ぼっちヒロイン小説一覧

タグ ぼっちヒロイン×
4
幼少期から幽霊が見える真鍋恵理は、変人だと言われ、いつも一人ぼっちだった。 高校卒業後くらいには、やっと霊が見えなくなっていた。 しかし、就職をきっかけに、幽霊が再び見えるようになった。 この幽霊には、してほしいことがあるようで話しかけてきたそうである。 この幽霊との出会いが、私の人生を大きく変える出来事となった。
24hポイント 242pt
小説 4,290 位 / 91,012件 キャラ文芸 145 位 / 2,718件
文字数 29,032 最終更新日 2021.01.15 登録日 2020.12.26
2
ホラー 完結 長編 R15
学園ものオカルト・スプラッタ・ホラー。グロ描写多し。
24hポイント 0pt
小説 91,012 位 / 91,012件 ホラー 3,328 位 / 3,328件
文字数 28,735 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.24
3
青春 連載中 長編
 学校帰り。寄り道しないこと。スーパーは可。  500円玉を握り締める。今日の夕ご飯なんにしよう? 制服でスーパー通いは悪目立ち。あの娘どこの娘鴨川さん家の娘。きのこと豆腐150円なり。もやしとキムチ130円なり。豚肉100円なり。残りはお幾ら? 120円なり。じゃあサラダはキャベツかな。まだ豆乳あったっけ?  夕暮れ帰り道。鴨川さん家に到着。わたしの家は? 居場所ないならここはどこ?  冷蔵庫は棺桶に似てる。死体の宝庫。朝ご飯の焼き魚の骨をお庭に埋めてたら怒られた。小さい頃の話。手を合わせて「早く大きくなーれ。ミニトマト」。家庭菜園に卵の殻はいいのに、お魚の骨は駄目でした。どうしてかな?  無洗米は炊飯器。きのこは出汁代わりの豆腐のお味噌汁。もやしとキムチと豚肉はフライパンでジュー。砂糖も一匙加えます。千切りキャベツはゆで卵とマヨネーズを和えて出来上がり。炊き立てご飯は残り10分。テーブル拭いて、お皿の用意。お薬1㎎もプチプチする。  転がる錠剤。転がる人生。螺旋階段を狂る狂る回れば、頭の星もくるくる回る。  そんな少女Qの心温まらない物語──
24hポイント 0pt
小説 91,012 位 / 91,012件 青春 3,791 位 / 3,791件
文字数 25,517 最終更新日 2020.10.21 登録日 2020.09.12
4
恋愛 連載中 長編
ただのローカルラジオが、二人を繋いだ。 直接話せなくたって。 ラジオ越しのコトノハが二人を繋いでくれるから。 だから、今日も彼女は言の葉を綴る。 あの人に届いていると、そう信じて。 ※完全に趣味での更新となります。 ※吃音症を題材としています。抵抗がある方はご遠慮ください。
24hポイント 0pt
小説 91,012 位 / 91,012件 恋愛 24,570 位 / 24,570件
文字数 8,287 最終更新日 2020.08.17 登録日 2020.08.17
4