渋沢栄一小説一覧

タグ 渋沢栄一×
3
 タイトルは『北武の寅』(ほくぶのとら)と読みます。  幕末の埼玉人にスポットをあてた作品です。主人公は熊谷北郊出身の吉田寅之助という青年です。他に渋沢栄一(尾高兄弟含む)、根岸友山、清水卯三郎、斎藤健次郎などが登場します。さらにベルギー系フランス人のモンブランやフランスお政、五代才助(友厚)、松木弘安(寺島宗則)、伊藤俊輔(博文)なども登場します。  根岸友山が出る関係から新選組や清河八郎の話もあります。また、渋沢栄一やモンブランが出る関係からパリ万博などパリを舞台とした場面が何回かあります。  前作の『伊藤とサトウ』と違って今作は史実重視というよりも、より「小説」に近い形になっているはずです。ただしキャラクターや時代背景はかなり重複しております。『伊藤とサトウ』でやれなかった事件を深掘りしているつもりですので、その点はご了承ください。 (※この作品は「NOVEL DAYS」「小説家になろう」「カクヨム」にも転載してます)
24hポイント 21pt
小説 17,314 位 / 101,574件 歴史・時代 196 位 / 1,193件
文字数 383,466 最終更新日 2021.03.14 登録日 2021.03.14
大河ドラマ「晴天を衝け大河ドラマ」に関する緩い感想エッセイです。 ※他の小説投稿サイトでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 101,574 位 / 101,574件 エッセイ・ノンフィクション 3,634 位 / 3,634件
文字数 6,479 最終更新日 2021.05.09 登録日 2021.02.14
就活しているその学生は将来の悩みや不安に苛まれていた。なぜか渋沢栄一さんと会うことになって、いろいろとヒントをくれる。そんなストーリーです。
24hポイント 0pt
小説 101,574 位 / 101,574件 現代文学 5,280 位 / 5,280件
文字数 1,386 最終更新日 2020.05.06 登録日 2020.05.06
3