少年と熟女小説一覧

タグ 少年と熟女×
7
    古典×エロ小説という無謀な試み、久々の復活(笑)  今回は私の大好きな根岸鎮衛(ねぎし やすもり)の随筆「耳嚢」からの翻案です。   下級旗本(町人という説も)から驚異の出世を遂げ、勘定奉行、南町奉行にまで昇り詰めた根岸鎮衛(1737~1815)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」  世の中の怪談・奇談から噂話等々、色んな話が掲載されている「耳嚢」にも、けっこう下ネタがあったりします。  その中から第九巻に掲載されている「老婦密通奇談の事」というお話を大胆にも「エロ小説」に翻案してみました。  このお話、町人達とも気さくに話し、江戸中の様々な話題を収集していた鎮衛が、人から聞いた話を書き綴ったもので、鎮衛自身もこの話を一種の「笑い話」として捉えている節があります。  裕福な札差の妻が、丁稚として抱えた貧しい少年を溺愛し、それが昂じて「密通」(不倫)したというもの。  当時、不義密通(不倫)は天下のご法度!密通をした男女ともに「死罪」!さらには夫が妻の密通相手を殺しても罪に問われなかったというスゴい時代だったのですが、「南町奉行」・・・江戸の司法と行政の長、いわば「裁判官」の鎮衛さんが、こんな少年と熟女のデンジャラス過ぎる不倫話をサラリと「笑い話」として紹介している点がとても面白いです。  ・・・・よほどサバけた人柄だったのでしょう(笑)  エロ小説化するに当たり・・・テーマとしては例によって(!)「少年と熟女」となりました!  まあ、いつもの事です(笑)  【登場人物】  ●お照 (三十四歳)  裕福な札差「近江屋」の内儀、慈悲深く優しい◯供好きとして知られている。  ●伊左衛門(三十八歳)  札差「近江屋」の主人。  ●「鶴松」本名 鶴吉(◯◯歳)    早くに母を亡くた子沢山で貧しい町人の倅  近江屋の丁稚となりお照に可愛がられる。  原典 根岸鎮衛:著 「耳嚢」第九巻「老婦密通奇談の事」より翻案。
24hポイント 191pt
小説 6,614 位 / 143,835件 歴史・時代 83 位 / 1,675件
文字数 25,342 最終更新日 2021.05.08 登録日 2021.04.25
2
ファンタジー 連載中 短編 R18
 【お手軽抜きSS】女王リュディアの淫涙 ~衆人監視の中、娘の許嫁に貫かれる女王様~  ・・・に続く、「チラシの裏」どすけべファンタジー第二弾。  例によって、ふと思いついたやらし~妄想を垂れ流して書いています・・・。  書き溜めもしておらず、行き当たりばったりなので何話完結かは作者にも不明です。  ・・・完結しないかもしれません(汗)  他にも絶賛放置中のものもありますので、そちらを先になんとかしたいと思ったり・・・。  何もかもがユルユルですが、気まぐれにお付き合いください。  【登場人物】    ●女王アレクシア(37歳)   超大国ロシュニア王国の女王。  金髪の長い巻き髪と整った美しい顔立ち、豊満な肉体が男性を魅了する美女。  その美貌とは裏腹に、殿下の死後、隣国への侵略など好戦的で高慢、強欲な面を見せる。  店では「ロレーヌ」という源氏名を名乗っている。  ●アラミス・ユペール(〇〇歳)  ロシュニア王国陸軍近衛師団、見習い准尉。  弱小貴族の三男で、一旗揚げる為に元服と同時に軍に入隊。  その初陣でとんでもない事件に巻き込まれる。  ●ヴァネッサ(35歳)  黒髪が美しい侍女長、高慢で気難しい女王に忠実に仕える優しい女性。  女王にかけられた呪いを解くために知恵を出す。  城下にも知り合いが多く、以外と「遣り手」な一面も持つ。  ●エウディケ(700歳?)  ラルブロッサ山に住む魔法、その正体は誰も見たことがない恐ろしい魔女。  たまに人や家畜を攫ってゆく等の悪さをするが、呪いを怖れる各国の王達は見ぬ振りをしている。  膨大な財宝を所持しているとも伝えられている。  【あらすじ】  大小の都市国家群が群雄割拠するルーデリア大陸。  そのほぼ三分の一を占める大国、ロシュニア王国の女王アレクシアは、700歳の魔女エウディケが持つと言われる膨大な財宝に目が眩んで「魔女征伐」に出るが、逆に魔女に呪いをかけられてしまう。    