命の大切さ小説一覧

タグ 命の大切さ×
6
 介護施設で働く佳代は、命に対してどう接するべきか苦悩しながら、入所者の人生観に触れたり、友人の千里に支えられながら成長していく。  ある日、ボランティアで行った宮城を振り返り、寄り添う事と健康管理の大切さを思い出した佳代は、健康長寿の為に食事の改善を提案する。  南三陸での経験から、感染症の発生が疑われる中でも不安にかられること無く、介護に従事していた。  千里を介して小柳という男性と知り合った佳代は、駅まで送ってもらう。何度か行われたコンパを経て、2人は惹かれ始めていたが、前妻をまだ愛していると思った佳代と、バツイチ子持ちの自分に引け目を感じていた小柳は、お互いの距離を模索する。  その最中、彼氏と喧嘩した千里は、2人の出会いを振り返り、運命の人は彼しかいないと再確認していた。  初めて会う小柳の子雄太は、快活な男の子だ。だがその心中は、両親の離婚で受けた傷が塞がってなお、熱を帯びた痛みにうずいていた。  ついに訪れた入所者の死を受け入れられずにいる佳代は、帰省した時に知った祖母の思いに感動せざるを得なかった。  高齢者と接して、雄太と接して、佳代は自分が理想とする愛情に、1つの結論を導く。
24hポイント 85pt
小説 8,051 位 / 99,378件 ライト文芸 162 位 / 4,254件
文字数 107,523 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.09.03
「命の大切さ」などと「命」という言葉自体は大切にされるけれど……。テレビや新聞で出てくる「命」というものは、人間やペットなど「殺さず守るべき生き物」のことだ。しかし命というのは蚊にもゴキブリにもカビにも、牛やニワトリにも、微生物にも植物にもある。「命を大切に」ということは殺菌も草むしりもしないのか? そんなことはないはず。「命」の格差というか差別というか……。同じ命なのに暗黙の了解で「大事にすべき命」と「殺されるべき命」がある。なぜ人は、限定的で差別的な概念に対して「命」という壮大な言葉を使いたがるのか。と言いつつ私も「命」という言葉を乱用している。
24hポイント 35pt
小説 13,212 位 / 99,378件 エッセイ・ノンフィクション 181 位 / 3,514件
文字数 4,852 最終更新日 2021.01.02 登録日 2021.01.02
命を大切にできる世界にしたいですね。
24hポイント 35pt
小説 13,212 位 / 99,378件 エッセイ・ノンフィクション 181 位 / 3,514件
文字数 1,753 最終更新日 2020.10.22 登録日 2020.10.22
コオロギを水洗いしたら動かなくなってしまったという話です。
24hポイント 35pt
小説 13,212 位 / 99,378件 エッセイ・ノンフィクション 181 位 / 3,514件
文字数 2,993 最終更新日 2020.09.11 登録日 2020.09.11
私自身の周りで起こった現実を日記のような小説のような形で、書かせていただきました。 命の大切さ、感謝の気持ちなど、個人的に感じた気持ちを同じような境遇またはそういった本が好きな方に読んでいただけたらなと思います。 この小説は執筆一作目で拙い表現、まとまりのない文章となっておりますが読んでいただけたら幸いです。
24hポイント 0pt
小説 99,378 位 / 99,378件 エッセイ・ノンフィクション 3,514 位 / 3,514件
文字数 1,339 最終更新日 2021.01.19 登録日 2021.01.18
痩せっぽちでボロボロで使い古された雑巾のような毛色の猫の名前は「ねこっち」 猫がキライで人間が大好き! 猫白血病を患いながらも懸命に生きたねこっちの軌跡
24hポイント 0pt
小説 99,378 位 / 99,378件 児童書・童話 1,900 位 / 1,900件
文字数 28,435 最終更新日 2020.07.28 登録日 2020.07.28
6