戦闘暴力流血、法的人権的不適切表現あり小説一覧

タグ 戦闘暴力流血、法的人権的不適切表現あり×
3
1
現代文学 連載中 短編 R15
 大川恵里は、ただの中学生ではない。『200のサヴァン』と呼ばれる天才、少数派の中の少数派。しかし彼女は、この世という地獄において、それは弱者の首輪だと断じていただろう。傷の舐め合い、共依存、どうこう謗られようと、彼女はとある運命の恋に縋りつく。何より理解者こそを得るために。  しかし、何処までいっても実っても、恋は未熟で熟さない。それを許せない者ほど踏み外す。  本編『白金~アルビノ~零』に繋がる短編、その第弐番。
24hポイント 0pt
小説 77,368 位 / 77,368件 現代文学 3,327 位 / 3,327件
文字数 33,390 最終更新日 2020.05.13 登録日 2020.03.06
2
現代文学 連載中 長編 R15
 白金明日美は、『ありきたりな理由の自殺した』とされて、討ち殺された。この世こそが地獄で、死ねば無になるものと思っていただろう。しかしそんな地獄は、怨霊もとい悪鬼の犯罪都市にて続行される。  白痴の無為か、異端の無体か。そんな地獄で、死んでも死に切れなかった魂は、再び燃える事を許される。  人間を、ひたすらに尊んだ、忠実な僕の物語。    そんな物語の、書き始め。
24hポイント 0pt
小説 77,368 位 / 77,368件 現代文学 3,327 位 / 3,327件
文字数 52,225 最終更新日 2020.04.28 登録日 2020.01.08
 青海真由は、誰もが優等生と認める高校一年生であり、誰もが謗るであろう悪だった。そのまま進めば、白紙の進路調査書には『悪党』なんて書いたかもしれないが、蛇の道で出逢うのは蛇である。彼女の自身の悪行によって冬眠から覚めた蛇である。  そして彼女の人生は大いに曲がる。片恋の末の狂心か、それとも非合理への渇望か。とにもかくにも大いに曲がる。あくまでも、この世という地獄で喘いだ彼女の息は、いつしか微風となって、伝染させる。  本編『白金~アルビノ~零』に繋がる短編、その第壱番。 ※訳あって、非道な乱文、御寛恕を。 
24hポイント 0pt
小説 77,368 位 / 77,368件 現代文学 3,327 位 / 3,327件
文字数 44,525 最終更新日 2019.12.13 登録日 2019.07.15
3