大正バブル小説一覧

タグ 大正バブル×
2
 萩原兵衛は、人当たりは優しく力持ち義理人情にあつい男。家は貧しく商店に奉公に出た。時は橫浜開港の直前、激動の時代の前夜。橫浜に行く途中、休憩した茶屋で時代の中山清兵衛に認められ中山屋で働いた。その後、英語習得のためJM商会で働く洋行した日本人、吉崎に英語を学ぶ。その後、原善三郎の亀屋へ再就職。生糸商売を開始。JM商会の天才実業家の吉田健三と出会う。才能のある人は命短く去って行く。 アルファポリスの重複投稿中。
24hポイント 0pt
小説 83,382 位 / 83,382件 歴史・時代 1,073 位 / 1,073件
文字数 27,822 最終更新日 2020.05.29 登録日 2020.05.24
 塚田守は川越の廻船問屋に生まれ、東大工学部に合格。大学1年の時に頭痛で病院を受診、脳腫瘍が見つかり放射線治療。治療時、何かが頭に浮かびメモした。後日メモを見て父が株投資で成功。そして家庭教師のバイトで生活。常連の喫茶店で主人が交通事故で亡くなる場面に遭遇、その後、結婚。株投資で財をなし海外旅行でポルトガルの永住権を取りクルーザーヨットを買い子供達を教育。再び、妙な映像が頭に映った・・・。 是非、本編を、ご覧下さい。この小説はカクヨムと小説家になろうに重複掲載。
24hポイント 0pt
小説 83,382 位 / 83,382件 経済・企業 227 位 / 227件
文字数 50,451 最終更新日 2020.05.06 登録日 2019.01.29
2