ポーション小説一覧

タグ ポーション×
25
王国のポーション精製係として働いていたミレニアはある日、宮殿から追放されてしまう。 その理由は「ポーションしか生み出せないから」というもの。国王陛下に言われてしまう。 ポーション精製要員が確保できたとして、身分の低いミレニアは追放という形になってしまった。 仕方なく、彼女は故郷の町に戻りポーション販売で細々と生きて行くことにした。国民からの信頼厚き領主はミレニアの追放に激怒したが、彼女はその気持ちだけで十分と言う。するとその後から、彼女のスキルが進化し、ハイポーションやエーテルといったアイテムを次々と生み出せるようになっていった。 スキル進化は非常に稀な現象であり、王国は才能の塊のミレニアを追放してしまい大打撃となる。 しかし、今さら彼女に擦り寄りたくない国王陛下は、なんとかミレニアを超える生産ラインの確保をしようとするが……。
24hポイント 7,369pt
小説 274 位 / 87,209件 ファンタジー 85 位 / 24,906件
文字数 27,138 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.11.16
錬金術士であるアイラは、調合で様々な種類の薬を精製することが出来た。 その能力は国家にも認められるほどであり、彼女は宮殿で好待遇を受けることになる。 しかし、第二王子は他の錬金術士が見つかったとして、平民でしかない彼女は追放されてしまった。 その後、アイラは街で薬屋を経営することになるが……この娘、他とは一線を画す才能を有しており、お店は大繁盛、彼女を最初に雇った第一王子殿下のクリフトも訪れ、さらに活気あるものになっていく。 一方で、貴族の中で錬金術士を見つけたとして、アイラを追放した第二王子は……。 ※小説家になろう様にも投稿しています。45話辺りから展開が変わっていきます。
24hポイント 5,289pt
小説 355 位 / 87,209件 ファンタジー 119 位 / 24,906件
文字数 179,216 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.09.02
※『第13回ファンタジー小説大賞』参加中! 応援していただけると嬉しいです。 ▽  伯爵令嬢アリシアは、魔法薬(ポーション)研究が何より好きな『研究令嬢』だった。  社交は苦手だったが、それでも領地発展の役に立とうと領民に喜ばれるポーション作りを日々頑張っていたのだ。  しかし―― 「アリシア。伯爵令嬢でありながら部屋に閉じこもってばかりいるお前はこの家にふさわしくない。よってこの領地から追放する。即刻出て行け!」  そんなアリシアの気持ちは理解されず、父親に領地を追い出されてしまう。  アリシアの父親は知らなかったのだ。たった数年で大発展を遂げた彼の領地は、すべてアリシアが大量生産していた数々のポーションのお陰だったことを。  アリシアが【調合EX】――大陸全体を見渡しても二人といない超レアスキルの持ち主だったことを。  追放されたアリシアは隣領に向かい、ポーション作りの腕を活かして大金を稼いだり困っている人を助けたりと認められていく。  それとは逆に、元いた領地はアリシアがいなくなった影響で次第に落ちぶれていくのだった。 ーーーーーー ーーー ※閲覧、お気に入り登録、感想等いつもありがとうございます。励みになります。 ※2020.8.31 お陰様でHOTランキングに載ることができました。ご愛読感謝! ※2020.9.8 多忙につき感想返信はランダムとさせていただきます。ご了承いただければと……!
