第8回BL小説大賞小説一覧

タグ 第8回BL小説大賞×
11
1
BL 完結 長編 R18
Ωというだけで、つらい過去を抱え自責の念とともに生きる36歳の津田。複雑な出生を持つ1歳半の律との日々は穏やかに流れるが、別れへの長いカウントダウンは始まっている。一方、無愛想なΩの部下を疎ましく思っていた乾は、ある事件から津田が気になって仕方がなくて……? 【オメガバース】 現代社会に、男女の他にα、β、Ωの「第ニの性」があり、男性も妊娠する設定です。αが発情期のΩのうなじを噛むことで、2人は番(つがい)になります。他は本編に説明を入れながら展開しています。 お表紙および挿絵は朔羽ゆき様にいただきました(^ ^) Twitter @sakuhayuki_ *別PNにてエブリスタにも掲載中
24hポイント 591pt
小説 2,073 位 / 95,760件 BL 320 位 / 9,402件
文字数 295,313 最終更新日 2020.11.12 登録日 2020.10.10
2
BL 連載中 長編 R18
学校帰りに暴走する車から義理の妹を庇った。 多分、オレは死んだのだろう。――死んだと、思ったんだけど……ここどこ? 目を覚ますと猫耳のメイド服を着た少女がオレを見て慌てている。 「……目が覚めたのですね、エリス!」 なんて言われたけれど、目の前には知らない人たち。エリスって誰? オレのこと? どうやら死ぬ直前まで妹と話していた乙女ゲームの中に転生してしまったオレが、悪役令嬢になる予定の姉をどうにか止めようとしたり、色んな人と関わって愛し愛されていく話。 ※従者×主人公です。従者は8話になるまで出てきません。R18はそのうちに。 第8回BL大賞にエントリーしました。がんばって書きます! ※ムーンライトノベルズ様にも投稿しています。 ※現在構成を練り直しております。投稿再開までお待ちください。
24hポイント 518pt
小説 2,305 位 / 95,760件 BL 366 位 / 9,402件
文字数 172,455 最終更新日 2021.01.06 登録日 2020.10.10
3
BL 連載中 長編 R18
「……教えてほしいもんだ。どうしてお前から『俺の物の証』である甘い香りがするのか」  国を術力で護る縛魔師の香彩は、自分の養育者であり、国に守護の『力』を齎す蒼竜、竜紅人のことを密かに想っていた。  だが想いは十八の歳になって霧散する。  竜紅人には既に想い人がいたのだ。  ある夜、香彩は一夜の思い出を求めて、竜紅人に眠り薬を飲ませて身体を繋ぐ。  それで全て終わらせて、思い出にするはずだった。  だが香彩から蒼竜のものになったという証でもある『御手付き』の甘い香りが漂い始めて……。    竜×人のじれったい和風系異世界ファンタジー。    ※両片想いの、かなりこじれたすれ違いもので、少年へのこじらせた想いを持つ竜×素直になれない少年の物語です。  ※ストーリー重視&R18シーンもそれなりにある作品です。  ※少し異色なオメガバース要素を含みます。  ※物語の中盤から後半に、竜姦、結腸責め、尿道責め、近親相姦、3P、二輪挿し要素がございますので、苦手な方はご注意下さい。  ※『★』印のついている回はR-18シーンがありますので、ご注意下さい。
24hポイント 205pt
小説 4,986 位 / 95,760件 BL 807 位 / 9,402件
文字数 440,158 最終更新日 2021.02.21 登録日 2019.03.03
4
BL 連載中 長編 R18
 かつてこの世界は、聖なる力を宿す血を受け継いだ、セインサーグ国の王が支配していた。  千年以上続く人間と魔王との戦いは、大神官の裏切りによって魔王側が勝利を収め、魔族に気に入られた者は性別年齢関係なく、魔族の国へ連れて行かれて家畜として扱われていた。  セインサーグ国の王子ルナンは、恋をした男に裏切られ聖剣を奪われてしまい、彼を追って魔王が支配する大国シュナイゲルの首都ムートへと旅立つ。  そこには様々な苦難が待ち受け、王子ルナンはその身も心も蹂躙される事となる。  ルナンが愛した男の正体とは……。 *ハードなエロと多種多様な恋愛模様を重視。 (リョナはありません) *救いのあるラストを心がけて書いてます。 (誤字脱字報告はご遠慮下さい。タイミングを考えて見直してます)
24hポイント 134pt
小説 6,190 位 / 95,760件 BL 1,035 位 / 9,402件
文字数 43,858 最終更新日 2020.09.25 登録日 2020.08.08
5
BL 完結 ショートショート R15
 穏やかな晴天のある日の事。僕は最愛の番の後宮で、ぼんやりと紅茶を手に己の生きざまを振り返っていた。ゆったり流れるその時を楽しんだ僕は、そのままカップを傾け、紅茶を喉へと流し込んだ。  ――混じり込んだ××と共に。  オメガバースの世界観です。運命の番でありながら、仮想敵国の王子同士に生まれた二人が辿る数奇な運命。勢いで書いたら真っ暗に。ピリリと主張する苦さをアクセントにどうぞ。  追記。本編完結済み。後程「彼」視点を追加投稿する……かも?
