鬼狩り小説一覧

タグ 鬼狩り×
1
 現代社会に現れる魔物、鬼を専門に退治する鬼狩りの家に生まれた鬼月諸刃は、家業を捨てて料理人になりたかった。  目的の鬼を倒してしまい、未練をなくした諸刃に鬼狩りを続ける意味はない。じっちゃんの説得を振り切り逃げ出した。  逃げ出した先にいたのは、幼馴染の飛鳥。両親が料理人で、彼女の両親の影響で料理人を目指すようになった。そんな彼女とたわいない日常会話をしながら、料理を教わりに彼女の家に向かう途中、謎の魔法陣が現れる。  が、一分ほどたっても一向に動かない。  待ちくたびれていたら突然はじき出されて落っこちた。  一人変な洞窟のような場所に転移させられた諸刃は、そこでのじゃのじゃ喋るロリ声の妖刀を拾う。 「よし、これで魚でも切るか」 『のじゃああああああああ、な、生臭いのじゃあああああああ』  鬼狩りという稼業から逃げ出した諸刃は、料理人になることが出来るのか。  そして、のじゃロリの包丁としての切れ味はいかに……。  カクヨム、小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 21pt
小説 18,023 位 / 99,094件 ファンタジー 3,301 位 / 26,668件
文字数 244,785 最終更新日 2021.04.04 登録日 2019.11.03
1