「お前の、その高慢で欲にまみれた真実の姿を千人の民の目で見てもらうがいい・・・それまでは淫欲の炎に身を焼かれ続けよ・・・」  寝ている時も起きている時も、収まらない肉欲に身体が疼き続けるという恐怖の呪い・・・。  女王アレクシアがその恐ろしい呪いから逃れるためには、千人の目の前で性行為をしなければならないのだ。  侍女長ヴァネッサの発案で、夜な夜な身分を隠し、顔を覆い、場末の地下劇場でアラミスと共に、粗野な男達の前で淫らな「セッ〇スショー」の舞台に立つ女王。  美しい高慢女王は、大勢の男達の前で若いアラミスのペ〇スに貫かれ、無様なイキ顔を晒す「女王娼婦」に堕ちてゆくのだった・・・・。  
24hポイント 156pt
小説 7,511 位 / 143,835件 ファンタジー 1,486 位 / 34,646件
文字数 261,340 最終更新日 2021.04.01 登録日 2020.08.17
   ストーリーらしいストーリーは皆無!(これはいつもの事ですが)、まさにチラシの裏!  数話完結の「抜き抜き」SS(ショートストーリー)  ※これを書いている時点で既に六話、14,000字・・・「ショートストーリー」ではない気がしてきました(笑)  【追伸】最終的に、二十六話+α、64,000文字で完結となりました、「SS」の影も形もありません。  とりあえず、頭の中にムラムラと浮かんだ「やらし~妄想」を濁流のように書きなぐってみました。  美しいランデール王国の女王リュディア・・・・36歳。  一人娘のアレッタ姫が年頃になり、許嫁だった隣国「ロシュノール」の王子、パリエルとの婚約の儀を催します。  大勢の国民や貴族達が出席するその祝福の宴に、一人の「魔力者」が姿を現します。  20年前の反乱に破れ、王宮の地下の「封印の間」で凍結刑にされていた魔力者ロミア・・・彼女が結界を破って復活し、祝宴の席に現われたのです。  その強力な魔力で、女王リュディアは衆人環視の中、全裸にされて辱められます。  ・・・そして、娘であるアレッタ姫の婚約者である、〇〇歳のパリエル王子と大勢の前で・・・。  アレッタ姫や、国民の視線を一身に受けて、次第に「メスとオス」に堕ちてゆく36歳の女王リュディアと〇〇歳のパリエル王子・・・。  ・・・・ふぅ(賢者タイム)  オチ無し、意味ナシ、ヤマ無しですがお気軽にお愉しみください。
24hポイント 85pt
小説 10,769 位 / 143,835件 ファンタジー 1,971 位 / 34,646件
文字数 71,287 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.08.08
4
大衆娯楽 完結 短編 R18
 突然始まった短編連載!  色々書き散らかしているのに、更に新シリーズかよ・・・と自分でも思いますので(笑)とりあえず集中してある程度書き溜めてからの掲載としました(汗)  まだ完結していなのがイヤな予感・・・いや、絶対完結させますから!  (令和3年3月1日追伸:全20話でハッピーエンド完結となりました!奇跡だ!)  「僕の飲精女神様」・・・・◯◯川で川鵜がダイビングしているのをボ~ッと眺めている時にふと思いついた、このドスケベなタイトルから話を組み立てました。    こういうオートソックス(?)な「少年と熟女モノ」、新鮮味はないけど、書いていて楽しいです。  短編(ほんとか?)ですのでお気軽にお読みください。  【すぺしゃる♥さんくす】  ★川鵜くん  水空両用のスゴいヤツら!ゼーゴックかよ・・・  ★アーニョロ・ブロンズィーノ(1503~1572)  イタリアの画家、この小説の表紙に使った「愛の勝利の寓意」(愛の寓意、愛のアレゴリーとも)を描いたヒト。  この絵、私がこの世で最も好きな絵画です。  ちなみに、この女の人は愛の女神様「ヴィーナス」、少年は「キューピッド」    ★「Marco Garau's Magic Opera」  イタリアのシンフォニックメタルバンド。  新作アルバム「The Golden Pentacle」はホントスゴい!  特に二曲目の「Elixir Of Life」(エリクサー・オブ・ライフ)は神曲!  