探検小説(外部サイト)一覧

タグ 探検×
4
1
ミステリー 完結 ショートショート
◆ミステリー(読了時間 約3分) ◆「いったい何が起こったんだ? 突然真っ暗になるなんて」 ◆すべてが「 」で綴られた文章となっています。結末は誰にも予測できません。 ◆「わー!」「うわーいたい」「重い、足踏んでるよ!」「あ、ごめん」「いったい何が起こったんだ? 突然真っ暗になるなんて……
24hポイント 1pt
小説 2,732 位 / 19,540件 ミステリー 23 位 / 516件
登録日 2020.01.07
2
青春 連載中 ショートショート
主人公である福山友明と亡き親友の斎藤康介は、幼少期は虐めっ子といじめられっ子だった。 その関係が一転して仲良くなったきっかけがあった。 そのきっかけとは誘拐だった。 そのきっかけとなったのは、どのようなものだったのでしょう。 ジャンルは全年齢対象です。
24hポイント 0pt
小説 19,540 位 / 19,540件 青春 1,021 位 / 1,021件
登録日 2020.06.27
中国現代の墓泥棒家族の物語は、ネットで見られる他のトレジャーハンター小説や、ホラー小説とは全く違う。 この本は、作者本人がで墓泥棒をした経験を記録した本だ。作者は高校卒業後、家族と共にウイグルの砂漠にある、楼蘭に行き、実際にお墓に入り、トレジャーハントをしたのだ。その後、作者は四川にある大学に進学し、四川で師匠に弟子入りし、一緒に盗掘作業をする仲間を集めた。 作者は龍穴を見付けることや、陰陽五行と八卦、歴史推理、古美術鑑定などが得意だ。 日本人は誰も一度目にした事がある、中国のお宝文物、お茶碗、刀、古代絵画、金や玉の飾り物など、その中は古代のお墓から盗まれた物が多数あるのがご存知でしょうか? 三国時代の曹操はお墓を盗掘して、何十万人の軍隊を養った事がある、中国では、荘子の時代から、今までもお墓泥棒をする人は後を絶えない。 この本は、20回に及ぶ盗掘作業の実際の体験を詳しく記録したものである。出会った宝物は、天然の金塊、古い刀剣、肉形石(肉の塊に見えるよう掘り出されたメノウ類の石)、ミイラ、太歳、五帝幣(清王朝の皇帝、順治帝、康熙帝、雍正帝、乾隆帝、嘉慶帝の時代の銅銭)…幾重にも連なった城と同じ値打ちがある玉の杖、高僧の金剛菩提子など。ある時、マニ教(明教)のお墓で、一つの夜明珠(いったん光にあたると闇のなかで何日間も神秘的な光を放ち続けることから、永遠の生命とパワーを祈願する王族の埋葬時にも使われた。)を手に入った。もちろん、墓泥棒は極めて危険な職業である。作者は水銀の毒にあたったことがあり、見えない所に矢を仕込んだ宝箱に出会った事があった。一番命拾いした体験は、大きなお墓の中でのことである、そこには十数個の棺桶が安置してあり、主な棺桶の材質は極めて珍しい楠木だった、棺桶の中には、明かりを手に持つ男の子の彫刻があった。男の子の腕はお墓のからくり仕掛けを起動させるスイッチだったのだが、作者はそんなこととは知らずに、ナイフで彫刻像の腕を切り取ってしまった!作者はどうやってこの危険を回避する事が出来たのか、お墓の中にはどんな驚くべきお宝があったのか?そもそもお墓の持ち主は誰なのでしょうか?ぜひこの本をお読みなって、あまり知られていない古墳文化を味ってください。
24hポイント 0pt
小説 19,540 位 / 19,540件 ミステリー 516 位 / 516件
登録日 2020.04.24
雲海の上に島々の浮かぶ世界があった。 そこでは竜玉船と呼ばれる船が、雲海の上を行き交っていた。 異邦人の少年ソロンは、故郷の危機を救うため雲海に浮かぶ帝国を訪れる。 そこで待っていたのは、若き女帝アルヴァとの出会い。 半ば強制的に女帝の依頼を受けたソロンは、雲海の孤島へと冒険に向かうことに。 そしてそれは、長い冒険の旅の始まりとなるのだった。 ※冒険要素多めの王道ファンタジーです。 ※毎日更新で、最終的には100万字を超える見込です。  書き溜め大量&結末までのプロットも作成済のため、必ず完結させます。
24hポイント 0pt
小説 19,540 位 / 19,540件 ファンタジー 7,817 位 / 7,817件
登録日 2019.09.22
4