王太子殿下小説一覧

タグ 王太子殿下×
20
1
恋愛 連載中 短編
処刑されたエリーゼ。 何もしていないのに冤罪で…… 死んだと思ったら6歳に戻った。 さっき処刑されたばかりなので、悔しさも怖さも痛さも残ったまま巻き戻った。 絶対に許さない! 今更わたしに優しくしても遅い! 恨みしかない、父親と殿下! 絶対に復讐してやる! ★設定はかなりゆるめです ★あまりシリアスではありません ★よくある話を書いてみたかったんです!!
24hポイント 176,244pt
小説 3 位 / 148,958件 恋愛 3 位 / 46,971件
文字数 12,032 最終更新日 2022.08.15 登録日 2022.08.14
2
恋愛 完結 長編
リリアーヌは病の母親に代わって自分と弟ユベールを育ててくれた美しい姉フェリシテの幸せを願っていた。 自分たちのせいで婚約相手を探し損ねたフェリシテお姉さまのために、今日もパーティでお相手を探していたが、お姉さまに声を掛けるのは大抵クズ男。そいつらをいつも通り蹴散らしていると、王がシルヴァン王太子殿下の婚約者クリステル様に婚約破棄を言い渡した。 シルヴァン殿下のお相手にお姉さまはお似合いではないかしら? 婚約破棄なんてお姉さまには大きなチャンス。 偶然落とし物を拾ってくれたシルヴァン殿下に、クリステル様から嫌がらせを受けていたと告白すると、シルヴァン殿下はお詫びと言ってフェリシテお姉さまをお茶に誘ってくれた。 このチャンス、逃したりはしない! お姉さまのために一肌脱ぎます! シルヴァン殿下もお姉さまとの仲を取り持つようにと私に賄賂を送ってくる。 でも、このネックレス、賄賂っていうレベルじゃないんですけどー!? どうかもう、私に賄賂を渡さないでくださいー!! リリアーヌはシルヴァン殿下とフェリシテお姉さまを無事ゴールインさせることはできるのか。 リリアーヌの奮闘物語です。 小説家になろう掲載済み
24hポイント 688pt
小説 2,329 位 / 148,958件 恋愛 1,187 位 / 46,971件
文字数 83,013 最終更新日 2022.07.24 登録日 2022.07.15
3
恋愛 完結 長編 R15
王太子殿下がところ構わず愛を囁いてくるので困ってます。 辞めてと言っても辞めてくれないので、とりあえず寝ます。 王太子アスランは愛しいルディリアナに執着し、彼女を部屋に閉じ込めるが、アスランには他の女がいて、ルディリアナの心は壊れていく。 8月4日 完結しました。
24hポイント 447pt
小説 3,494 位 / 148,958件 恋愛 1,774 位 / 46,971件
文字数 63,556 最終更新日 2022.08.04 登録日 2022.06.28
4
恋愛 完結 短編
侯爵令嬢のネフィラは、公爵令息のスタインと婚約をしていた。 突然、スタインの浮気により婚約破棄をされてしまうのだが…… ネフィラの幼馴染に王太子であるセシルが居たことが運の尽きだった。 公爵令息のスタインは王家を敵に回すことになり……。
24hポイント 326pt
小説 4,633 位 / 148,958件 恋愛 2,316 位 / 46,971件
文字数 31,032 最終更新日 2021.10.01 登録日 2021.08.06
「ごめんなさいね、姉さん。王子殿下は私の物だから」 「そういうことだ、ルアナ。スッキリと婚約破棄といこうじゃないか」 公爵令嬢のルアナ・インクルーダは婚約者の第二王子に婚約破棄をされた。 しかも、信用していた妹との浮気という最悪な形で。 ルアナは国を出ようかと考えるほどに傷ついてしまう。どこか遠い地で静かに暮らそうかと……。 その状態を救ったのは王太子殿下だった。第二王子の不始末について彼は誠心誠意謝罪した。 最初こそ戸惑うルアナだが、王太子殿下の誠意は次第に彼女の心を溶かしていくことになる。 まんまと姉から第二王子を奪った妹だったが、王太子殿下がルアナを選んだことによりアドバンテージはなくなり、さらに第二王子との関係も悪化していき……。
24hポイント 319pt
小説 4,703 位 / 148,958件 ファンタジー 914 位 / 35,477件
文字数 19,652 最終更新日 2021.03.01 登録日 2021.02.15
6
恋愛 完結 短編 R15
オーガスタは好きでもない王太子の婚約者候補。美人で優秀なばっかりに、どうしてもやめられない。すてきな恋にあこがれているのに。でも、妹のエレノアが王太子殿下に付きまとい、婚約はいったん白紙に。大喜びのオーガスタだったがそうは問屋が卸さない。今度は王太子から完全に逃れるためと実家の公爵家を継ぐために、父の決めた従兄との結婚が待っていた。自由な恋はいったいどこに? 政略、暗殺、粘着、陰湿、監禁、投獄、ちっともさわやかでない、ねっとり恋物語の秘密。64話で完結。大体22万字くらい。 R15なのかR18なのか、自分ではわからない。期待してらしたら、すみません!!!