本作は、このアルバムをほとんどエンドレスで聴いて書き上げました(笑)  【登場人物】  ●皆藤 潤(かいとう じゅん)◯◯歳  小柄で華奢な美少年。  学校の成績は良い真面目少年だが、運動はからっきし駄目。  父は大学教授  ●児玉 春美(こだま はるみ)37歳  身長153センチのぽっちゃりグラマー美熟女。  明るく社交的で良い母親だが、実は美少年フェチ・・・少年の精液が大好物。  広◯代理店の夫の収入が良いため、専業主婦。    ●児玉 瑠璃(こだま るり)◯◯歳  潤の「元カノ」  ブラスパンド部に所属している活発な少女、明るくて姉御肌。  小柄で運動が苦手でどこかナヨッとしている潤をフッて学校一の人気者、サッカー部の主将、岡崎勇斗に乗り換えた。
24hポイント 71pt
小説 12,087 位 / 143,835件 大衆娯楽 209 位 / 4,620件
文字数 57,149 最終更新日 2021.03.27 登録日 2021.02.22
    「可愛い双子淫魔(ツイン・インキュバス)」 ~慈母女王ソフィアのピンク色の吐息~  「チラシの裏」どすけべファンタジー・シリーズ、第三弾!(いつの間にシリーズに・・・)  トイレでボ~ッとしている時やブルータル・デスメタルを聴いている時などに、ふと思いついたヤラシ~妄想を何も考えずに(考えても同じですが)キーボードに叩きつける、脳味噌蕩けるエロエロとろとろファンタジー。  例によって、何話構成とか、どういう展開とかは一切判りません(完結しないかも)  ・・・・いつもの事ながら恐縮です。  【R2.11.28追記:全五十六話+αで完結しました!・・・奇跡です】    テーマは・・・・「少年と熟女」!シンプル・イズ・エロ!  国民からも慕われる、慈悲深く優しい女王様が、双子の亡命王子に「堕とされて」ゆきます・・・。  いつもよりトロトロ甘々、ハニー展開かもしれません。  【Special Thanks】  本作の原案・ストーリー展開で、虎のじゅうぞう(torano13)様にインスピレーションを頂きました!  虎のじゅうぞう様、有難うございました!  【あらすじ】  ゴート大陸の中央に位置する大国ランデルシアの女王様ソフィアは慈しみ深く、国民の間では「慈母女王」「国の母君」として慕われ尊敬されていた。  善政を行い、貧しい者には施しを与え、民の幸せを第一に考え、畑を開墾して国を豊かにし、他国とは和平で臨んでいる美しい慈母女王。  そんな「慈母女王」ソフィアが、ある時、近隣国同士で起きた戦争に敗北し国が滅んだために、ランデルシアに亡命してきた小国ルキニアの双子の王子を引き取る。  〇〇歳の可愛らしい双子の王子は、慈しみ深い女王の思し召しで王宮に引き取られ、家族のように温かく迎えられるのだった・・・。  【登場人物】  ●慈母女王・ソフィア(36歳)  大国ランデルシアの女王。  殿下を数年前に亡くした独身女王・娘のエリーザ(16歳)は、友好国に遊学中で、広い宮殿で寂しいながらも平穏な日々を送っている。  ●アルシュとロルシュ(〇〇歳)  ランデルシアに亡命してきたルキニア公国の双子の王子。  肩まである金髪が美しい紅顔の美少年。  一卵性双生児。
24hポイント 56pt
小説 13,713 位 / 143,835件 ファンタジー 2,410 位 / 34,646件
文字数 82,637 最終更新日 2020.12.27 登録日 2020.09.22
 トイレでボ~ッとしている時やブルータル・デスメタルを聴いている時などに、ふと思いついたヤラシ~妄想を何も考えずに(考えても同じですが)キーボードに叩きつける、脳味噌蕩けるエロエロとろとろファンタジー。   ・・・・第・・・何弾だか自分でも忘れました(笑)  今回のテーマは「触手」そして「エルフ」・・・「少年と熟女」なのはいつもと変わりません(汗)   【あらすじ】  千年に一人と言われる強力な魔力を持った、大妖術師・ヴォールカンによって魔界への門(ゲート)が開かれた。  異世界へと繋がる門から湧き出るように出現する恐ろしい魔物達。  正規軍だけでは対抗できない強力な魔物達との辛く長い戦い・・・・。  無尽蔵とも思える魔族の怪物達の侵攻に対し、各国は国民に対し「報奨金」を出して怪物退治を奨励した。  