お気楽極楽ファンタジー小説(外部サイト)一覧

タグ お気楽極楽ファンタジー×
2
それはよくあるファンタジー小説みたいな出来事だった。ラノベ好きの調理師である【水無瀬真央(ミナセ・マオ)】と、同じく友人の接骨医にしてボディビルダーの『三三矢善(サミヤ・ゼン)】は、この信じられない現実に戸惑っていた。  俺たち二人は、創造神とかいう神様に選ばれて異世界に転生することになってしまった。  だが神様が言うには、本当なら選ばれて転生するのは俺か善のどちらか一人だけだったらしい。  ちょっとした神様の手違いで、俺たち二人が同時に異世界に転生してしまった。  しかもだ、一人で転生するところが二人になったので、加護は半分ずつってどういうことだよ!!   神様との交渉の結果、それほど強くないチートスキルを俺たちは授かった。  ネットゲームで使っていた自分のキャラクターのデータを神様が読み取り、それを異世界でも使えるようにしてくれたらしい。 『オンラインゲームのアバターに変化する能力』  変化後のスキルとかも使えるので、それなりには異世界でも通用しそうではある。 ということで、俺達は神様から与えられた【魂の修練】というものを終わらせなくてはならない。  終わったら元の世界、元の時間に帰れるということだが。  それだけを告げて神様はスッと消えてしまった。 「神様、【魂の修練】って一体何?」  そう聞きたかったが、俺達の転生は開始された。  しかも一緒に落ちた相棒は、まったく別の場所に落ちてしまったらしい。  おいおい、これからどうなるんだ俺達。
24hポイント 429pt
小説 87 位 / 18,906件 ファンタジー 63 位 / 7,393件
登録日 2017.12.24
2020年。  今年は東京オリンピックが開催される年。  東京をはじめとする各都道府県では、競技会場や応援観光など、様々な催し物が開催されている。  オリンピックの開会式まであと3ヶ月後の4月24日。  北海道は札幌市で、その事件は起こった。  突然現れた、異世界と繋がっている|転移門(ゲート)。  そこからやってきた異世界の女王の提案により、現実世界は異世界との国交を開始されたのだが。 「私、調理師ですよ? なんで異世界にいって仕事しないといけないんですか?」  異世界適性があるというだけで、普通の調理師から異世界政策局の職員になってしまった赤城・湊(あかぎ・みなと) 。  物語は、彼女が異世界と現実世界の間でおこるハチャメチャな日常を書き綴ったものである。
24hポイント 0pt
小説 18,906 位 / 18,906件 ファンタジー 7,393 位 / 7,393件
登録日 2018.03.05
2