24hポイント 3,713pt
小説 452 位 / 87,209件 ファンタジー 149 位 / 24,906件
文字数 58,668 最終更新日 2020.11.17 登録日 2020.08.31
4
ファンタジー 連載中 長編 R15
テーブルに置かれた小さな瓶、それにソファーでくつろぐ飼い猫のクロ。それらを前にして俺は頭を抱えていた。 ある日どこからかクロが咥えて持ってきた瓶……その正体がポーションだったのだ。 瓶の処理はさておいて、俺は瓶の出所を探るため出掛けたクロの跡を追うが……ついた先は自宅の庭にある納屋だった。 やったね、自宅のお庭にダンジョン出来たよ!? どういうことなの。 始めはクロと一緒にダラダラとダンジョンに潜っていた俺だが、ある事を切っ掛けに本気でダンジョンの攻略を決意することに……。
24hポイント 3,673pt
小説 457 位 / 87,209件 ファンタジー 150 位 / 24,906件
文字数 457,040 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.05.21
5
恋愛 連載中 ショートショート
私の家は代々薬屋を営んでいた。そんな私も小さい頃からポーションづくりに励んでいた。ただ、私の家での扱いはあまり良くなかった。姉たちには散々にいじめられていた。そんなある時、魔物との戦争が行われるということで、私たちの家にも大量のポーションづくりの指示が出された。私たち三姉妹も朝から晩まで必死にポーションを作り、それらの納品を行った。そんなとき、私の作ったポーションの評判が滅茶苦茶良くて姉たちのポーションは最悪な評価を受け……。
24hポイント 852pt
小説 1,452 位 / 87,209件 恋愛 703 位 / 23,006件
文字数 43,464 最終更新日 2020.10.09 登録日 2020.09.15
6
恋愛 連載中 短編
17歳のレミュラはスキルで回復薬であるポーションを作ることが出来る。 その能力は貴重で、宮殿内でポーションメーカーとしての仕事を与えられていた。 その功績は公爵との婚約が出来るまでになる。しかし…… 「平民のお前と結婚などやはりあり得ない。ポーション精製についても、調合で補えるのでお前はクビだ」 と、婚約破棄の上に宮殿からも追放されてしまった。 彼女は仕方なく城下町でポーションを販売することにした。 これが大成功を収め、知り合いだった王子殿下も彼女の噂を聞きつけてやってきた。 公爵に婚約破棄はされましたが、彼女の未来は明るいようです。
24hポイント 681pt
小説 1,753 位 / 87,209件 恋愛 837 位 / 23,006件
文字数 41,440 最終更新日 2020.10.09 登録日 2020.08.01
全ての生命に対し発動する絶対の定め、"レベルキャップ"が存在する世界。 四大貴族家の一角、リンデルハイム家に生まれた末男、クラインは幼い頃より将来を嘱望されていた。 だが15才の誕生日、成人の儀を迎えたクラインの頭の中に声が響く。 『レベルキャップに到達しました、これ以降の能力上昇はありません』 何とクラインは、レベルが上がらぬままにレベルキャップに到達するという前代未聞の落ちこぼれだった。 現当主の父は激怒し「お前などリンデルハイム家にふさわしくない」とクラインを追放する。 流浪の身になったクラインは、討伐パーティーのポーション奴隷に身をやつしていた。 ある日、そのパーティーからも用なしだと追放され、手負いになった荷役奴隷の猫獣人クロネと一緒に置き去りにされてしまう。 せめてクロネの痛みだけでも取ってやろうと、最後のポーションを作ったその瞬間、クラインの脳内にファンファーレが鳴り響いた。 『レベル0のまま、他人のためにポーションを100万本作成の条件を達成。特殊職能"ポーションマスター"に覚醒しました』 覚醒したスキルは『どんな高位ポーションでも瞬時に作れる』という恐るべき能力だった。 クラインはその力に震えた――この力があれば全て取り戻せるんじゃ⁉
24hポイント 319pt
小説 3,212 位 / 87,209件 ファンタジー 814 位 / 24,906件
文字数 203,231 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.07.29
8
恋愛 完結 長編