24hポイント 276pt
小説 5,346 位 / 148,958件 恋愛 2,620 位 / 46,971件
文字数 226,682 最終更新日 2021.12.21 登録日 2021.11.19
錬金術師のウィンリー・トレートは宮廷錬金術師として仕えていたが、王子の婚約者が錬金術師として大成したので、必要ないとして解雇されてしまった。孤児出身であるウィンリーとしては悲しい結末である。 しかし、隣国の王太子殿下によりウィンリーは救済されることになる。以前からウィンリーの実力を知っていた 王太子殿下の計らいで隣国へと招かれ、彼女はその能力を存分に振るうのだった。 そして、その成果はやがて王太子殿下との婚約話にまで発展することに。 さて、ウィンリーを解雇した王国はどうなったかというと……彼女の抜けた穴はとても補填出来ていなかった。 だからといって、戻って来てくれと言われてももう遅い……覆水盆にかえらず。
24hポイント 213pt
小説 6,797 位 / 148,958件 ファンタジー 1,449 位 / 35,477件
文字数 54,933 最終更新日 2021.03.29 登録日 2021.01.01
8
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢で守護方陣を展開できるフィリスは、聖女と呼ばれ婚約者であるオルドー・マークス公爵の領地防衛をしていた。 しかしフィリスの聖女の能力は異端だとして、婚約破棄をされてしまう。 彼女はその後、幼馴染の王太子殿下に救済される。 さて、フィリスの居なくなった領地は主に国境線の守りが手薄になってしまい──。
24hポイント 163pt
小説 8,260 位 / 148,958件 恋愛 3,875 位 / 46,971件
文字数 3,418 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.10.23
9
ファンタジー 完結 ショートショート
ここダロックフェイ国では、5歳になると精霊の森へ行く。精霊に選んでもらえれば、将来有望だ。 しかし、キャロル=マフェソン辺境伯爵令嬢は、精霊に選んでもらえなかった。 選ばれた者は、王立学院で将来国の為になるべく通う。 選ばれなかった者は、教会の学校で一般教養を学ぶ。 貴族なら、より高い地位を狙うのがステータスであるが…? ☆世界観は、緩いですのでそこのところご理解のうえ、お読み下さるとありがたいです。
24hポイント 156pt
小説 8,491 位 / 148,958件 ファンタジー 1,710 位 / 35,477件
文字数 32,149 最終更新日 2021.08.16 登録日 2021.08.13
10
恋愛 完結 短編
親同士が決めた婚約者を勝ち気で派手な妹にとられた呑気でぼんやりのローザ。姉妹なら、どっちでもいいよねと言い出す親。王立フェアラム学園に入学し婚活に励むべきところを、ダラダラしてるだけのローザが突然、「膨大な魔法力の持ち主です! 魔女退治をお願いしたい、王太子殿下とご一緒に!」周りに押されて、無理矢理、魔女退治に出かける羽目に。俺様系王子のラブを生暖かく見守る有能側近、ゴーイングマイウェイの王弟殿下、妄想系脇役魔女が出ます。約10万字。63話。定番のハッピーエンド。
24hポイント 120pt
小説 9,946 位 / 148,958件 恋愛 4,729 位 / 46,971件
文字数 132,963 最終更新日 2021.01.21 登録日 2020.12.21
11
恋愛 完結 ショートショート R15
 まだ夜の冷気が残る早朝、焼かれたパンを店に並べていると、いつもは慌ただしく動き回っている母さんが、私の後ろに立っていた。 「エリー、実は……国王陛下に見染められて、婚姻を交わすことになったんだけど、貴女も王宮に入ってくれるかしら?」  国王陛下に見染められて……って。国王陛下が母さんを好きになって、求婚したってこと!? え、で……私も王宮にって、王室の一員になれってこと!?  国王陛下に挨拶に伺うと、そこには美しい顔立ちの王太子殿下がいた。 「エリー、どうか僕と結婚してくれ! 君こそ、僕の妻に相応しい!」  え……私、貴方の妹になるんですけど?  どこから突っ込んでいいのか分かんない。
