オノマトペ小説一覧

タグ オノマトペ×
3
1
BL 連載中 短編 R18
彼氏にフラれた帰り道、本山あさひは怪人と遭遇する。 ニュースで知るよりエロい怪人の姿に、あさひはムラムラするのを止められず――! Hで怪人を倒す、エロヒーロー譚。コメディです。 ♡とオノマトペ多めの攻め視点なので、苦手な人はご注意ください。 一章(短編)ごとに完結。不定期更新です。
24hポイント 234pt
小説 4,384 位 / 80,006件 BL 662 位 / 7,296件
文字数 16,999 最終更新日 2020.03.03 登録日 2020.02.27
──莫迦は死ななきゃ治らない。 えー。莫迦は死ぬまで治らない、と言いやす。 いい年したこの莫迦、大男の夢魔に腹にのられてもなぁも気にしやせん。 それどころかぶぅすか寝直そうとしやがる。 それもその筈、半年前に物盗りに入られた時もこの莫迦ぶぅすかぶぅすか寝腐った所為で命拾いした。 その癖夢魔に起こされるとすわ起き上がって、ひぃと短い悲鳴を上げやがる。 全く太ぇのか細けぇのか分かりやせん。 ケチで助平で気が小さくてその癖プライドだけは一丁前。 そんなどうしょうもねぇ莫迦を甚く気に入った様子の夢魔の大男。 莫迦をどうやって可愛がってやりやしょう?
24hポイント 0pt
小説 80,006 位 / 80,006件 ファンタジー 23,030 位 / 23,030件
文字数 8,093 最終更新日 2020.01.21 登録日 2020.01.21
3
SF 完結 ショートショート
「鳥の唐揚げひとつ」  店主に注文した。 「すみません。今在庫を切らしているため、風見鶏の唐揚げになってしまいます。」  店主は言った。  はて、風見鶏の唐揚げとは?よくわからないな。 「風見鶏の唐揚げとはなんですか」  私は店主に聞いた。 「風見鶏を唐揚げにしたものです。」  なるほど。風見鶏を唐揚げにしたものか。 「そんなものを売ってもよいのですか。」  私は尋ねた。 「いいんです。」  店主は答えた。へえ、いいんだ。  折角なので、注文してみた。 「風見鶏の唐揚げひとつ」 「へいよっ!!」  風見鶏の唐揚げがでてきた。風見鶏自体はどうやらプラスチックでできているようだった。  はてさて、食べていいものなのか。辺りを見回すと、みんな風見鶏の唐揚げを食べていた。  モグモグ、サクサク、カザミカザミ。  しかし、みんなが食べているからといって食べていいということにはならない。私は悩みに悩んだ結果、食べないことにした。  翌朝テレビをつけると、例の店主が謝罪している。どうやら風見鶏の唐揚げを食べた人々、コケコッコーしか、言えなくなった。私は、風見鶏の唐揚げを食べなかった自分を褒めた。偉いぞ、よしよし、よしよし。  私は風見鶏の唐揚げを食べなかったことを自慢したくなった。そこで、向かいの佐藤さん宅のチャイムを押した。奥さんがでてきた。 「私は昨日、風見鶏の唐揚げを注文したにも関わらず、食べませんでした。」 「まあ、すごい。」  奥さんは私のことが好きになった。佐藤さんの夫は最初は怒ったが、私が風見鶏の唐揚げを注文したにも関わらず食べなかった人間だということを知り納得した。それどころか、夫さんも私のことを好きになった。あれやこれやしているうちに、風見鶏の唐揚げを注文したにも関わらず食べなかった判断力が評価され、内閣総理大臣になった。  風見鶏の唐揚げに感謝しなければいけない。風見鶏の唐揚げがなければつまらない日々が続いていただろう。ということで、権力を乱用し例の店主を釈放、感謝状を送った。しかし、このことについて国民の理解が得られなかった。理解を得るために会見を開き、 「権力を乱用した。」  と説明した。  内閣支持率は一気に低下。内閣は解散に追い込まれ、私は内閣総理大臣から一般人になった。それどころか、取り調べを受けることとなった。逮捕されたくないので、警察官をみな殺しにしようと思い、風見鶏の唐揚げをたくさん作った。 「はい、どうぞ。」 「いいえ、いりません。」  誰も食べなかった。ちくしょう、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい。  悔しかったので、悔しがった。警察は、私があまりにも悔しがっていたので、許してくれた。  私はうちに帰った。何事もない日常が、一番の幸福なのかもしれないな。ゆったりビールを飲みながら、思った。
24hポイント 0pt
小説 80,006 位 / 80,006件 SF 2,550 位 / 2,550件
文字数 1,131 最終更新日 2019.11.10 登録日 2019.11.10
3