「結婚しようか」 「……は?」 伯爵家のご令嬢イサーラにはある悩みがあり、それゆえに婚約破棄されてしまった過去があった。 しかし聖女の残したポーション薬学と出会い、イサーラは救われた。 以後ポーション研究に没頭していたが、ある日、やたらと美形に育った幼なじみ(初恋相手にして失恋相手)にとんでもないことを言われ…? 結婚なんてありえないと断る令嬢と、斜め上の言動で押し迫る幼なじみとのずれた攻防戦。 ※「小説家になろう」にも掲載。 ※11/25メインタイトル変更(旧題「ご令嬢は今日も研究に夢中。」)、3/26タイトル変更(旧題「研究したい令嬢、結婚したい幼なじみ。~求婚はポーション一個分より重くなってから」)
24hポイント 312pt
小説 3,305 位 / 87,209件 恋愛 1,469 位 / 23,006件
文字数 39,284 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.11.24
9
恋愛 連載中 短編
【ポーション製造】のスキルを活かし、冒険者パーティの支援役として活躍していたリーシャ。 女癖の悪いリーダーからの求愛を断ると、彼の逆鱗に触れ、理不尽にも追放されてしまった。他のメンバーも彼女を嘲笑うだけで、助けることはしなかった。 その後は自らのスキルで薬屋を経営することになる。さらに、【ポーション製造】はレベルアップしていき、より効果の高いハイポーションの製造や、毒や暗闇などを回復するポーションまで製造可能になっていった。 リーシャの店は繁盛していき、店員も増え、高名な冒険者からの勧誘なども出てきた。 お店経営にて生まれる出会い……それは次第に恋愛へと発展していくことになる。 一方で、リーシャを追放したパーティは後方支援を失い、後悔していくことに……。
24hポイント 213pt
小説 4,444 位 / 87,209件 恋愛 1,919 位 / 23,006件
文字数 31,966 最終更新日 2020.08.31 登録日 2020.07.24
 事故で親を失ったアーキは親代わりのギルド長から酷い扱いを受けていた。  アーキは日没寸前にもかかわらず薬草を採ってこいと言われ森に入るが迷ってしまう。  夜の森で見かけたのは幸運が100倍になる輝く果実『幸運の実』であった。  果実を食べ幸運の上がりまくったアーキは錬金を成功しまくり一流の錬金術士に成長し、ギルド長に鉄槌を下す。  だが、使ってはいけない隠しレシピで錬金をしているのが国にバレ、衛兵に捕まってしまい……。  これは後に最強賢者と呼ばれる錬金術士が、幸運だけで成り上がる物語である。
24hポイント 163pt
小説 5,169 位 / 87,209件 ファンタジー 1,291 位 / 24,906件
文字数 53,947 最終更新日 2020.11.30 登録日 2020.10.25
11
ファンタジー 連載中 長編 R15
ヴィーノは所属するA級パーティの仲間から最弱、無能、雑用係として罵られ生きてきた 最底辺職、アイテムユーザーの役割はポーションの調合と配給のみ 戦闘の役に立たないアイテム係は不要と罵られ、最後はS級モンスターの囮にされてしまう だがこの事件が、パーティーはおろか本人も気づかない才能に気づかせるきっかけとなったのだった 反面彼を追い出したA級パーティはポーションの恩恵なしにはこれまで通りの活躍ができず……? 本気でまっすぐ投げれば魔獣の頭を跳ね飛ばし、変化をさせれば仲間の口の中にポーションを注ぎ込み支援をする 集団戦ではポーションミサイルが敵陣を崩壊させていく これはポーションこそが最強の武器であるという伝説を作った男の物語である。 ※タイトルの160km/hは豪速球をイメージした感じです。ファンタジー世界だともっと速い描写としています。 ※小説家になろうでも投稿中です。
24hポイント 142pt
小説 5,495 位 / 87,209件 ファンタジー 1,356 位 / 24,906件
文字数 191,615 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.04.25