24hポイント 49pt
小説 16,715 位 / 148,958件 恋愛 8,018 位 / 46,971件
文字数 7,579 最終更新日 2021.01.15 登録日 2021.01.15
12
恋愛 完結 短編 R15
私、フローラは、王太子殿下からご婚約のお申し込みをいただきました。憧れていた王太子殿下からの求愛はとても嬉しかったのですが、気がかりは婚約者であるダリア様のことでした。そこで私は、ダリア様と婚約破棄してからでしたら、ご婚約をお受けいたしますと王太子殿下にお答えしたのでした。 その1ヶ月後、ダリア様とお父上のクノーリ宰相殿が法廷で糾弾され、断罪されることなど知らずに……
24hポイント 35pt
小説 20,553 位 / 148,958件 恋愛 9,587 位 / 46,971件
文字数 12,727 最終更新日 2021.01.13 登録日 2021.01.11
13
恋愛 連載中 短編 R15
十五歳私達はヴェゼル魔法学園に入学する あぁ、私が上手いこと悪役令嬢ができないばかりにこんな事に−−−−−−。 そう、私はなぜだか乙女ゲーム「あなたの瞳に愛されて。」の悪役令嬢アリーチェ・ロルヴァケルに転生したからだ。 悪役令嬢に向いていない 初めてこの国ベルガー王国の王太子ローランド・ベルガーと出会ったのが十歳の時だった。 公爵令嬢であるアリーチェ・ロルヴァケルは濃い化粧に趣味の悪いドレスを身に纏っていた。 派手派手しいアリーチェはこれが普通であって、自分が一番!可愛いも美しいも自分の事だと思い込んだ最悪な令嬢の私。 目の前に現れた麗しいビスクドールのようなローランド・ベルガー王太子殿下。艷やかな肌に、黄金に輝く柔らかそうな髪。 黄金の睫毛に縁取られた新緑の緑のような光り輝く瞳。 言葉を交し淑女の礼をして顔を上げる 私はローランド王太子殿下の顔を見た。 可笑しい初めてローランド王太子殿下と会うのに初めてじゃないこの感じ------。 『この顔、ドールのように美しいローランド王太子殿下----ずっと前に見た気がするわ。何処だったかしら----。』 その時脳裏に浮かんだ一つの画面------。ローランド王太子殿下に淑女の礼をして対面している今の画面! 『画面?』この絵見たことあるわ! 私はアリーチェ・ロルヴァケルなのに----違う!あの女の子------私だ!水野亜里依(みずのありえ) そう私は乙女ゲーム「あなたの瞳に愛されて」の悪役令嬢アリーチェ・ロルヴァケルに転生していた。
24hポイント 28pt
小説 22,734 位 / 148,958件 恋愛 10,613 位 / 46,971件
文字数 24,576 最終更新日 2022.05.19 登録日 2022.04.23
14
恋愛 完結 短編
どこにでもいる普通のOLが、事故死したら乙女ゲームに転生!しかし転生先はヒロインでも悪役令嬢でもなく、まさかの攻略対象の一人である王子だった!中身は女だけど私は王子。これって百合なんでしょうか? 恋愛要素が強くなってきましたので変更しました。2021/12/7※
24hポイント 28pt
小説 22,734 位 / 148,958件 恋愛 10,613 位 / 46,971件
文字数 52,342 最終更新日 2022.01.12 登録日 2021.11.19
15
恋愛 連載中 短編
子爵令嬢のウェルナは婚約者のセドルに婚約を破棄されてしまった。 「他に好きな令嬢ができた。お前よりも地位は上だ」 一方的な婚約破棄。その事実を知ったウェルナの妹と幼馴染は激昂する。 幼馴染のルークは公爵令息でありながら、ウェルナにずっと恋をしていた。 妹のラーナはシスコン気味であり、王太子殿下と婚約している強者。 予期せぬ形でウェルナの強力な味方がやる気になった……元婚約者のセドル君は四面楚歌状態?
