ざまあ/ざまぁ小説一覧

タグ ざまあ/ざまぁ×
6
1
恋愛 連載中 短編
誰も愛せないはずの男のもとに嫁いだはずなのに、彼は愛を得た。 私とは違う人との間に。 愛されたいと願ったお飾り王妃は自らの人生に終止符を打ち――次の瞬間、嫁ぐ直前で目を覚ました。
24hポイント 447pt
小説 2,934 位 / 125,094件 恋愛 1,344 位 / 35,746件
文字数 23,750 最終更新日 2021.07.01 登録日 2021.06.03
公爵令嬢である私シルア・アリュシオンはアドラント王国第一王子クリストフと政略婚約していたが、私だけが精霊と会話をすることが出来るのを、あろうことか悪魔と話しているという言いがかりをつけられて婚約破棄される。 しかもクリストフはアイリスという女にデレデレしている。 王宮を追い出された私だったが、地水火風を司る四大精霊も私についてきてくれたので、精霊の力を借りた私は強力な魔法を使えるようになった。 そして隣国マナライト王国の王子アルツリヒトの招待を受けた。 一方、精霊の加護を失った王国には次々と災厄が訪れるのだった。 ※「小説家になろう」「カクヨム」から転載 ※3/8~ 改稿中
24hポイント 134pt
小説 7,071 位 / 125,094件 ファンタジー 1,460 位 / 32,260件
文字数 82,569 最終更新日 2021.03.11 登録日 2020.07.06
3
恋愛 連載中 短編 R15
 大気を清める力を持つ巫女のアルゼはある日、婚約者の第二王子から婚約破棄を言い渡され、城から追い出される事になってしまった。  その原因は周囲の鉱山から放出される毒ガスによって汚染された大気を洗浄出来る魔導具が登場し、それによって巫女の存在が不要な存在になったためだ。  一瞬にして婚約者も職も失ったアルゼは巫女になる前まで住んでいた故郷へ帰り、農家としてのんびり暮らすことに決める。    一方その頃、城では魔導具が巫女の力より圧倒的に劣る事が判明して――
24hポイント 56pt
小説 11,407 位 / 125,094件 恋愛 5,046 位 / 35,746件
文字数 3,955 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.07.24
4
恋愛 完結 長編
カイル・ロックウェルはクロム王国の王太子であったが、今現在辺境の地『モリス』で魔獣を狩る生活をしている。何故王太子である彼がこのような地に追いやられているのか人々は噂したが、辺境伯の娘であるシャノンは特に気にせずにカイルに接してくれていた。ある日モリスに王都から突然使者がやってくることになる。いったい王都で何があったのかたずねるシャノンにカイルは「俺は他の女性にうつつを抜かして婚約者をないがしろにし、難癖をつけて婚約破棄を言い渡した」と告げた。そしてやって来たジェイミソン侯爵はカイルの元婚約者、ホリィ・ゴールズワージー公爵令嬢の今の恋人で、カイルに王太子の座を降りろと要求してきたが……。『小説家になろう』『カクヨム』にも投稿しています。
24hポイント 21pt
小説 18,874 位 / 125,094件 恋愛 7,999 位 / 35,746件
文字数 37,740 最終更新日 2021.09.13 登録日 2021.08.31
 主人公レイの成り上がりと、スライムとの絆、そして彼を追放したギルドの没落を描いた物語。  レイ・パラッシュは9999の莫大なMPを持つが、<魔力付与>と<魔力の盾>、二つの初級魔法しか使えない底辺魔術師。  デポルカの街、最高ランク魔術師ギルド【高潔なる導き手】に所属はしているものの、攻撃魔法を使えない彼は、第一線で活躍する事はできない。  そのため、二つの魔法と身に付けた知識やスキルを駆使し、陰から支え続ける事でギルドに貢献していた。  だが彼の功績はまったく評価されておらず、結局理不尽な理由でギルドを追放されてしまう。  新たな仕事先を見つけるため、他の魔術師ギルドに面接に行ったレイは、そこで魔法の練習台にされていた一匹のスライムを助け出す。  このスライムとの出会いをきっかけに、レイの人生は大きく好転する。  一方、彼のサポートのおかげで、ギルドが成り立っていた事を知らない【高潔なる導き手】は、次々と依頼に失敗するようになり、評価と利益を失っていく。  レイとスライムは、そんな彼等の失敗を尻ぬぐいすることで、確実に功績を残していくのであった。    小説家になろう様とカクヨム様にも掲載しています。  小説家になろうでは、ハイファンタジー日間ランキング最高6位です。
24hポイント 7pt
小説 26,458 位 / 125,094件 ファンタジー 5,003 位 / 32,260件
文字数 91,105 最終更新日 2021.03.03 登録日 2021.03.02
6
恋愛 完結 短編 R15
王立魔法学園。その学園祭の初日の開会式で、事件は起こった。 第一王子アレクシスとその側近たち、そして彼らにエスコートされた男爵令嬢が壇上に立ち、高々とアレクシス王子と侯爵令嬢ユーフェミアの婚約を破棄すると告げたのだ。ユーフェミアを断罪しはじめる彼ら。しかしユーフェミアの方が上手だった? 悪役にされた令嬢が、王子たちにひたすらざまあ返しをするイベントが、今始まる。 登場人物に真っ当な人間はなし。ご都合主義展開。
24hポイント 0pt
小説 125,094 位 / 125,094件 恋愛 35,746 位 / 35,746件
文字数 23,282 最終更新日 2020.07.01 登録日 2020.06.23
6