それに呼応して、主に平民達を主力として各地で結成されたのが、魔族を狩る非正規部隊・・・「私設討伐隊」(プライベート・パーティ)と呼ばれるものであった。  鍛冶屋の息子、○○歳のサージュも、少年らしい冒険心と好奇心で「私設討伐隊」に身を投じる。  ・・・しかし、初陣で「西の迷宮」に一人閉じ込められ、恐ろしい高等魔族「ヴィーラ」と「ゼィーラ」の双子の姉妹に捕まってしまうのであった。  彼女達の「宮殿」には、美しいエルフの女性・プラティーヌを始め、多数の女性が囚われていた・・・サージュと女性達の運命やいかに?  【登場人物】  ●サージュ(○○歳)  鍛冶屋の息子。  少年らしい無鉄砲な冒険心から、私設討伐隊に身を投じるが、初陣で「西の迷宮」の魔族の姉妹に捕まってしまう。  ●プラティーヌ(320歳)  西の迷宮に囚われていた美しいエルフの女性、人間で言うと32歳程度にあたる。  ●ラーナ(34歳)  ヒト族のウィーラ王国の女王、彼女もプラティーヌ同様、迷宮に囚われていた。  ●ヴィーラとゼィーラ  魔界からきた高等魔族の姉妹、西の迷宮のラスボスで、全身緑色の絶世の美女だが、腰から下が巨大な樹木の根のように数千本の触手となっている。  その姿はロングスカート履いた貴族の女性のようでもある。  
24hポイント 42pt
小説 15,984 位 / 143,835件 ファンタジー 2,784 位 / 34,646件
文字数 37,588 最終更新日 2021.02.06 登録日 2020.12.26
 様々な種族が混在して暮らしている、我々の住んでいる時間軸、空間軸とは異なるどこかの世界。  リュケメニス族の国「リュケメネア」を舞台にしたやらしいファンタジー!  前作「奴隷王ピュリア ~少年王との愛の記録~」・・・・の「第二部」となります。  舞台やメインキャラがガラッと変わっての「SM」寄り(?)の内容となっています・・・・。  冒頭は、前作の「悪役」侍女長クロミスと、彼女にイヂめられていたリュネが中心となるストーリーとなります。  小説の「看板娘」ならぬ「看板人妻」ピュリアとそのダーリン・パティアスくんは少し休養中!  (後半、あるいは別章で再登場するかもしれませんが未定)  城内での地位を利用して後宮の私物化を進め、少年王パティアスや王妃ピュリア、そして若い侍女達を性の奴隷にしていた侍女長クロミス。  ・・・しかし、その悪事に鉄槌が下される日が来たのでした。  城内で影響力を有するクロミスの出身家「カドモス家」、それと結託した摂政・テレゴノス一派の城内での権力私物化、侍女達への虐待、王室財産の横領等に対し、王家に忠誠を誓う秘密騎士団「ミシレ騎士団」と有力貴族「ランズ家」を中心とする王家派が協力して粛清を決行します。  城内で「女帝」として君臨し、自らのサディスティックな性癖を満たしていた侍女長クロミスも捕らえ、国境付近のラケシス砦に幽閉されて、調子に乗って過去に城内で虐待していた侍女・リュネからキツ~い「おしおき」を受けるのでした・・・・。    リュネこそが、今回の粛清劇の中心的に役割を担った、王家派「ランズ家」の子女だったのです。  リュケメニス族の女性には、人間の男性のペ〇スのような器官「牝茎」(ひんけい)があり、勃〇すると10センチ程度になる「牝茎」から、前立腺によく似た器官「性液腺」で造られる「無精液」を男性の射〇のように「射液」します。  「無精液」をすぐに「射液」してしまったり、その回数が頻繁な女性は「妊娠しにくい」という俗説があり、「早漏」王妃ピュリアは、イヂワルな侍女長クロミスから奴隷のようにツラい「教育」を受けるのですが、クロミス自身もリュネに同じ目に合わされてしまいます・・・まさに「因果応報」  第一部を読まなくても話は楽しめますが(基本エロなので)、一応ファンタジーとして作った設定と登場人物の「付録」は再編集のうえ掲載しております。  無論、いきなり本編から読み始めて全く問題ありません。  第一部とはちょっとカラーの違う「第二部」をお楽しみください!
24hポイント 42pt
小説 15,984 位 / 143,835件 ファンタジー 2,784 位 / 34,646件
文字数 72,851 最終更新日 2020.09.06 登録日 2020.05.24
7