異世界に妹と別々の場所へと飛ばされました。 唯一使える鑑定魔法を頼りに妹を探す旅を始めます。 ですがどうにも、私の鑑定魔法って、ちょっと他の人と違うようです。 【鑑定結果〇〇続きはWEBで】と出るんです。 続きをWEBで調べると、秘伝のポーションのレシピまで表示されるんです。 なんだか、もふもふ奴隷さんに懐かれてしまったのですけど、奴隷とか無理ですごめんなさいっ。 尻尾ふらないでぇ!もふもふもふ。 ギルド職員に一目置かれちゃったんですけど、私、普通の接客業ですよ? *無自覚の能力チート+日本人の知識無双で、時々プチざまぁしつつの、もふもふスローライフ?*
24hポイント 99pt
小説 6,717 位 / 87,209件 ファンタジー 1,565 位 / 24,906件
文字数 134,116 最終更新日 2019.12.06 登録日 2019.07.03
田舎の農村で口減らしの為に町へ奉公に出ることになったシャルは、とある薬屋で働くことになった。 そこでひたすらにポーションを作り続けていたら知らないうちに効き目の良さが噂になり、いつしか聖女のいる薬屋と呼ばれるように。 平穏な日々を守るためにもシャルは努力を続けるのだが……。
24hポイント 63pt
小説 8,442 位 / 87,209件 ファンタジー 1,901 位 / 24,906件
文字数 30,776 最終更新日 2020.03.21 登録日 2019.04.26
14
ファンタジー 連載中 長編 R15
 「あなた、女神様見習いになったからぁ。じゃあよろしくね~」    大学生の葉月衣奈(はづきえな)  大学に向かう途中だったのに突然異世界で女神見習いとして降臨ですか!?    え? 元の世界に戻れるかは不明?  ……神様って他にも降臨するの!?  こうなったら、まったりのんびり自由に生きてやるんだから!  のんびり生活しようと頑張っても何故かせっせと働いてしまう……そんなお話になる予定です。       ○*○*○*○*○*○*○*○*○*○  投稿初心者です。つたない部分もあると思いますが温かい目で見ていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。  ※1話約2000〜4000字程度です。  ※R15は念のためです。  ※ストック不足につき不定期更新になります。
24hポイント 56pt
小説 8,950 位 / 87,209件 ファンタジー 1,998 位 / 24,906件
文字数 335,825 最終更新日 2020.07.15 登録日 2019.08.03
15
ファンタジー 連載中 長編 R15
なんの変哲もない街の、はずれのはずれにある小さなパン屋。 それはごくありふれているのだが、街はずれにあるのにいつも行列が絶えないことで街の中では有名。 艶々の黒髪、パンのように白い肌と桜色の唇に愛嬌のある笑顔。そのパン屋の店主はとても可愛らしい少女!……のように見える男性でした。 だが、彼の作るパンは何故か薬効と補正がつくことで、店主同様に人気があった。 *『異世界で男の娘が癒しのパン屋を開いています!〜何故か、パンに補正効果が付いている〜』を下地にさせた新作です。 *登場人物名は同じでも、性格などが違うこともあります。ご了承ください。
24hポイント 35pt
小説 11,583 位 / 87,209件 ファンタジー 2,467 位 / 24,906件
文字数 219,407 最終更新日 2020.06.19 登録日 2018.07.01
16
ファンタジー 連載中 長編 R15
 目が覚めたら……「知らない天井だ」ってこれ何度も読んだことあるよ! 全く死んだ記憶のない永中 巡は“チェレスティーナ”として第二の人生を生きていた。行き倒れてたけど。記憶もところどころないけど。 この世界は夢にまで見た剣と魔法の世界だけど、いや待って、私文系だから力はないし知識もないし技術開発も魔法開発も無理だよっ! と思っていたらなんとこの世界には錬金術が。よーし、それならポーション作りまくってお店開いて、ゆるゆる楽しいスローライフを送ってやる! 異世界でも金欠なんて聞いてないけど、仲間と一緒に頑張るよ! *ノベルアップさん、小説家になろうさんでも連載しています。
24hポイント 21pt
小説 14,529 位 / 87,209件 ファンタジー 3,067 位 / 24,906件
文字数 92,240 最終更新日 2019.08.28 登録日 2019.08.04
