哀愁小説一覧

タグ 哀愁×
3
あの日、空は青くて、石段はどこまでも続いている気がした―― 漁村に移住してきたぼくは、となりのおばあさんから「たぬきの子が出る」という話をきかされる。 小学生が読める、ほんのりと怖いお話です。 エブリスタにも投稿しました。 *この物語はフィクションです。実在の人物、団体、場所とは一切関係ありません。
24hポイント 0pt
小説 53,449 位 / 53,449件 児童書・童話 935 位 / 935件
文字数 6,331 最終更新日 2017.12.08 登録日 2017.12.08
2
現代文学 完結 ショートショート
寂れた商店街の駄菓子屋でのわしとばあさんの話。 懐かく切ないヒューマンドラマです。 小説家になろうにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 53,449 位 / 53,449件 現代文学 2,197 位 / 2,197件
文字数 2,984 最終更新日 2018.03.06 登録日 2018.03.06
3
青春 完結 ショートショート
ひとつ、そこに、ベンチがあった。 そこに座っている青年と、ベンチの外から呼びかける少女。 少女の呼び声に耳を傾けることで、青年の動いていた時間は動き出す。 ひとりの青年の心の中の物語。
24hポイント 0pt
小説 53,449 位 / 53,449件 青春 2,851 位 / 2,851件
文字数 2,425 最終更新日 2018.10.10 登録日 2018.10.10
3