相棒小説一覧

タグ 相棒×
24
イラスト:「海鼠」様 不定期更新 動物が大好きなのに、ペットを飼う余裕がない私の癒しは、数年前に発売されたゲームだけ。 《ラブ&パートナー あの人の隣をモフレと一緒に目指せ》 通称《モフレ》。 ちょっとダサいタイトルの通り、このゲームにはモフレという生き物が大量に登場する。 まるで乙女ゲームのような、ヒロインの恋愛模様や成り上がりを描いたシナリオに、相棒のモフレを戦わせるコマンドバトルのゲームが融合した謎の世界観。 突飛な構成であまり人気はないみたいだけど、私は登場するモフレのデザインが大好きで、暇さえあれば遊んでいた。 可愛らしい動物がモチーフだから、モフモフ好きにはたまらないと思う。 そしてある日。 仕事帰りに、何気なくゲームを起動したら……視界が白く染まり、意識が途切れてしまった。 そして目が覚めると──
24hポイント 717pt
小説 2,185 位 / 140,706件 ファンタジー 513 位 / 34,274件
文字数 81,139 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.08.20
2
BL 連載中 長編 R18
「…くそったれ…死ね」 「それは俺のセリフだ。…死ね」 「「本当は死んだら後悔するくせに」」 そんな会話が常な2人。 お互いをこの手で殺したいと思っているが、命をかけて守りたいほど愛している。まるでわけのわからない2人。 たまに甘えたり、強気に出たり、泣いたり、喧嘩したり。 無愛想なエージェントのガイアと暗殺者のリムが営む何でも屋。 正反対の凸凹コンビは今日も忙しく物騒なのであった。 喧嘩をすれば… 「いいよ、俺の事好きじゃねぇんだろ。勝手に女とでもやってろ」 「てめぇ、ばっかじゃねぇの。…女なんか面倒くさくてたまるかよ。…お前がいい、ほら拗ねてねぇで来いよ」 「…お前、いつか殺すからな。俺の手で」 彼が誘拐されれば 「お前ら…このクソちんこは俺が殺すって決めてるんだよ…」 「ったく…素直じゃないねぇ」 「るせぇ、助けなきゃ良かった」 「はいはい…。…んな泣きそうなツラしといてアホか、てめぇは。」 「黙れ」 「っ、悪ぃって」
24hポイント 198pt
小説 7,137 位 / 140,706件 BL 1,346 位 / 15,914件
文字数 32,858 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.02.28
3
恋愛 完結 ショートショート R18
濃厚なやつが書きたい。番との出会いから、強く求め合う男女。その後、くる相棒も巻き込んでのらぶえっちを書けるのか? 『番(つがい)と言われましたが、冒険者として精進してます。』のスピンオフ的位置ー 『捕虜少女の行く先は、番(つがい)の腕の中?』 <別サイトリンク> 全年齢向けでも書いてます。他にも気ままに派生してます。
24hポイント 177pt
小説 7,621 位 / 140,706件 恋愛 3,703 位 / 43,596件
文字数 4,882 最終更新日 2020.02.08 登録日 2020.01.30
 花粉症にある春突然なるように、幽霊が見える体質にも、ある日突然なるようだ。望んでもいないのに獲得する新体質に振り回される主人公怜の、今エピソードは――。回によって、恋愛やじんわりや色々あります。チビッ子編は、まだ体質が変わってません。
24hポイント 106pt
小説 10,554 位 / 140,706件 キャラ文芸 84 位 / 3,377件
文字数 1,824,853 最終更新日 2022.01.29 登録日 2018.05.07
