ザマアあり小説一覧

タグ ザマアあり×
1
初めてのR18作品です。 タイトルはアレですが、ちゃんとしたストーリーも展開します。  生中忠(イケナカ タダシ)、16歳。彼のあだ名はナマナカダシだ。  彼はプールの授業で水中に潜って、女子の水着姿を眺めるのが何よりの楽しみだった。要するにオカズを求めていたのである。  ところがある時、それをクラスメイトの女子に見つかってしまう。慌てた彼はうっかり水を吸い込んでしまい、浮き上がろうとしたが足がつって溺れ死んだ。  そして自称女神に出会った。 「イケナカタダシさん、貴方は死にました」 「貴方をここに呼んだのは私です」 「実は、貴方にお願いがあるのです」 <彼の心の声>  ほらきた、やっぱり異世界転生コースじゃないか。記憶を持ったままチートも付けて転生させるから、その代わりに魔王を倒してくれとかだろ。だがゴメンだね。誰が好き好んでそんな危険な取引に応じるもんか。  思春期の、ヤルことしか頭にない童貞の本当の願いとは何だ。それはヤルことだよ。チートくれるってんなら好きなだけヤレるとかの能力よこせってんだ。 <彼の心の声ここまで>  だが、彼は女神の願いを聞くことになる。何故なら、美しい女神が童貞を入れさせてくれたからだ。しかもナマで、中出しオッケーだと言う。口抜きも合わせて15回くらいヤった。  ところで女神の願いとは、男性の数が極端に少なく、少子高齢化が進む異世界に転生して、子供を作りまくってほしいというものだった。もちろんそのために必要な諸々のチートも与えられた。マツタケは生前の1.5倍、しかも女神でさえ何度かイってしまうほどのカリの大きさだ。  他にも子作りに欠かせないような能力があった。  そして何より願いを叶えて寿命を迎えた後は、女神との蜜月まで約束されたのだ。その希望を胸に、彼は異世界に転生するのだった。 ※数字は基本的に算用数字にて表記しています(例外あり)。 ※女の子がかわる時にチンコ洗わないのとか、終わった後にどうしてるのとかは、無駄に文字数増えるので基本的に描写から省いてます。 ※女の子に女神のことや前世のことを話すのは、無駄に嫉妬させないためです。
24hポイント 369pt
小説 3,634 位 / 126,035件 ファンタジー 714 位 / 32,382件
文字数 120,033 最終更新日 2020.11.07 登録日 2020.09.27
1