しつけ小説一覧

タグ しつけ×
3
1
絵本 完結 ショートショート
「ごちそうさま。ドングリさんをちょうだい」ママは、さっちゃんの小さな手に、ドングリさんをのせます。 +:-:+:-:+ ドングリさんが大好きな我が子ために作った絵本です。 +:-:+:-:+ 「ひとりでトイレに行けたね!」とほめながら、おててにドングリさんを渡すような話しかけをしています(親子のコミュニケーションを目的にしています)。 +:-:+:-:+ 「ドングリさんをちょうだい」のフレーズを繰り返しているうちに、子供の方から「ドングリさんはどうしたらもらえるの?」とたずねてくれたので、「ひとりでお着がえできたら、ドングリさんをもらえるよ~」と、我が家では親子の会話がはずみました。 +:-:+:-:+ 寝る前に、今日の「いろいろできたね!」をお話しするのにもぴったりです! +:-:+:-:+ 2歳の頃から、園で『漢字えほん(漢字が含まれている童話の本)』に親しんでいる我が子。出版数の少ない、低年齢向けの『漢字えほん』を自分で作ってみました。漢字がまじる事で、大人もスラスラ読み聞かせができます。『友達』という漢字を見つけて、子供が喜ぶなど、ひらがなだけの絵本にはない発見の楽しさがあるようです。 +:-:+:-:+ 未満児(1~3歳頃)に漢字のまじった絵本を渡すというのには最初驚きましたが、『街中の看板』『広告』の一つ一つも子供にとっては楽しい童話に見えるようです。漢字の成り立ちなどの『漢字えほん』は多数ありますが、童話に『漢字とひらがなとカタカナ』を含む事で、自然と興味を持って『文字が好き』になったみたいです。
24hポイント 71pt
小説 13,837 位 / 139,914件 絵本 6 位 / 564件
文字数 846 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.11.30
2
絵本 完結 ショートショート
新潟県三条市には節分の豆まき行事として 「本成寺」というお寺で「鬼踊り」があります。 リアルで怖い鬼たちが鋸・斧などの金物を持ち大暴れします。(さすが三条 金物の町) 響きわたる鬼たちのその姿は迫力満点で、子どもたちは恐怖におののきます。 平和と安全を祈り、最後は鬼に豆を投げつけて退散させるといった行事なのですが、鬼に抱かれた子どもは健康に育つという言い伝えがあり、親たちは子どもの健康を願い我れ先にと泣き叫ぶ我が子を鬼に撫でてもらおうと必死に差し出すといった不思議な光景が見られます。 子どもにとっては怖くて怖くてとんでもない行事なのですが、 毎年子どもの健康を願って子連れの家族で賑わう行事です。 それにちなんだお話で、主人公の「ぼく」は毎年「鬼踊り」に連れて行かれます。 そこで鬼にこんな話を聞いてみたと・・・
24hポイント 0pt
小説 139,914 位 / 139,914件 絵本 564 位 / 564件
文字数 716 最終更新日 2021.06.18 登録日 2021.06.18
3
ライト文芸 完結 ショートショート
大切なペットが、飼い主になつくまでの60日間。 突然、見知らぬ場所へやってきた犬のナツは、疑心暗鬼であった。 時には、苛立ちながらも、愛情を注ぐ飼い主。 次第に、ナツの心は、解放されていく。
24hポイント 0pt
小説 139,914 位 / 139,914件 ライト文芸 6,000 位 / 6,000件
文字数 6,021 最終更新日 2019.12.13 登録日 2019.12.09
3