次緊急時でもないのにポーション瓶背中に投げつけたら婚約破棄パーティ追放な」  愛する婚約者に理不尽な条件をつきつけられる可哀想なポーション士の私。 でも婚約者のジュリオの事は愛しすぎて限界突破の上限突き抜けて愛してるから我慢してあげる。  あ、ジュリオがにこにこうさぴーに齧られてる。大変、緊急時よ。 私はジュリオの背中にハイポーション瓶(lv84)を投げつける。  「ヴィオラ、お前に婚約破棄パーティ追放を告げる」  パーティのジョブレベルが10程度なのにポーション士レベル41の私は引く手あまたなはずと 新しい仲間を探すが 「ポーション士自体コスパ悪いのに、コスパ感覚ないポーション士なんていらねぇよ」 「"100カッパーポーション士"なんて、誰が仲間に入れるか」 とどこにも必要とされなかった。 実家に帰っても、妹ばかり褒められて愛されるし。  「カリーナを見習なさい。貴方が一日100カッパーしか稼がないのに、あの子は一日2万カッパーは稼ぐのよ」  ママは妹ばかり褒める。私のポーション士レベル42なんですけど。(また1レベル上がったよ)  それに比べて妹のカテーナなんて防具職人レベル18wざっ子w まぁ私のポーション士レベル42に上がっても利益は1カッパーも上がってないんだけれどね。  「家は防具屋だつってんだろうが馬鹿娘。 防具屋がポーション売ってたら、うちの防具じゃ身を守れませんって言ってるようなもんだろ」 パパは防具屋がポーション売ってたら縁起が悪いとか理不尽な事言われるし。  「お姉ちゃんポーション士向いてないからさ、私の下で防具職人やれば。 始めから一日8000カッパー出すよ。お姉ちゃんの今の日給の80倍スタートだよ」  防具職人レベル18の雑魚がポーション士レベル42様のお姉ちゃん様にに何言ってるのかしらこの馬鹿妹。  元婚約者はしょっちゅう地元に帰って来て「何やってんのお前ぇぇぇぇ」って言ってくるし 私は酷い扱いを受けてる実家を出るにも一日100カッパーしか稼げないし。 婚約破棄されてパーティ追放されてもとんとん拍子に上手く行かない私はポーション士のレベルだけはどんどん上がっていく。 "ポーション士レベル40到達最年少"の称号を持つ私は利益が一カッパーも上がらないままポーション士レベルの最年少記録を 一人で更新して行く。  最終的に私はレベル99ポーション士として伝説になったが、誰もパーティには入れてくれなかった。  振り返ってみると、愛するジュリオに婚約破棄されたのもパーティ追放されたのも 誰もパーティに入れてくれないのも私にもちょっと悪い所あったかな。 ジュリオも元仲間も改善するなら許してくれるって言ってたし、でも私には改善する気がなかったの。
24hポイント 14pt
小説 16,890 位 / 87,209件 ファンタジー 3,583 位 / 24,906件
文字数 1,345 最終更新日 2020.10.04 登録日 2020.10.04
18
ファンタジー 連載中 長編 R15
「ポルカ、お前もうこのパーティに必要ないわ」 ある日の朝、田舎からやってきたポーション職人の冒険者──ポルカに告げられた辛辣な言葉。ポルカはこの言葉を受け入れることはできなかった。 そのポルカの代わりには新人女回復師が加入した。 パーティメンバーからは、戦闘もろくに出来ずポーションしか作れないポルカに入る余地などないという。 パーティからは除名され、元パーティメンバーからは罵られ、挙げ句の果てには新人女回復師にも蔑まれる始末。 「わかったよ、僕はこのパーティから抜ける」 元パーティメンバーにそう告げると、ポルカは残酷な現実から気を紛らわそうとポーションの材料を買うためにおネエな店主の店に訪れる。 事情を説明するとおネエな店主は一冊の本を贈った。 その本にはなんと、異常な回復能力、自身を強化、相手を状態異常に陥らせるなどありとあらゆるポーションの作り方が記されていた。 これを読んだポルカは心に決めた。 ──この本を使って誰にも負けないポーション職人になろう。そして、自分を追放した奴らを見返してやる。 ※なろうにも先行公開中
24hポイント 14pt
小説 16,890 位 / 87,209件 ファンタジー 3,583 位 / 24,906件
文字数 15,880 最終更新日 2020.09.06 登録日 2020.09.02
ボクは朝食を食べたかっただけなんだ! こんな、死神を呼ぶはずじゃなかった!! 生ける図書館とまで言われる賢者。その飼い犬であるリュエルは遂に盛大にやらかしてしまった……。 それは優しいご主人すら許容出来ないもので……!?