24hポイント 28pt
小説 22,734 位 / 148,958件 恋愛 10,613 位 / 46,971件
文字数 33,570 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.06.15
16
恋愛 連載中 短編 R15
 国王に見染められた悪令嬢ジョゼフィーヌは、白豚と揶揄された王太子との結婚式の最中に前世の記憶を取り戻す。前世ダイエットトレーナーだったジョゼは王太子をあの手この手で美しく変貌させていく。  ちょっと気弱な性格の白豚王太子と氷の美貌悪令嬢ジョゼの初めからいちゃらぶダイエット作戦です。習作ということで、あまり叩かないでください泣
24hポイント 14pt
小説 30,531 位 / 148,958件 恋愛 13,870 位 / 46,971件
文字数 11,746 最終更新日 2021.02.22 登録日 2021.02.22
17
恋愛 完結 ショートショート R15
夫であるドレイク男爵のマコーレ様の浮気現場に遭遇した私は、謝罪どころか激昂され、離婚を言い渡されました。 自宅へと向かう帰路、私を攫ったのは……ずっと心の中でお慕いしていた王太子殿下でした。
24hポイント 14pt
小説 30,531 位 / 148,958件 恋愛 13,870 位 / 46,971件
文字数 7,026 最終更新日 2021.01.09 登録日 2021.01.09
18
恋愛 完結 ショートショート R15
 ソリティア男爵令嬢である私、イリアは舞踏会場を離れてバルコニーで涼んでいると、そこに王太子殿下の逢引き現場を目撃してしまいました。  そのお相手は……ロワール騎士団長様でした。  あぁ、なんてことでしょう……  こんな、こんなのって……尊すぎますわ!!
24hポイント 14pt
小説 30,531 位 / 148,958件 恋愛 13,870 位 / 46,971件
文字数 6,657 最終更新日 2021.01.08 登録日 2021.01.08
19
恋愛 連載中 短編
ライバルだと思っていた。 ずっとずっと、そう思っていた。 どんな難問も簡単に解いていく、私が一週間かけたことを一時間でこなしていく。 ―そんな貴方が嫌いだった。 ―そんな貴方に憧れていた。 ―そんな貴方の側に、ずっといたいと思っていた…。 でもね、それは私の我儘だったみたい。 だって”天才”の貴方について行くために、私はとっても努力した。 遊んだり、さぼったりなんて絶対しなかった。 ―なのに。現れてしまったんだね 貴方の隣にいるのに、相応しい〈ヒロイン〉が。 そこは今まで私の居場所だったのに。 貴方と睨み合って、ぶつかり合うのは私のはずだったのに…。 …嗚呼、どうして今気づいてしまったの? 貴方と私は〈ライバル〉で〈幼馴染〉で〈婚約者〉で……       きっと貴方は、私の『初恋』。
24hポイント 7pt
小説 36,192 位 / 148,958件 恋愛 16,648 位 / 46,971件
文字数 6,470 最終更新日 2020.07.25 登録日 2020.07.14
20
恋愛 完結 短編 R15
凛花はトラックに轢かれた記憶も階段から落ちた記憶もない。それなのに気が付いたらよくある異世界に転がっていた。 取り敢えずは言葉も通じる様だし周りの人達に助けられながら自分の立ち位置を把握しようと試みるものの、凛花を拾ってくれたイケメン騎士はどう考えてもこの異世界での攻略対象者…。しかもヒロインは凛花よりも先に既にこの世界に転生しているようだった。ヒロインを中心に回っていたこのストーリーに凛花の出番はないはずなのにイケメン騎士と王女、王太子までもが次々に目の前に現れ、記憶とだんだん噛み合わなくなってくる展開に翻弄される凛花。この先の展開は一体どうなるの?
24hポイント 0pt
小説 148,958 位 / 148,958件 恋愛 46,971 位 / 46,971件
文字数 91,721 最終更新日 2020.09.04 登録日 2020.08.09
20