中世ヨーロッパ小説一覧

タグ 中世ヨーロッパ×
11
【アルファポリス「第五回歴史・時代小説大賞」読者投票6位】 火刑の乙女は聖人となり、目立たない王は歴史の闇に埋もれていた。それは時代を越えて誰もが知っている英雄譚—— 15世紀フランス、百年戦争。狂人王と淫乱王妃の間に生まれた10番目の子が王位を継ぐとは誰も予想しなかっただろう。不遇な王子は14歳で王太子となり、滅亡寸前の王国を背負いながら死と血にまみれた運命をたどる。 一般的には「恩人を見捨てた非情な王」と嫌われ、歴史家は「建国以来、戦乱の絶えなかった王国にはじめて平和と秩序をもたらした名君」と評価しているが、この物語のナレーターは読者に何をもたらすだろうか。 メジャーな史実+マイナーな人物を主役に据えた大河ドラマ風ノベル。 歴史に残された記述と、筆者が受け継いだ記憶をもとに脚色したフィクションです。 ※表紙画像はPicrew「キミの世界メーカー」で作成したイラストを加工し、イメージとして使わせていただいてます。 ========== 【関連リンク】 ▼本作のプロトタイプ(短編) 「悩める王太子のディマンダー」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/394554938/763255240 ▼執筆動機 「暗愚か、名君か? -ジャンヌではなく勝利王シャルル七世を主役にした理由-」 https://www.alphapolis.co.jp/novel/394554938/80255253
24hポイント 255pt
小説 2,902 位 / 57,438件 歴史・時代 24 位 / 740件
文字数 263,742 最終更新日 2019.10.17 登録日 2019.03.30
2
恋愛 連載中 長編 R18
 貿易大国ルメオ共和国の元領主令嬢であるイオネは、二十二歳という若さながら言語学者として古くからの名門ユルクス大学の語学教師を務める才媛。  自信家で生真面目な彼女が最悪な巡り合わせで出逢ったのは、隣国エマンシュナ王国の大貴族で国境付近を治める若き領主アルヴィーゼ・コルネール公爵。  アルヴィーゼはイオネが休暇で留守にしている間に、彼女の住む屋敷を本来の所有者である伯父から土地ごと買収してしまっていたのだ。途方に暮れたイオネは渋々アルヴィーゼの提案に乗り、新たに建てられた公爵邸で暮らすことになったが、それまでの平穏な生活から一転、強引で傍若無人なアルヴィーゼに振り回される日々が始まった――。  中世西洋世界を舞台に繰り広げられる歴史官能ロマンス。マルス大陸物語 第1弾。
24hポイント 56pt
小説 6,790 位 / 57,438件 恋愛 2,596 位 / 13,722件
文字数 293,987 最終更新日 2019.09.08 登録日 2019.09.01
連載小説「7番目のシャルル」の執筆動機です。 ジャンヌ・ダルクというメジャーな史実・物語に出てくるマイナーな王様は、じつはジャンヌに匹敵するくらいおもしろいのに誰にも知られていないとは! 埋もれている歴史エピソードを掘り起こしたくて、書き始めました。 百年戦争は、ジャンヌだけじゃない。知られざる魅力的なキャラクターがたくさんいるのです。
24hポイント 35pt
小説 9,000 位 / 57,438件 エッセイ・ノンフィクション 133 位 / 1,562件
文字数 2,186 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.27
4
恋愛 連載中 長編 R18
 航海士のアルテミシアは、港で出会った風変わりな女王にその腕っぷしと言語力を買われ、女王の通詞兼外交官として雇われる。その任務は、交渉役として国を跨いで暗躍する大海賊団の掃討作戦に加わること。  女王の計らいで当面の下宿先として海軍司令官サゲン・バルカ将軍の屋敷を世話されたものの、端正で精悍な海神を思わせる風貌のその男は、自由気儘なアルテミシアとは正反対の厳格な堅物だった。  奔放で謎が多いアルテミシアを信用しないサゲンと、生来の負けん気を発揮して反発するアルテミシア――事あるごとにぶつかり合う二人だったが、危うい緊張感と戸惑いの中で次第に惹かれ合っていく。  そんな折、ある海賊を捕らえたことで思いもよらぬ事実が発覚し、周辺の国々をも巻き込む大事件に発展する。そしてそれは、アルテミシアの過去に起きた悲劇と深く関わっていた――。  中世西洋世界を舞台に繰り広げられる歴史官能ロマンス。マルス大陸物語 第2弾。
24hポイント 35pt
小説 9,000 位 / 57,438件 恋愛 3,213 位 / 13,722件
文字数 466,935 最終更新日 2019.10.12 登録日 2019.09.02
5
恋愛 完結 長編 R15
 花も恥じらう美しい侯爵令嬢キャサリン・セシルは、ある日、美しい蝶を追って深い森へ迷い込み、その先で世にも不気味な屋敷を見つけた。  おそるおそる足を踏み入れるキャサリンだったが、館の主は何と、美しく窶れたヴァンパイアだったのである。  一度も血を吸ったことがないという心優しい吸血鬼は、ジョセフと名乗った。キャサリンは彼の不思議な魅力に惹かれていくが、セシル家とジョセフの間には深い因縁が横たわっており――。
