キツネ小説一覧

タグ キツネ×
8
1
児童書・童話 完結 ショートショート
  あるところに心やさしい若者がおりました。 彼が歩いていると、木の根にはさまれて、身動きのとれない白ヘビを見つけました。 かわいそうにと、助けてあげた若者。 すると、その夜更けのこと。 トントン、家の戸をたたく音がする。 こんな時間にいったい誰だろう? 若者は小首をかしげるも、戸をあけます。 するとそこには……。 これは善良な若者の身に降りかかった幸運でもあり、不幸でもある物語。
24hポイント 213pt
小説 4,293 位 / 87,377件 児童書・童話 74 位 / 1,753件
文字数 2,054 最終更新日 2018.12.27 登録日 2018.12.27
「二人の記念日」を祝う為 これまでのせめてものお返しにと奮闘した白リスのおちょま、そして、その帰りを待つ黒キツネのツネさんに、重大な危機が迫ります。 ホロリジワリと泣ける ラブストーリー。 大人にも 読み応えある童話。 表紙設定をしました。Sho-5さんがイメージ通りに描いてくれました。
24hポイント 106pt
小説 6,354 位 / 87,377件 児童書・童話 130 位 / 1,753件
文字数 2,643 最終更新日 2020.06.23 登録日 2020.06.23
3
恋愛 連載中 長編
 1人暮らしを始めることになった主人公・紗季音。  アパートの近くの神社で紗季音が出会ったあやかしは、美形の妖狐!?  妖狐の興恒(おきつね)は、紗季音のことを「自分の恋人」が人型に変身している、とカン違いしているらしい。  紗季音は、自分が「谷沼 紗季音(たにぬま さきね)」というただの人間であり、キツネが化けているわけではないと伝えるが……。  興恒いわく、彼の恋人はキツネのあやかしではなくタヌキのあやかし。種族の違いから周囲に恋路を邪魔され、ずっと会えずにいたそうだ。 「タヌキでないなら、なぜ『谷沼 紗季音』などと名乗る。その名、順序を変えれば『まさにたぬきね』。つまり『まさにタヌキね』ではないか」  アパートに居すわる気満々の興恒に紗季音は……
24hポイント 7pt
小説 19,392 位 / 87,377件 恋愛 8,179 位 / 23,087件
文字数 121,882 最終更新日 2020.01.31 登録日 2019.12.01
いわゆる「きつね憑き」の概念をメインテーマとしつつ、いろいろと考えて話を作ってみました。稲荷信仰とか、「狐の嫁入り」とか、雨乞いの儀式とか、妖怪とか。 「きつね憑き」のコンセプトとストラヴィンスキーのバレエ作品「春の祭典」の世界観を大胆に融合させたバーバリックでスピリチュアルな(?)作風にしようと思ったのですが…ねぇ? どうでしょうか?
24hポイント 0pt
小説 87,377 位 / 87,377件 大衆娯楽 2,690 位 / 2,690件
文字数 6,116 最終更新日 2020.07.25 登録日 2020.07.25
「だって? ムリ?」  カヤは、腰に両手をそえて、イオリに言いました。 「本当に強い子になりたいんなら、自分のことを悪く言っちゃダメよ」(第二話「ウサギの遊園地」より)  ウサギのエリート学校の中で一番の優等生・カヤと、キツネのダメ学校の落ちこぼれ・イオリがくり広げる、まるきりおかしな動物ファンタジーです!(※小学中級~向けになります)
24hポイント 0pt
小説 87,377 位 / 87,377件 児童書・童話 1,753 位 / 1,753件
文字数 39,464 最終更新日 2020.08.11 登録日 2020.08.11
かおちゃんは『キツネのクッキー』の絵本が大好き。 この絵本はパパに読んでもらうって決めているの。 だって、パパはキツネさんにそっくりだから。 そんなパパがある日突然……。 *挿絵に関してですが、ネットの写真やイラストを真似してアレンジして描いたものです。 なにか問題がありましたらご一報ください。
24hポイント 0pt
小説 87,377 位 / 87,377件 児童書・童話 1,753 位 / 1,753件
文字数 7,978 最終更新日 2020.07.15 登録日 2020.07.09
キツネが生まれて初めてもらったプレゼントは、人間の女の子からのハンカチだった。 しかし、キツネがうたた寝している間にハンカチがなくなってしまう。 探しても見つからず、諦めかけるキツネ。 そこへ現れたのは、フクロウだった……。 *カクヨムにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 87,377 位 / 87,377件 ライト文芸 3,755 位 / 3,755件
文字数 6,559 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.04.14
8
児童書・童話 完結 ショートショート
ここは逆さ虹の森。 いたずらなリスと、お人好しのキツネが遊んでいると、リスが「クマの怖がりを直してあげよう」と言い出しました。キツネは訝しみながらも、リスについていきます。そこでリスが提案した方法でクマが大変な目に!?
24hポイント 0pt
小説 87,377 位 / 87,377件 児童書・童話 1,753 位 / 1,753件
文字数 3,644 最終更新日 2018.12.20 登録日 2018.12.20
8