裸足でsummer小説一覧

タグ 裸足でsummer×
1
天真爛漫で、イタズラ好きな女子大生、谷山美月(たにやまみづき)は、カフェで友達と話している途中、中谷悠馬(なかたにゆうま)という名の青年に、声をかけられる。(悠馬はなぜか美月の名前を知っており、 「2人きりで話がしたい。」 と声をかけられたのであった。)美月は自分の名前を知っている悠馬を不審がるが、悠馬は、自分は2017年、1年後の未来から来た青年で、 「未来の世界では、僕たち(悠馬と美月)は付き合っているんです。」 と美月に語りかける。そのことに驚く美月であったが、直後の悠馬の、ナルシストともキザともとれる発言を聞き、 「あなたとは、話すことはありません。」 と言い放ち、美月は悠馬の元を去ろうとする。しかし、悠馬は、 「僕と、賭けをしませんか?」 と言い、花びら占いを模した、賭けに美月を参加させる。  その賭けに負けた美月は、しぶしぶ、悠馬とのデートに付き合うこととなる。そして、嫌々ではあるが悠馬とデートを重ねていくうちに、美月の心に変化が訪れ、美月は悠馬に惹かれていく。  そんな中、美月の友達の真由が、「友達から聞いた。」とのことで、あるウワサを美月に話す。それは、 「この世界には、『未来から来た人』がいて、その人は、『未来』から来て数カ月以内に、『現在』(美月たちのいる時間)で死ぬ。」 「また、地域の納涼花火大会の花火を、『未来から来た人』が『現在』の人と一緒に見たら、『未来から来た人』は死の運命から逃れられる。」 というものであった。  そのウワサを聞いた美月は、悠馬を助けるため、悠馬を納涼花火大会に誘おうとする。 ただ、悠馬は乗り気ではない様子。しかし、美月の強引な誘いによって、悠馬は美月と一緒に、地域の納涼花火大会に、行くこととなる。  花火大会当日、美月と悠馬の2人は浴衣姿で現れる。悠馬の浴衣姿に、見惚れてしまう美月。しかし、悠馬の体調は、万全ではないようであった。その後、2人は射的などの花火大会のゲームを楽しむ。そして、美月の念願の、花火の時間が始まる直前、悠馬は倒れ、救急車で運ばれてしまう―。
24hポイント 0pt
小説 140,501 位 / 140,501件 恋愛 43,487 位 / 43,487件
文字数 38,251 最終更新日 2020.01.10 登録日 2020.01.07
1