帝国の第九皇子リオンは、更なる力を願う皇帝によって邪神の生贄となる。 優秀な皇子ばかりの帝国にあって、末弟であるリオンは何の能力もない「無能」だった為、父に見限られたのである。 死を覚悟したリオンだったが、祭壇で出現した邪神ベルゲニウスに気に入られ、使徒となる契約を持ちかけられる。 その契約とは、性別と特性の違う二つの肉体を与えられる代わりに、歪んだ信仰で邪神となったベルゲニウスを本来の姿である「聖なる導きの神」へと戻す事。その為には良い行いをし、ベルゲニウスの名前を広める事が必要だった。 生贄となって死ぬか、使徒となって生き延びるか。選択は二つに一つ。 リオンは自身が育った環境や、弱者から搾取する帝国のやり方、そして自分の家族ですら欲望の為に生贄にするという行いが、果たして正しいのか間違っているのか。その事を見極める為に生きる事を選択。邪神の使徒となる。 一方帝国は、邪神への願いが叶わず敵国から反撃され、甚大なダメージを負う事となる。
24hポイント 92pt
小説 11,500 位 / 140,706件 ファンタジー 2,176 位 / 34,274件
文字数 52,153 最終更新日 2022.04.18 登録日 2022.04.17
露店の片隅で、まがい物の竜を買う少年。 声をかけたのは、ドラゴンブリーダーを名乗る、おっとりと優しげな青年だった。 草スープで日々をしのぎながら、幻獣たちには美味しいごはんを。 「師匠、金稼いでくれないと俺、竜の飯食うっすよ?!」 様々な幻獣やドラゴンを扱うドラゴンブリーダーの青年と、師匠に厳しい弟子の細腕繁盛記(?) かなりのマイペース、気まぐれ投稿が予想され……。
24hポイント 28pt
小説 21,855 位 / 140,706件 ファンタジー 3,707 位 / 34,274件
文字数 22,364 最終更新日 2021.09.08 登録日 2020.01.07
俺の名は祐太。 長年開かずの扉だった勝手口は、なんと『異世界』と繋がっていた! そんなルンルン気分の異世界第一歩めに出会ってしまったのは、ハラヘリ美ショタ?な性別不明娘のルーテフィア。 欠食児童なこの娘に、餌付けしたりかまったりしつつ自然体で過ごしてたら…  (相手が本当は性別♀男装っ娘ロリと気づかないまま)  このボクっ子のルーのやつは、  俺との日常を繰り広げているうちに、なんだか俺ちゃんへ、やけにどんどんなついてくるのだ。  それもいつのまにか、なつき度合いは普通の友情から超えて…親友、はたや相棒、はたまた、それ以上の関係を、俺へと望むように…?  ええい、お前は貴族っ娘だから家来にはなってやろうが、まあまて。お前の性別はいったい何なのだ!?  しかし食い扶持がなければ、この子においしいごはんを食べさせてあげられない!斯くして俺たちは商売を始めてみた…のだが、 「あぁもう、主人公らしいことは全部まかせたッ」「よくわかんないけど大丈夫だよっ、ボクとゆうたは“こんび”だもんねっ!」  並行して、ルーに色々あげたり買い与えたり不用品を譲ったりしていた祐太、するとルーはとんでもないものを生み出して…!  異世界せどり品だけだったのが、ルーの生み出す自家製発明品を売り物に!  そして、不遇だったこの相棒(ヒロイン)は家庭内でも家庭の外でも徐々に下克上を果たしていく。  泣いたり笑顔になったりいそがしいルーのやつに、俺の灰色の人生も、急速に色を取り戻していく。 …だが、異世界情勢は不穏だった。 「ユウタ、この戦いが終わったらね、キミに、ボクの秘密…ボクのたいせつを、あげるから…////  受け取って欲しいんだ!かならず、ぜったいに!」  この娘の祖父が治める辺境領が、まさにその火薬庫だったのだ。 続発する事件、そして迫りくる脅威たる隣国。 この子を死なせたくない! そんな思いで俺は悪あがきをする。 …大丈夫だ、この娘は才能と能力とスキルがとても高い。 あとはどんな敵とも器用に立ち回れる性能と、絶対とまでは行かなくてもそれを目指した装甲と火力、機動力、運動性のバランス! そんなこんなで、しかしほぼこの娘が独力で完成させてしまった、俺のアイデアを元にそんな開発建造された武器は… 乗り込み型のロボットメカ兵器?!    けれどこのロボット、案外つよかったんです。  そこから番狂わせが始まったのだ… (本編がまったり進捗なので、「イメージテキスト」として主役メカロボット・シミターのバトル戦闘パートの活躍を掲示しています!)
