復讐劇?小説一覧

タグ 復讐劇?×
2
1
恋愛 連載中 長編 R15
全てを失った伯爵令嬢の再生と逆転劇の物語 母を早くに亡くした19歳の美しく、心優しい伯爵令嬢スカーレットには2歳年上の婚約者がいた。2人は間もなく結婚するはずだったが、ある日突然単身赴任中だった父から再婚の知らせが届いた。やがて屋敷にやって来たのは義理の母と2歳年下の義理の妹。肝心の父は旅の途中で不慮の死を遂げていた。そして始まるスカーレットの受難の日々。持っているものを全て奪われ、ついには婚約者と屋敷まで奪われ、住む場所を失ったスカーレットの行く末は・・・? ※ カクヨム、小説家になろうにも投稿しています
24hポイント 3,870pt
小説 568 位 / 125,570件 恋愛 234 位 / 35,945件
文字数 279,908 最終更新日 2021.12.02 登録日 2021.05.19
2
恋愛 連載中 長編
 「君が好きだよ」って、言ったのに。  まだはっきりと覚えている。家の薔薇園の中で、貴方は私に言った。私を愛してると、私を好きだと言った。甘い声で、私に言った。  目の見えない貴方と醜い私はいつもその薔薇園にいた。それが、私たちの世界だったから。  貴方は薔薇の香りしか感じることができなかったから、私は貴方に薔薇の色と、その素晴らしさを伝えた。  そうしたら貴方は、私を薔薇のようだと言って褒めてくださった。貴方の心は薔薇のように美しいと。私の最愛だ、とも。私は幸福だった。  貴方はいつも、醜いと罵られる私を慰めてくれた。貴方は私の気持ちを一番にわかってくれて、私も貴方の気持ちが痛いほど良く理解ができた。  でも、今ではどうでしょうね?  今までは私が貴方の世界の全てだったのに、彼の中で私が一番だったのに。  もう貴方は違う世界を知ってしまった。私の手からすり抜けて、香り高く咲き誇っている花に夢中になっている。私を汚いと、醜いと嘲る貴方は誰? 私を慰めてくれたその声で、今度はみんなのように私を罵る。貴方はその方へ着いてしまって、私の声なんて届かなかった。  もう私は貴方の名を呼ぶことさえも許されない。  それでも私は、貴方のことを忘れない。決して、忘れてはならないと知っているから。私はまた貴方の元へと戻ってくるのよ。そういう運命なの。だから忘れてはいけないの。いくら貴方があの方に夢中になったって、私にどんなことをしたって。私は必ず戻ってくる。  その時まで、待っていてね?  不定期更新です。
24hポイント 21pt
小説 18,960 位 / 125,570件 恋愛 7,890 位 / 35,945件
文字数 33,884 最終更新日 2021.11.21 登録日 2020.06.29
2