主人公最強ではない小説(外部サイト)一覧

タグ 主人公最強ではない×
4
十四歳の少年マキトは、目が覚めたら異世界に飛ばされていた。 魔法と魔物と人間以外の種族が存在するこの世界で、マキトは一生暮らしていくことを決意する。 マキトに秘めている資質は、人間が唯一、魔物と心を通わせることができる魔物使い。 これ以上ないくらいに望ましい資質だとマキトは思った。 魔物使いが世間的にもっとも見下されている資質であることを知りながらも、特にマキトは気にすることもなく、今日も魔物や仲間たちと歩き続ける。 これは、マイペースで魔物に好かれやすい少年の、異世界を渡り歩く旅物語――――。 ※全百五十五話、完結済みです。
24hポイント 21pt
小説 1,140 位 / 19,440件 ファンタジー 497 位 / 7,535件
登録日 2018.09.25
oc
手違いの転生(転移)なのでチートは貰えなかったのに、チートを貰っていた。
24hポイント 2pt
小説 3,622 位 / 19,440件 ファンタジー 1,282 位 / 7,535件
登録日 2019.03.07
この作品は「アルファポリス」では外部URL登録で公開しております。 「小説家になろう」以外のサイトに掲載されている物は無断転載です。
24hポイント 0pt
小説 19,440 位 / 19,440件 ファンタジー 7,535 位 / 7,535件
登録日 2018.07.12
K.K
初投稿作品になります。拙い文章ですが、よろしくお願い致します。 【大まかな内容】 ひょんな事から剣と魔法のファンタジー世界に飛ばされてしまった主人公【美空 流星】は、異世界現地民の優しさに触れながら人々の願いを叶えていきます。 異世界知識も無く、魔法も使えない彼はゆっくりと成長していきます。 できる限りのお手伝いをしながら、時には危険にも立ち向かい冒険をして元の世界へ帰る方法と記憶の中の女性を探します。 突飛したチート能力やハーレム要素、主人公最強等の内容ではありませんが、あまり悪い人の出てこないゆっくりとした異世界での生活を書ければと思っています。 【あらすじ】 「流星は人の願いを届けてくれる、願いが強ければ強いほど、どれだけ遠くても…必ず。」 日常生活を謳歌していた「美空 流星」はある日、史上最大の流星群が訪れるというニュースを見る。 普段ならば気にも留めないはずの内容だが、彼は過去の出来事を思い出していた。 名前も知らない、自分の流星という名前を綺麗だと言ってくれた女性。 そして彼女に願いを届ける人間になって欲しいと言われた事。 その瞬間、彼の中に眠っていた不思議な感覚が目覚める。 訳も分からないまま、彼は流星群を見に来ていた。 彼は願う、あの女性に、自分の名前を綺麗だと言ってくれたあの人にもう一度会いたいと。 もう一度会う事が出来たなら、何かがわかるかもしれないと。 気が付けば彼は見知らぬ地に立っていた。 小説家になろうに登録中
24hポイント 0pt
小説 19,440 位 / 19,440件 ファンタジー 7,535 位 / 7,535件
登録日 2019.03.12
4