24hポイント 14pt
小説 28,853 位 / 140,706件 ファンタジー 4,847 位 / 34,274件
文字数 144,698 最終更新日 2022.04.24 登録日 2022.03.15
 「エウシラ!お前に婚約破棄を告げてやる!」  「俺様は真実の愛に目覚めたんだっ!お前のように!ブスなおばさん聖女より!お前の妹の可愛い聖女のサナサの方がいい! まぁサナサも少しおばさん入りかけだがっ!」 「そうよぉ~お姉様のようなブスなおばさん聖女よりぃ~私のように若く可愛い聖女が妻になった方がヒアトムも嬉しいでしょ~」  「私は~いつまでも可愛くてちやほやされていたいの~」
24hポイント 7pt
小説 33,758 位 / 140,706件 ファンタジー 6,005 位 / 34,274件
文字数 743 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.04.11
未来も希望も夢もない、なんとなく日々を生きていた現代人が、ふとした拍子に魔法がエネルギー源になっているファンタジー世界に座標移動してしまった話。 そこは、戦争もなく、攻めてくる魔王ももちろんおらず、魔法で競い合うこともなければ勇者も存在しない、平和でのんびりとした世界のはず…だが… ファンタジー世界にも悩みと悲しみは溢れていた。 ストレス、トラウマ、消化しきれない重たい思いは、この世界ではやがて「黒い魔法」として顕現してしまう。 それを防ぐために、ストレスやトラウマを物質化して取り出せる「癒し手」が存在するのだが…。 ※なるべくコンスタントに更新したいなと思っています。よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 11,796 最終更新日 2022.03.22 登録日 2022.01.08
昼間はしがないサラリーマン。しかし、夜になると俺はヒーローとなる。 今夜も悪党をやっつけるため、自転車にまたがり、街へ出た。 だが、俺がやっつける前に悪党が伸びていた。 ――何でだ? そこには見知らぬ男が立っていて、俺に言った。 「私と組んで、この街を浄化しませんか?」 街のヒーローが2人になった。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ミステリー 3,183 位 / 3,183件
文字数 19,806 最終更新日 2021.12.15 登録日 2021.12.15
ユージは本庁捜査一課に所属する刑事だ。キャリア組の中では珍しい、貧しい母子家庭で育った倹約家である。 彼はある日「ミミサキ市の誘拐犯」という特殊な誘拐事件の存在を知る。その誘拐事件は九年前から毎年起こり、毎回一〇〇〇万イェロの身代金を奪われながら、犯人の逃亡を許し続けていた。加えて誘拐されていた子供は必ず無傷で帰ってくる。 多額の金が奪われていることに憤りを感じたユージは、一〇年目の事件解決を目指し、単身ミミサキ市へ向かう。ミミサキ市はリゾート地化が進んだ海沿いの田舎だ。 彼はそこでノラという一五歳の少女と出会って相棒となり、二人で事件の捜査を進めていくことになる。 ブロマンス要素あり、現実に近い異世界での刑事モノファンタジー。 表紙イラスト:斧田藤也様(@SERAUQS)
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 96,848 最終更新日 2021.12.08 登録日 2021.11.17
世界にダンジョンが現れ、魔物が侵略する世界。 人々は対抗するためにダンジョン防衛隊を設立した。 瀬名 力はダンジョン防衛隊に努めていたが、ある日、所属していた班から「必要ない」と追放されてしまう。 追放された理由は単純明白で、敵に背を見せ逃げるからという真っ当なものだった。 瀬名 力が背中を見せて逃げるワケ。 それは相棒異世界人の力を使っており、正体を隠すために戦闘になると隠れて変身をしていたのだった。 相棒の異世界人――ガイが持つ能力 【無機質の記憶】 それは、命を持たぬ無機物の記憶を呼び出し、自分に付与する能力だった。 異世界より運ばれた【勇者の鎧】 【魔物】を討伐することで得られる素材。 二つの力を組み合わせて戦う瀬名とガイは追放されても戦うことを辞めなかった。 「世界、守らせて貰います!」 ……だが、瀬名は知らなかった。 自身の後釜として赴任された隊員が同じ目にあっているということを。 追放が成功したことで、より、加速する上司たち。 家族までもが被害に遭ったことで、上司を殺した隊員は次の復讐相手を瀬名に決めるのだった
