青春/群像劇小説(外部サイト)一覧

タグ 青春/群像劇×
3
天野宮学園へ編入した綾瀬由衣。彼女は、イタリアからの帰国子女だった。 新生活に不安を覚える由衣だったが、クラスメイトの天宮哲郎をはじめ、すぐにクラスに受け入れられた。 そんなある日、由衣は同学年の月城秀一と出会う。 本人は知るよしもないが、秀一は由衣にとって憧れの存在。 だが彼女の口から真っ先に出た言葉は、由衣自身ですら思いも寄らないものだった。 他人が絶対に知ることのない秘密を口にされて、言葉を失う秀一。 このとき秀一は、由衣に興味を抱く。 やがて秀一は、由衣にも大きな秘密――「心の闇」があるのではないかと見抜く。 ――ふたりの視線が交差する、青春群像劇&ミステリー。
24hポイント 0pt
小説 19,462 位 / 19,462件 ライト文芸 304 位 / 304件
登録日 2020.02.28
2
現代文学 連載中 長編 R15
moe
ー母が飛び降り自殺を図ってから、11年の時が経とうとしていたー 「母の意識が戻るまで、私は幸せになっちゃいけないんだ」  意識不明の母と、行方不明の父を親に持つ少女、楓。  彼女は親に虐待を受けた過去を持ち、その身に傷を宿していた。 「私がいけないの。私が母を殺した」  自分を責めることでしか、母の凄惨な容態を受け止められない彼女の心は、既に崩壊寸前だった。  「ずっと、お前の側にいる」  楓の幼馴染で、彼女と幼き頃から行動を共にしてきた少年、瑠依。  彼は次第に楓に対する自分の感情に気づいていくが、彼女が傷つくことを恐れ、そこから目を背けてしまう。 「楓が『家族』であることを望むなら、俺はそうありつづける」 『家族』のように近くて、それでもどこか遠い二人の関係は、11年後の「あの日」を堺に変わっていく。 「楓を大切にしてくれる人がいて、良かったです」  楓はある日、朗らかで、でもどこか不思議な少女と出会う。彼女は榛色の瞳を持つ、アメリカ帰りの女の子だった。  そして彼女もまた、過去に大きな傷を負っていた。 「あなたを大切に思ってくれている人が、絶対にいるんです」  彼女の言葉に、そして大事な人たちとの心の交わりに、楓の鎖は溶かされていく。  私は、赦されてもいいんだろうか。  私は、幸せになってもいいんだろうか。  「生まれてきてくれて、ありがとう」  これは、一人の少女が幸せに出会う物語。
24hポイント 0pt
小説 19,462 位 / 19,462件 現代文学 582 位 / 582件
登録日 2018.11.07
3
青春 連載中 長編 R15
――どこかにいるような、どこにもいないような「あたし」の日常―― 町田さやか は、入学式当日に『平穏無事に過ごせるような高校生活』を望み、決意する。 でも新しい友人や個性的な先輩たちに囲まれていると、そういうわけにもいかないのであった。 美晴やマサキたちと知り合い、天文部に入部したり、写真部にも引きずり込まれたりして、個性的な友人や先輩たちと、それなりに楽しい日々を過ごし始める。
24hポイント 0pt
小説 19,462 位 / 19,462件 青春 1,009 位 / 1,009件
登録日 2017.04.26
3