剣聖小説一覧

タグ 剣聖×
9
 魔神が世界を荒らすのを食い止めようと幼少期から鍛錬し、やがて剣聖と呼ばれるまでになったショウ。 だが、王の保身により誤解されたショウは国を追放されてしまう。30歳のオッサンとなったショウは一人隣国の山奥でスローライフを送ろうとするが、そこは未知の秘境だった。  世界から引きこもろうとするショウ。しかし運命が動き出して魔界へ向かうショウと彼を追う姫の物語は佳境に突き進んでいく。  明るく楽しい魔界ライフは続く。
24hポイント 340pt
小説 2,498 位 / 59,018件 ファンタジー 742 位 / 19,076件
文字数 93,876 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.06.04
2
SF 連載中 長編 R15
 VRMMO『Summoner’s War』プレイヤー全員が召喚士となり赤、青、緑、黄、白の5つの勢力に分かれて陣地を争うこのゲームで剣聖と呼ばれたプレイヤーが存在した。 ※1話1000〜1500文字程度 ※不定期更新
24hポイント 276pt
小説 2,965 位 / 59,018件 SF 49 位 / 1,976件
文字数 52,042 最終更新日 2019.06.10 登録日 2018.04.27
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
 《魔王》を倒した、勇者パーティの一人、《剣聖》ハルトムートはその功績から念願のギルドマスターとしての暮らしを手に入れた。  しかし、ギルドを創設したばかりの彼に与えられたのは、《勇者》直々のギルド解体令であった。  そして、彼の目に飛び込んだのは、鎖に繋がれたかつての仲間エリーゼであった。  彼女の正体が、亜人であることを暴露した《勇者》は、彼女への歪んだ欲望を露わにし、彼女を管理することを宣言した。  それに怒ったハルトムートは《勇者》に刀を向け、助けを求めるエリーゼの手を取り、仲間たちと共に逃亡することを決めた。  そして、流れ着いたのは魔王直轄領だった。  竜の血を引く見目麗しい《竜姫》エリーゼ、突如押しかけて、ハルトムートの貞操を狙う《魔王》の少女イドゥン、そしてギルドの仲間たち。  故郷を追放された最強の《剣聖》ハルトムートは、《勇者》に対抗するために辺境の開拓に乗り出す。
24hポイント 71pt
小説 6,802 位 / 59,018件 ファンタジー 1,822 位 / 19,076件
文字数 51,323 最終更新日 2019.08.01 登録日 2019.07.24
4
恋愛 完結 長編
人類は大魔王率いる魔族軍の侵攻を受けた。 そんな中 絶対神の啓示を受け、 勇者となった辺境国の若き騎士 レオン。 冷静沈着、合理主義のその男は 大魔王を直接討つ事が最も合理的と判断し 討伐の旅にでた。 最初に仲間になったのは聖女。 啓示により「聖女」となったのは、 修道院で修行中の美しい少女 アリシア。 彼女は超マイペースな上、 好奇心旺盛、そして突拍子の無いことをする。 この物語は そんな聖女に一目惚れしてしまった 後世最強と謳われた勇者の苦悩の物語である。 10話完結 1日2話アップします
24hポイント 42pt
小説 8,850 位 / 59,018件 恋愛 3,208 位 / 14,231件
文字数 21,638 最終更新日 2019.10.17 登録日 2019.10.13
異世界から召喚された、勇者一行と 共に 魔王討伐を命じられた剣聖エルヴィン. フェルディナントは魔王城に乗り込む直前に 国に残した妻が国の王子と繋がりがあり 騙されていた事を知る。 今まで、全てを捧げて来た国の王子と妻に 裏切られた彼は一体どうするのか _____________________________________________ 誤字、脱字等有りましたら報告して 頂ければ幸いです
24hポイント 7pt
小説 17,462 位 / 59,018件 ファンタジー 4,772 位 / 19,076件
文字数 6,481 最終更新日 2019.03.10 登録日 2019.03.09
6
恋愛 完結 短編
勇者パーティは五年もの歳月を要し、ようやく魔王城にたどり着いた。 そんな中、パーティの一人である剣聖の少女シエラ・ロードは迷っていた。 このまま魔王を倒したところで、勇者は我が国の皇女と結婚するのだ。 シエラはそれがどうしようもなく嫌になる。 未来を考えることが嫌になり、未来を変えたいと願う。 そう。 彼女は勇者に恋をしていたのだ。 ハッピーエンドものです。
24hポイント 7pt
小説 17,462 位 / 59,018件 恋愛 5,920 位 / 14,231件
文字数 47,107 最終更新日 2019.08.05 登録日 2019.07.12
7
恋愛 連載中 短編
A
 私の名前はエマ・ベルナード。一ヶ月前の災害で家族を失いました。  料理上手で優しいお母さんも  ひょうきん者のお父さんも  いつも私の真似ばかりしていた弟も  あっさり居なくなって土の下です。  未だ家族の面影が残るその家で暮らして一ヶ月。  ボロ切れ拾いました。そして、私も寂しかったのか焼きが回ったのか一緒に住むことにしました。  これは、二人が出会いそして前に進む物語。
24hポイント 0pt
小説 59,018 位 / 59,018件 恋愛 14,231 位 / 14,231件
文字数 14,792 最終更新日 2018.05.26 登録日 2018.05.26
箱庭で育てられた皇帝第4子、マリアンヌ・アルズガルド。 世間の見聞が乏しい彼女が皇帝学を学ぶ為、各地巡回を行っている最中。帝都では皇帝である父の死去と、他の候補者を差し置いて次期皇帝をマリアンヌに据えると号令が成された。 表立っては亡き皇帝の意に忠義を示す貴族達であったが、腹では反旗を翻し、マリアンヌを陥れようと暗躍を企む者達は数多く。 皇帝となったマリアンヌは、巡回を同行するアルカレイドと、その苦難に立ち向かっていくのだった。
24hポイント 0pt
小説 59,018 位 / 59,018件 ファンタジー 19,076 位 / 19,076件
文字数 31,625 最終更新日 2018.07.20 登録日 2018.07.19
 鷹、華と書いてヨウカと読む。  しかしこの街の人間であれば、いやこの地に生きる人であれば誰でも、その言葉の意味を知っている。  鷹華という二文字で綴られたそれを、剣姫という意味で読むのが常であった。剣姫となりて、もし裏返ればそれは剣鬼ともなるのだ。  その生き様は苛烈にして至極。  ありとあらゆる悪を断ち、か弱き人々に救いの手を差し伸べるとされる至高の存在。  しかしてそれは人の枠組みと理とを外れた存在だとも囁かれる。  それら凡そ人間を形容するに相応しくない言葉の数々の羅列が、しかし真実に限りなく近いということを私は知っていた。  これは、鷹華という英雄に出会った少女の物語である。 ーーーー 終盤、甘い恋愛方向に流れてしまったので、カテゴリを「ファンタジー」から「恋愛」に変更しました。 なんとか規定文字数に収まるように手を入れました。 ほとんどはどこかしら削っているだけですので、読み直さないといけないようなところはありません。 ーーーー 虚構少女シナリオコンテストに応募してみようと思い立ち、書いてみることにしました。 完結までお付き合い頂ければ幸いです。 また、よろしければお気に入りや感想などよろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 59,018 位 / 59,018件 恋愛 14,231 位 / 14,231件
文字数 9,497 最終更新日 2018.09.14 登録日 2018.09.12
9