24hポイント 14pt
小説 13,439 位 / 57,438件 恋愛 4,457 位 / 13,722件
文字数 51,512 最終更新日 2018.09.16 登録日 2018.08.21
6
恋愛 完結 短編
交易都市ミダダの都市貴族令嬢のソニア・ジル・ラドネイ。 彼女には、名門領主貴族の御曹司、アドルト・サー・インドミタブルという婚約者がいた。 政略結婚のための婚約であったが、ソニアはアドルトに恋をしていた。 しかし、ある日のことソニアの元に異端審問官が訪れる。 「アナタの魂を救済してあげます」 異端認定されれば最悪「火刑」。 もし、改宗が認められたとしても、婚約破棄は確実だった。 ※史実の中世ヨーロッパの政治、宗教、文化、貴族の生活などの史実考証をベースに世界設定を行い、その中で「婚約破棄」という事件がどうなるか? という視点で書いた作品です。 ■参考文献 「中世ヨーロッパの異教・迷信・魔術 」 野口 洋二 早稲田大学出版部 「中世ヨーロッパの騎士」 フランシス・ギース 講談社 「図解 中世の生活 」 池上 正太 新紀元社 「中世ヨーロッパの都市の生活」 ジョゼフ・ギース 講談社 「中世ヨーロッパの城の生活」 ジョゼフ・ギース 講談社 「血みどろの西洋史―狂気の一〇〇〇年 」 池上 英洋 河出書房新社 「異端審問―大国スペインを蝕んだ恐怖支配」 トビー グリーン 中央公論新社 「図説中世ヨーロッパ武器・防具・戦術」 マーティン J.ドアティ 原書房
24hポイント 7pt
小説 15,819 位 / 57,438件 恋愛 5,325 位 / 13,722件
文字数 5,861 最終更新日 2017.08.13 登録日 2017.08.13
西暦1433年。 二年前、処刑され死んだ筈のとある少女は魔物の出現により処刑を免れた。 魔物は神秘が消えて人々の争いが苛烈する時代の中で人々を蹂躙し始めた。 男は食い殺し、女は凌辱し、人々の生活を変えていった。 そんな時代に、一人の元騎士と、一人の技師、そして吸血鬼が出会う。 荒れ果てた時代に、それでも生きてやるともがく少女。 荒れ果てた時代に、自分の可能性を試うと誓う少女。 荒れ果てた時代に、その世界を見たいと動く少女。 三人が出会い、戦い、乱れ、絆を深めていく。 これは、未来も過去もない、今を生きる物語。 作者からの一言。 この物語は「なるべくリアルな中世ヨーロッパ」を念頭に置いてる作品です。 また18禁シーンは作者の性癖を全編に押し出した作品です。 こちらはアルファポリス様で公開するバージョンです。 pixiv版と物語に違いはありませんがpixivを登録しなくても見ることができます。
24hポイント 0pt
小説 57,438 位 / 57,438件 ファンタジー 18,826 位 / 18,826件
文字数 38,841 最終更新日 2018.08.04 登録日 2018.08.04
中世イングランドのなだらかな丘陵地帯。草原と森。とある女剣士が旅の途中に出合った一件。
24hポイント 0pt
小説 57,438 位 / 57,438件 歴史・時代 740 位 / 740件
文字数 14,000 最終更新日 2019.03.28 登録日 2019.03.28
9
恋愛 完結 短編
私はいつも夢を見る。 記憶には残らない…虚しさだけが残る夢を…… それは私が前世で過ごした中世ヨーロッパの王女としての記憶だった。 ある日大学で真人という人に出会い、私は深い記憶の中へと入って行く────── 30分もあれば読めると思います。
24hポイント 0pt
小説 57,438 位 / 57,438件 恋愛 13,722 位 / 13,722件
文字数 17,975 最終更新日 2019.03.11 登録日 2019.03.11
10
歴史・時代 連載中 長編 R18
いつも通り、あらすじはある程度書いてから真面目なものを書きます。 舞台は19世紀末、産業革命により飛躍的な変化を遂げたイギリス。その首都、ロンドン。そこで繰り広げられる霧に隠れた悪意と名もない作家の受難。
24hポイント 0pt
小説 57,438 位 / 57,438件 歴史・時代 740 位 / 740件
文字数 10,352 最終更新日 2019.05.26 登録日 2019.04.30
連載小説「7番目のシャルル」のプロトタイプ、1話完結の短編。 舞台は15世紀フランス、百年戦争末期。 救国の英雄ジャンヌ・ダルクがあらわれる数年前の物語。 ジャンヌ以上に歴史に翻弄されていく不運な王太子のひとりごと。 ※本作は、Sound Horizon「Moira #10.死せる者達の物語 -Ιστορια-」にインスパイアされて執筆しました。 ※小説家になろうで掲載している重複タイトルです。 ※表紙画像はPicrew「キミの世界メーカー」で作成したイラストを加工し、イメージとして使わせていただいてます。
24hポイント 0pt
小説 57,438 位 / 57,438件 歴史・時代 740 位 / 740件
文字数 2,573 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.27
11