すれ違い、勘違い小説一覧

タグ すれ違い、勘違い×
1
1
恋愛 連載中 短編
「責任?とってくださらなくて結構です」  没落伯爵家の令嬢セシリア・ノードはたまたま助けた少年から、責任を取って君と結婚する、と言われる。が。責任を取ってもらうほどの怪我でもなく、そもそも望んでいないのに責任とか、嫌がらせ、としか思えない。長年、家族から醜い容貌だと言われ続けたセシリアにしてみれば、とにかくそっとしておいて欲しくてすっぱりと断るが、すると相手の少年が絶望的な顔をする。 「わたしの容貌で責任と言われても、嫌悪感を与えるよな。すまない」  と、どこからどう見ても物語から出てきたような美しい容貌の人に謝罪されても意味がわからない。  それが、あまり表に出てこない第一王子とわかり、厳しく叱責を受けたセシリアは、そのまま家から追い出される。  一つだけ、持って出ることを許そうと言われ、ずっと近くにいてくれた侍従のアダンだけを連れて。  セシリアに仕えるばかりに、このまま家に残すことに危惧を覚えたから。アダンは喜ぶけれど、少しだけ顔を曇らせる。 「シア様がわたしだけ連れて出たと聞けば、兄上が烈火の如く荒れそうですが」 「お兄様は…そうね。でも、いつお耳に入ることか」  厄介払いを終えた伯爵家に、責任ではなく、感謝も伝えたいからと訪れた使者に「我が家への気遣いをいただけるのであれば、末娘が殿下に恋心を抱いております。どうか受け入れていただければ」と、伯爵は溺愛する娘を差し出そうとする。  そのことで、伯爵家が不興を買ったことは、もう関係のないことなので無責任と言われようと、知りません。  厄介な家からようやく解放された令嬢は、自由に生きたい。のだけど。「アダンも、わたしのことは放っておいて自由に生きていいのよ?」といえば、なぜか叱られ。  そっとしておいてくれない人たちを追い払ってくれるから。本当は、アダンがいてくれて、よかったのだけれど。  そうして今日も、セシリアはささやかな自由を満喫…したい。
24hポイント 0pt
小説 124,459 位 / 124,459件 恋愛 37,093 位 / 37,093件
文字数 41,632 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.07.27
1