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 144,356 最終更新日 2021.11.18 登録日 2021.07.16
13
青春 完結 長編
 中学生の桜庭瞬(さくらばしゅん)は所属する強豪サッカー部でエースとして活躍していた。  しかし中学最後の大会で「負けたら終わり」というプレッシャーに圧し潰され、チャンスをことごとく外してしまいチームも敗北。チームメイトからは「お前のせいで負けた」と言われ、その試合がトラウマとなり高校でサッカーを続けることを断念した。  高校入学式の日の朝、瞬は目覚まし時計の電池切れという災難で寝坊してしまい学校まで全力疾走することになる。すると同じく遅刻をしかけて走ってきた瀬尾春人(せおはると)(ハル)と遭遇し、学校まで競争する羽目に。その出来事がきっかけでハルとはすぐに仲よくなり、ハルの誘いもあって瞬はテニス部へ入部することになる。そんなハルは練習初日に、「なにがなんでも全国大会へ行きます」と監督の前で豪語する。というのもハルにはある〝約束〟があった。  友との絆、好きなことへ注ぐ情熱、甘酸っぱい恋。青春の全てが詰まった高校3年間が、今、始まる。 ※他サイトでも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 青春 5,150 位 / 5,150件
文字数 451,435 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.07.13
14
ファンタジー 完結 ショートショート
この街の魔法刑事課には変わり者の女性刑事アヤメさんがいる。マイペースで上司の話を聞かない。型破りな行動。でも事件捜査はピカイチ。解決率も高い。そんな彼女に相棒として選ばれた僕は、今日もアヤメさんと犯人を追い詰める。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 2,237 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.06.13
 紅蓮の暴食と渾名され、常勝無敗な闘士であった少女グロリア。  だが彼女はとある試合で四肢と目を失い、その上魔獣の跋扈する森へ崖から落とされてしまう。それでも生きようとする彼女の前に現れた意志もつ古代兵器。  それは彼女が失った部位を補い、世界を救う力を彼女に授けた。  ただし―――――――世界を救う必要など欠片も無い状況で。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 75,126 最終更新日 2021.08.31 登録日 2021.05.01
悪夢回収屋――文字通り、悪夢を回収し、代理人として見ることで浄化する仕事だ。 この仕事に就き、続けるには相当の覚悟を必要とする。そんな仕事を敢えて選び、続ける理由。それは。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 7,449 最終更新日 2021.11.21 登録日 2021.11.18
【この腐った社会をぶっ壊す!】 貴族社会の国に生まれたリリーは庶民出身の魔女。 家族の手助けもあり、なんとか魔法学校に通って魔女になれたけど、貴族出身の魔女や魔法使いからの嫉妬や嫌がらせにストレスがたまる毎日。今日も一日の疲れを癒すために兄が経営するドリンクバーへ足を運ぶと、やたら見た目を気にする貴族出身の魔法使いから「一緒に仕事をしないか?」と声をかけらる。 貴族出身でありながら、彼もまた「この国をぶっ壊す」という野望を胸に抱いていた。 「裏切りは無しよ、お貴族サマ」 「もちろんだよ、エリートさん」 これは、物騒な夢を抱いた魔女が、貴族の男と貴族出身の相棒魔女に振り回されながら、悪魔退治したり、願い事を叶えたりと色々とがんばる物語。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 44,232 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.01.02
