ラブストーリー小説(外部サイト)一覧

タグ ラブストーリー×
2
ミレーネは自らの魔術に関しては誇りを持つ、凄腕の魔術師である。 市長付き魔術師として高給を取り、自身の知識をさらに増すために日々研究に打ちこんでいる。 魔術以外のことが全ておろそかになるほどに。 いつの間にやら、できあがったのは散らかり放題の汚い屋敷。 その混沌を何とかするために、使用人を雇うこととなった。 ちょっとした縁で知り合った、仕事はできるが目つきと口の悪い男。 自分は魔法以外何の取り柄もない、何の魅力もない魔術師だから、男の人と二人で一つ屋根の下で暮らそうが何の問題もない。 そう予測していたミレーネの生活は、あらゆる意味で変化した。 汚い家は片付いていくが、相対するように心はこんがらがっていく。 これは、気持ちを伝えることが下手な二人がおっかなびっくり手を伸ばす、不器用な男女のラブストーリー。
24hポイント 3pt
小説 2,857 位 / 19,516件 恋愛 1,189 位 / 5,064件
登録日 2018.02.28
2
恋愛 連載中 短編
あらすじ 5年前に誘拐された事によって 記憶障害になった陽乃は 学校にも行けずに執事と 日々を過ごす生活を送っていた。 一方で、陽乃の5年前の誘拐を 防げなかった後悔で陽乃に 忠誠を誓い、いつも側にいる 執事の暁斗は陽乃が記憶を 取り戻せないどころか、 自分と過ごした日常でさえも 記憶出来ずに忘れてしまう事に 苦しんでいた。 そんな中、暁斗の父である カメラマンの克哉から カメラを手渡される。そして、 父からある言葉を聞く事になる。 その言葉は「写真は記憶に残らない 物でも記録には残る。」と。 暁斗はその言葉に賭けて陽乃と 写真を通して失われ続けていく日々を 思い出として残していく事となった。 登場人物 西園寺陽乃(さいおんじはるの) 17歳の高校2年生。5年前にとある組織に 誘拐されてそのショックで記憶障害が 残ってしまった。その影響により、 昨日以前の記憶を思い出せずに 忘れてしまう後遺症がある。 学習能力面での記憶は問題無いが、 自身の記憶障害に失望して 学校には誘拐されて以降、 一度も通えていない。 執事の暁斗には、自身の誘拐が 彼に後悔を残してしまっている事を 悔んでおり、いつも一緒に居てくれる 事を申し訳なく思っている。 菅原暁斗(すがわらあきと) 22歳。5年前から陽乃の執事として 仕えているが、5年前の新米の頃に 陽乃の誘拐を防げなかった自分の 不甲斐なさに後悔し続けている。 その後悔から陽乃に生涯忠誠を 誓う事となった。 陽乃が日々失われていく記憶に 苦しんでおり、何とかして 彼女に歩んできた人生を 思い出として残したいと願っている。 父からカメラを受け取った事により、 写真を通して陽乃との思い出作りに 奔走する。 菅原克哉(すがわらかつや) 暁斗の父であり、有名なカメラマン。 暁斗が17歳の頃から執事をしている事を 暖かく見守ってる反面、暁斗が陽乃に 対して後悔を抱いている事を心苦しく 思っている。そんな暁斗に転機になればと、 カメラとある言葉を託す。
24hポイント 0pt
小説 19,516 位 / 19,516件 恋愛 5,064 位 / 5,064件
登録日 2019.10.04
2