24hポイント 14pt
小説 16,890 位 / 87,209件 ファンタジー 3,583 位 / 24,906件
文字数 2,844 最終更新日 2019.08.17 登録日 2019.08.17
【※旧版です。ど下手注意】 俺の特殊能力、これが微妙過ぎまして…… * 連載中の『毒手』の旧版です。別物です。 他サイトにて完全趣味・落書きのつもりで書いて、初めて完結させた作品なので、本当に恥ずかしいですが……。お手柔らかにお願いします。
24hポイント 7pt
小説 19,952 位 / 87,209件 ファンタジー 4,545 位 / 24,906件
文字数 139,430 最終更新日 2018.05.07 登録日 2017.07.07
あたり一面、火の海と化した森。そんな地獄絵図が広がる世界を、純白のローブを身にまとった一人の少女が走っていた。その少女の名は「エレリア」。彼女は何か脅威から追われるように、命からがら森を駆け抜けていた。敵の魔法で身体が傷つけられようが、煙で肺が焼けつこうが、それでも彼女は必死に逃げ続けた。 そして目が覚めた時、そこは知らない部屋の中だった。ベッドの匂い、部屋の空気、窓に広がる景色、壁に貼られた写真、すべてにおいて心当たりがない。そこで彼女はあることに気づいた。「…私は、誰?」。 記憶を失ってしまったエレリア。果たして彼女は何者なのか。そして、彼女の記憶に隠された世界の命運を決める鍵とは一体どういう意味なのか。 陰謀うごめくエメラルシアの大地で巻き起こる、エレリアとその仲間たちの日常と冒険の物語。 私が好きな要素をすべて詰め込んだ作品です。 素人の作品ではありますが、ぜひお暇な時にでも読んでいただけたら幸いです!! ※投稿は不定期です。よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 87,209 位 / 87,209件 ファンタジー 24,906 位 / 24,906件
文字数 262,695 最終更新日 2020.11.18 登録日 2020.10.04
異世界転移したら、スキルは毒手でした。 戦闘よりかは総合的に強い。地味に調合スキル付き。 採取に冒険に内政まで。 王国の問題だってポーション作って解決だ! ※ 世界史から展開のヒントを得ている箇所があります。 今日web上に異世界ものが無数にある状況で、同じく世界史ベースで同じような展開を含む先行作品様が万が一あるかもしれません。 誤解なきよう、展開を思い付くヒントになった歴史関係の本は、今後概要欄に参考文献としてできうる限り挙げさせていただきます。
24hポイント 0pt
小説 87,209 位 / 87,209件 ファンタジー 24,906 位 / 24,906件
文字数 29,174 最終更新日 2020.06.21 登録日 2019.07.05
魔法が存在し、様々なことに魔力が用いられている世界。 その世界において、ポーションは不味いものの代名詞だった。 これは、ポーションより不味いものはないと言われる世界で、ポーションに革命を起こす青年と少女の物語。 ※「小説家になろう」でも掲載中
24hポイント 0pt
小説 87,209 位 / 87,209件 ファンタジー 24,906 位 / 24,906件
文字数 7,552 最終更新日 2019.02.04 登録日 2019.02.04
24
ファンタジー 連載中 長編 R15
平凡な高校生の俺は、異世界に転生しました。 貴族の子供に生まれ変わりました。 なんと、学校に通うことになりました。 前世の力も使いながら頑張ることにしました。 ――――― ゆっくり、気長に読んでいただけるとうれしいです。 不定期ですが、お願いします。 他の投稿サイトでもあげています。
24hポイント 0pt
小説 87,209 位 / 87,209件 ファンタジー 24,906 位 / 24,906件
文字数 19,840 最終更新日 2018.10.26 登録日 2018.10.14
25
ファンタジー 完結 ショートショート
ある世界のある時代。 少女は一人、旅に出る。 それは己の婿を探す旅。
24hポイント 0pt
小説 87,209 位 / 87,209件 ファンタジー 24,906 位 / 24,906件
文字数 6,847 最終更新日 2018.04.26 登録日 2018.04.26
25