましたよ。四号称号:愛
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 恋愛 35,882 位 / 35,882件
文字数 1,708 最終更新日 2021.08.07 登録日 2021.08.04
一人の人間の死を笑うその人間性を見て、迷いなく決断した。(※重複投稿作品) 下敷作品:隣国のお姫様になる私は、婚約破棄の代償を手紙で叩きつける。愚かな王にも分かるように必要なとこだけ書きましたよ。三号称号:死
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 ファンタジー 32,296 位 / 32,296件
文字数 1,308 最終更新日 2021.08.05 登録日 2021.08.03
飽きたら、古いのは捨てて、新しい物にかえればいい。(※重複投稿作品)外国のおとぎ話っぽく。
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 児童書・童話 2,277 位 / 2,277件
文字数 944 最終更新日 2021.07.15 登録日 2021.07.15
ちょっと躾しなければならないので、呪の品でこてんぱんにしよう(※重複投稿作品)珍しくハッピーエンド
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 ファンタジー 32,296 位 / 32,296件
文字数 4,679 最終更新日 2021.07.07 登録日 2021.07.07
8
現代文学 完結 ショートショート
会社で威張り散らしている人が病気になった 病室でも傲慢であったが 看護師さんの暖かい心に触れた
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 現代文学 6,233 位 / 6,233件
文字数 529 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
9
ファンタジー 完結 ショートショート
傲慢な王子は自分の置かれている状況も理解出来ませんでした。 厄介ごとが多いですね。 裏を司る一族は見極めてから調整に働くようです。…まぁ、手遅れでしたけど。 ※過去に投稿したモノを手直し後再度投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 ファンタジー 32,296 位 / 32,296件
文字数 3,080 最終更新日 2020.10.02 登録日 2020.10.02
10
恋愛 連載中 短編
「グリエンド侯爵令嬢!貴様を聖女に怪我及び、あらぬ噂をながし、王族と同等の立場を約束されている聖女の功績を|元《•》聖女の自分がやったと嘘をつき国民に信じさせ混乱を招き数人の貴族の令嬢にしかも自分より爵位が低い令嬢をっ!脅し共犯させた。罪状は以上だ!」 「ルセンド王太子殿下!どれも世迷い言で御座いますわ!|私《わたくし》全く身に覚えがないのですわ。いくら|私《わたくし》を嵌める為だからと言ってもこんなのお粗末としか言いようがありませんわ!だって誰がどう見ても|私《わたくし》を嵌めようとしているんですもの!いくら名門貴族出身の|私《わたくし》が羨ましいからって、あまり|私《わたくし》を怒らせないでくださいな。」 「ひっ。…グリエンド様ごめんなさいっごめんなさいっ」 「ふふっ…あら貴女達ね!|私《わたくし》を嵌めようとした犯人は…。ふふっ、王太子殿下も大概にしてくださいませ。王太子殿下が|私《わたくし》に真剣なお話があるかと思えば酷いですわ!|私《わたくし》王太子殿下の婚約者ですのに、でも今やっと分かりましたわ!何故今まで気付かなかったのでしょう?王太子殿下と聖女様は、騙されていたのですわ!」 「ですがもう大丈夫ですわ!|私《わたくし》が「言うことはそれだけかっ!聖女ユキナに謝る事もせず!あまつさえ!勇気をもって私達に伝えてくれた令嬢達に自分が嵌められて被害者面をしたっ!あまりにも見苦しいぞ!グリエンド侯爵令嬢っ!」」
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 恋愛 35,882 位 / 35,882件
文字数 10,727 最終更新日 2020.09.02 登録日 2020.09.01
11
BL 完結 短編 R18
こちらは、他サイトで東が勝手に始めたイベント、『読者様の萌えを書いてみよう』ということで、読者様から頂いたリクエスト設定をもとに書いた一万字前後のSSになります。 リクエスト内容はサラリーマン設定。 仲の良くない二人が本当は好き同士だったという設定。 年齢などはお任せ。というご依頼をもとに書きました、短編となります。 短編ですので、サクッと読めちゃうところが魅力かもしれません。 あらすじ 主人公の佐奈田 陸人《さなだ りくと》は、コツコツと仕事をこなす真面目な性格。同期の中でも傲慢で自信家な、神谷 真澄《かみや ますみ》がとても苦手なのだけれど、その理由は神谷が自分にない能力をたくさん持っていて、自分とは真逆の性格だからだった。 神谷を苦手としている佐奈田だったが、それは神谷にある種のあこがれのような気持ちを抱えているからで……。
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 BL 13,599 位 / 13,599件
文字数 12,655 最終更新日 2020.03.08 登録日 2020.03.03
 王国で暮らす二十歳を迎えた金髪の青年ローランド・ラ・イクシオンは王子の中でも王位継承権第十位という底辺。幼少期の頃は"神童"と呼ばれたほど身体能力や聡明さを持ち、王国を想う真面目な性格ということもあって次期国王を支える存在として周囲に持て囃された。しかし幼きある日、ローランドは森の中に迷い込むと精霊神と名乗る少女に出逢い『真実の眼』を手に入れる。翌日、倒れていたところを騎士団に保護されたローランド。数日間高熱にうなされるが、その瞳を手に入れた事により環境が一変。あらゆる真偽を暴くことが出来るせいで今まで持て囃してきた人間の中には、自分を利用して甘い汁を啜ろうとする醜い感情が潜んでいる事をローランドはこの時初めて知った。そして彼の性格が決定的な変化を迎えたのは大切な母の死。  ―――それから彼は真面目さを捨て去り、王子という権力と瞳の力を使って自らの欲望を満たす事を決意する。  こうして王子という立場もあり自分勝手で傲慢な性格となったローランド。 「端から王位継承権には興味ないが、しばらくは我が父上(クソ親父)に恩を売っておくのも悪くはないなぁ?」  そうして彼は国王に許可を取ると、王国にとって不穏分子や敵対組織を秘密裏に排除するという名目で『黒影の騎士団』を立ち上げる。  これはオレ様で傲慢なクソ王子が瞳の力を駆使し、彼の魅力に惹かれた美女達に囲まれながらいずれ世界に名を轟かせる物語。 ※隔日更新です。 ※主人公は強いです。
24hポイント 0pt
小説 125,446 位 / 125,446件 ファンタジー 32,296 位 / 32,296件
文字数 110,370 最終更新日 2019.12.01 登録日 2019.10.28
12