鍋狸小説一覧

タグ 鍋狸×
1
タイトル修正。統一しました。 資産家にして、希代の美食家と言われた森泉修二郎が天命を全うした。 それ自体は平和な話だったのだが、ここからが問題だった。 彼が収集した珍品の数は数千。美術品から民芸品から、一見してガラクタのような品から、なにから。 美食家と言う気質からだったのか、食器なども相当な数を収集しており、好事家たちからすれば垂涎物の品物も多く所持していたという。 噂によれば、伝説と言われた職人の一点物のカトラリィを持っていた、幻ともいわれる皿を持っていたなどと言うものがある。 そんな中でもひそひそと、声高にではないが噂されている話がある。 森泉修二郎は、違法魔術が付加された品を手に入れていた。 家を出ていた孫娘は、親戚から、祖父の遺産として”がらくたのつまった廃屋”を押し付けられた。 ところがそこで孫娘が出会ったのは、祖父と半世紀以上共に過ごしていた「鍋狸」で……!? 一人と一匹の、台所で始まったわりとほのぼの(当社比)ストーリー開幕。恋愛も予定中! 残酷描写、暴力描写は保険です。
24hポイント 0pt
小説 126,076 位 / 126,076件 ファンタジー 32,384 位 / 32,384件
文字数 145,200 最終更新日 2021.11.24 登録日 2019.11.28
1