転移の女神小説一覧

タグ 転移の女神×
1
 時空間(ときくうま)は、中学を卒業し、高校入学までの春休みを自宅で、過ごしていたが、スマホゲームをしている最中に、自分が、座っている床が、魔方陣を描いた。  時空間(ときくうま)は、「これは、ラノベでよくある異世界召喚では」と思い、気分を高揚させ、時がすぎるのを待った。  そして、いつの間にか、周りには、数多くの人達がいた。すぐに、この空間全体から、声が聞こえてきた。 「初めまして、私は、転移を司る女神です。ここに居る皆様を異世界に転移させたいと思います。ただ、ひとつの異世界だけでなく、皆様が、全員、異世界に転移出来るように数多くの異世界にランダムで、転移させて頂きます。皆様には、スキルと異世界の言葉と読み書きできるようにと荷物の収納に困らないように、アイテムボックスを付与してあげます。スキルに関しては、自分の望むスキルを想像して下さい。それでは、皆様、スキルやその他諸々、付与できたようなので、異世界に召喚させて頂きます」 「それでは、異世界転移!」 「皆様、行ったようですね。私も仕事に戻りますか」 「あの~、俺だけ転移してないのですが?」 「えーーーー」 女神が、叫んでいたが、俺はこれからどうなるのか? こんな感じで、始まります。
24hポイント 7pt
小説 19,614 位 / 80,252件 ファンタジー 4,561 位 / 23,078件
文字数 13,641 最終更新日 2020.06.17 登録日 2020.02.18
1