退廃的な雰囲気小説一覧

タグ 退廃的な雰囲気×
2
ウィーン宮廷歌劇場のプリマ・ツェツィーリアには、猟奇的な大量監禁殺人事件の被害者となった過去がある。 E.T.Aホフマン『砂男』をなぞるような〈コッペリウス事件〉の真犯人を追い詰めるため、ツェツィーリアは彼女に恋した自殺志願者フェリックス・クライン少尉とともに過去の謎に挑むが――。 という話ですが主人公はフェリックスです。 引用文献 ・ヘシオドス、廣川洋一訳(1984)『神統記』岩波文庫 ・ホフマン、大島かおり訳(2014)『砂男/クレスペル顧問官』光文社古典新訳文庫
24hポイント 42pt
小説 11,770 位 / 100,336件 ミステリー 140 位 / 2,429件
文字数 96,523 最終更新日 2021.03.28 登録日 2021.02.22
2
恋愛 連載中 ショートショート
コンセプトは「曲のない歌」。 退廃とした空気、死の臭いが付きまとう世界観、報われぬ男女の想い、狂気的なまでの愛、世界に対する心の叫び、悪魔や天使といった中二病ワード、入り混じる真実と嘘などをテーマにした詩集。 ※小説家になろうにも掲載しています
24hポイント 7pt
小説 23,108 位 / 100,336件 恋愛 9,840 位 / 28,045件
文字数 18,456 最終更新日 2021.03.28 登録日 2021.01.13
2