24hポイント 127pt
小説 6,339 位 / 95,760件 BL 1,060 位 / 9,402件
文字数 18,899 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.04.27
6
BL 連載中 長編 R15
 ある世界に獣人の住む国があった。そこでは数年前に、暴虐を尽くした獅子獣人の王を相手にしたクーデターが発生していた。その後任として玉座についたのはクーデターを指揮した黒狼の青年。青年には恋人がいたが、恋人は裏切り者のスパイだった――。  獣人の定義としては、人間にケモミミと尻尾がついた姿としています。それぞれ元になる獣の特徴を併せ持ち、(ファンタジーなので)男性妊娠あり。作者的に美味しいシチュエーションを盛り込んでみました。  懲りずに新作を投稿してみますが、例のごとく完結まで行けるかは未知数です。暇潰しにどうぞ。
24hポイント 99pt
小説 7,405 位 / 95,760件 BL 1,245 位 / 9,402件
文字数 160,747 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.01.18
7
BL 連載中 短編 R15
 数年来の恋人につれなくされて怒り狂うαと、今日も今日とてパフェを食べるのんびりβ  溺愛するΩに愛人をあてがわれそうになって怒り狂うαと、番にハーレムと作らせようとたくらむΩ  やたらと空回る番に振り回されて怒り狂うαと、完璧を目指して空回る天然Ω  とある国に、司東家という巨大な財閥の総帥一家がある。そこの跡取り三兄弟は今日も今日とて最愛の恋人に振り回されている様子。  「今日も今日とて」――次男編――  お互いにべたぼれで、付き合い期間も長い二人。一緒に昼を食べようと誘っておいたものの、真っ赤な顔のΩに捕まっている内に、つれない恋人(β)は先に言ってしまった様子。怒ったαはその後を追いかけ雷を落とす。  はて、この状況は何と言ったか。そう考えた友人はポツリと零す。  「ああ、痴話げんか」  「英雄色を好む」――長男編――  運命の番として番契約を交わした二人。せっせと仕事をするαの元に届けられたのはお見合い写真。差出人(Ω)は虎視眈々と番のハーレム開設計画を練っている様子。怒り狂ったαは仕事を猛烈な勢いで片付けて雷を落としに飛び出した。  ああ、またやらかしたのか。そう察した社員一同はポツリと零す。  「また、痴話げんか」  「拝啓、溺愛の候」――三男編――  運命の番として番契約を交わした二人。今日も大学で学業に励むα元に届けられたのは1通の恋文。しかし、謎の使命感に憑りつかれた差出人(Ω)は、いい雰囲気をぶち壊す天才だった。お預けを喰らい続けて怒り狂ったαは、仕事終わりの番を捕まえ雷を落とす。  ああ、これが噂の。偶然居合わせた野次馬一同はポツリと零す。  「おお、痴話げんか」
24hポイント 71pt
小説 8,939 位 / 95,760件 BL 1,531 位 / 9,402件
文字数 45,593 最終更新日 2020.11.02 登録日 2019.11.26
8
BL 連載中 長編 R18
大学生カップルの話。BL。比較的緩め。 作者多忙の為更新は不定期。大体2日から3日に一本。
24hポイント 63pt
小説 9,452 位 / 95,760件 BL 1,634 位 / 9,402件
文字数 142,982 最終更新日 2021.02.25 登録日 2020.04.22
9
BL 連載中 長編 R15
俺、佐々木春喜(ささきはるき/17歳)は、図書館で見つけた本の世界に入ってしまった!! その本の内容は、竜をパートナーに持つ最強の騎士様のお話だった。 敵が竜人族で、その王が人間を支配しようと目論んでいるらしい。 本の主人公である騎士ヴァレオン・シュティール様に助けて貰ったのはいいけど、なんと俺は猫に変身できる能力を与えられてしまったのだ! 全ては守護神様の仕業らしいけど、俺にヴァレオン様を癒やす事ができるのかな。 *異世界転移ものです。 *誤字脱字報告不要
24hポイント 35pt
小説 13,225 位 / 95,760件 BL 2,264 位 / 9,402件
文字数 26,297 最終更新日 2020.11.01 登録日 2020.10.01
10
BL 連載中 長編
 ――道を見失っていた時に、見出してくれたのは貴方でした――  スランプに陥っていた作家の青藍はある雨の日に、公園で雨に濡れつつ楽しそうに踊っていた常盤と出会う。さっさと家に帰れ、とつれない青藍に悪戯っぽく笑った常盤は"にゃん"と可愛らしく鳴いて言った。  「じゃあさ、じゃあさ。拾ってくれない?生後20年の黒猫です」  結局、一晩だけ、と青藍は仕方なしに野良猫を拾う事になったのだが、翌朝、野良猫はとんでもない光景を作り出すのだった。  ふと、こんな話を書きたいな、と思って書いてみたのですが。書いている内に、こんな話を昔読んだ気がする……?という気がしてしょうがない作者です。一応お断りしておきますが、盗作やネタを拝借等をしているつもりはありません。気にする方がいらっしゃったらすみません。
24hポイント 7pt
小説 23,388 位 / 95,760件 BL 4,265 位 / 9,402件
文字数 55,881 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.03.16
11
BL 完結 短編 R18
※男の夜鷹という特殊設定です※ 蕎麦売りは夜に鷹を抱(いだ)く 侍であった過去を捨て、二八蕎麦を売る「しまき」 × 陰間であった過去を引きずって、夜鷹として生きる青年「ざらめ」 名前の元ネタは雪しまき・ざらめ雪から。 ------- 本編のお話が一~六。 番外編として蛇足が四本あります。 表紙協力:詩穏さま( https://skima.jp/profile?id=45840 ) ロゴ協力:せみこさま( https://twitter.com/semicco ) 参考文献:『歴史道Vol.2江戸の暮らしと仕事大図鑑』朝日新聞出版/『男色の景色』新潮社/『浮世絵春画と男色』河出書房新社/『江戸文化から見る男娼と男色の歴史』株式会社カンゼン
24hポイント 0pt
小説 95,760 位 / 95,760件 BL 9,402 位 / 9,402件
文字数 23,023 最終更新日 2020.04.22 登録日 2020.03.20
11