 迷宮と呼ばれるものを通じて地球に魔力が流れ込み、生活が一変してから半世紀。人工魔素実験の暴走事故で大きな犠牲が出、その首謀者の子供である鳴海は、人に恨まれながら生きていた――とされているが、真実は違う。迷宮を囲い込んだ門の内側で、汚名をそそぎ、両親を取り戻すため、鳴海は今日も探索に打ち込む。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 152,726 最終更新日 2020.10.26 登録日 2020.08.01
「秘密」 誰にでも在る秘密。 だが、それを見たくなってしまうのは人の性と言えよう。 そんな絶対と思われた秘め事や「探し物」を暴くことを請け負い、それを生業とするヴァルと、その相棒ノア。 だが、彼等に依頼される「探し物」は普通じゃない事がある。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 133,201 最終更新日 2019.11.19 登録日 2019.09.18
20
恋愛 連載中 長編
中学生時代、発作性頻拍症という心臓の病で学校を休みがちだった少年、五十嵐和馬(いがらしかずま)は無事引きこもりになる。 ネットでの繋がりに一時心を潤すが、そのうちリアルな人との繋がりを求めるようになる。 中学卒業後、地元の高校に入学することが決まった和馬は引きこもりだったという過去を悟られないようにするため、誰もいない部屋で会話の練習を始める。 すると、いつも愛用しているiPhone 7プラスから声が聞こえた。 『私が会話の相手なってあげよう』と 大切に使われた物には魂が宿ると言われており、これを『宿魂(ヤドリダマ)』と呼び、 魂の宿った物を『魂物(タマモノ)』という。 そして魂物の存在を感知できる能力が和馬には、長い引きこもり生活で備わっていた。 これは物の声が聞こえるようになった引きこもり少年と魂物達の物語である。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 恋愛 43,596 位 / 43,596件
文字数 12,429 最終更新日 2019.09.03 登録日 2019.08.31
21
BL 連載中 長編 R18
俺は籠の鳥。 籠の中の鳥。 俺は部活の籠の中では自由に飛び回れる鳥。 この世界は前世の俺と妹がやっていたBLゲーム“籠の鳥達は笑う”の世界だ。 俺は主人公の中学時代の友人の一人として登場するサブキャラだ。 特に誰ともくっつかない非攻略キャラだが俺と妹の推しキャラだった。 その俺の部活の相棒で親友には恋人が居る。 そのうち紹介されるのだろうか? その時は祝福しなければ、、、。 前世でも今世でも取っつきにくく友達が居ない俺のただ一人の親友だそれに、、、。 俺は今日も部活の籠の中で鳴く(歌う)鳥。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 BL 15,914 位 / 15,914件
文字数 8,711 最終更新日 2019.11.19 登録日 2019.07.16
15歳になり融合スキルを得た少年。そのスキルを使い狼と共に戦う。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 ファンタジー 34,274 位 / 34,274件
文字数 1,885 最終更新日 2019.06.02 登録日 2019.06.02
23
SF 完結 ショートショート
とあるパイロットとその相棒の顛末。 習作です。特段意味はありません。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 SF 3,893 位 / 3,893件
文字数 1,592 最終更新日 2018.03.26 登録日 2018.03.26
一匹のシロウサギが いっぱいの愛を込めて書いた一枚の手紙が あなたのハートを ぽかぽかと あったかくするーー…… /(νν*)\だいすき。
24hポイント 0pt
小説 140,706 位 / 140,706件 児童書・童話 2,443 位 / 2,443件
文字数 3,543 最終更新日 2017.12.02 登録日 2017.12.02
24