アサシン小説一覧

タグ アサシン×
7
 異世界に召喚された一介のオタク社会人だった一郎は、「外界人」としては異例のなんの特殊能力も帯びない「無能力者」だった。  だが、実は、精液によって女を支配するというとんでもない「淫魔力」の持ち主として異世界に「覚醒」してしまったのだ。そのことに気がついた主人公は、その淫魔の力によって得た性技を使って美女や美少女を次々に攻略しながら、やがて一国の王にまで昇り詰める……かもしれない。
24hポイント 163pt
小説 6,899 位 / 110,864件 ファンタジー 1,464 位 / 28,889件
文字数 2,382,023 最終更新日 2020.02.02 登録日 2019.12.15
2
SF 連載中 長編
 数百年後の未来。人類は天変地異により滅亡寸前にまで追い込まれ、それまでに彼らが営々と築いてきたものは全て失われた。  わずかに生き残った人々は力を合わせ必死に生き延び、種を繋ぎ、殖やし、いくつかの部族に別れ、栄えていった。その中の一つがやがて巨大な帝国となり、その周囲の、まつろわぬ(服従しない)いくつかの未開な部族や頑なな国との間で争いを繰り返していた。 就役したばかりの帝国の最新鋭戦艦「ミカサ」に関する不穏な情報を得た皇帝直属の特務機関を統べるウリル少将は、一人のエージェントを潜入させる。 その名は、ヤヨイ。 果たして彼女は「ミカサ」の強奪を防ぐことが出来るのか。
24hポイント 42pt
小説 14,275 位 / 110,864件 SF 191 位 / 3,185件
文字数 186,133 最終更新日 2021.07.18 登録日 2021.02.07
数千年の歴史を持つ古き暗殺教団『黄昏』に育てられた暗殺者。コードネーム『クリード』は、とある依頼により、ジェノバ王国族第三王女ラスピルの護衛を命じられる。 だが、依頼はもう一つあった。それは……第三王女ラスピルを、ジェノバの次期王女にすること。 ラスピルを狙う敵対組織『閃光騎士団』、そして第一、第二王女を次期女王にのし上げようと策をめぐらせる貴族たち。 クリードは、敵対組織の刺客やラスピルに害をなす貴族を影から暗殺していく。 これは、暗殺者クリードが少女のために戦う物語。 心なき暗殺者の少年クリードは、血に染まりながら愛を知る。
24hポイント 35pt
小説 15,911 位 / 110,864件 ファンタジー 2,894 位 / 28,889件
文字数 100,522 最終更新日 2021.03.07 登録日 2021.02.01
【第8回ネット小説大賞、一次選考突破!】 人間嫌いの獣耳少女――ヘイトは、ある時一人の少女と出会う。 その少女は、ヘイトより少し年上の“シュガー”さん。 シュガーは非常にだらけていて、平気で人の家を散らかすズボラな少女だった。 だが、その少女と生活を共にしていくうちに、ヘイトの中で何かが生まれる。 その何か、というのはわからない。 だけど、ヘイトは確実に前の自分とはいい方向へ変わっていった。
24hポイント 7pt
小説 27,766 位 / 110,864件 ファンタジー 5,413 位 / 28,889件
文字数 6,355 最終更新日 2021.06.09 登録日 2021.06.09
5
恋愛 連載中 長編 R18
「…どうしてこうなった。……」 いや、確かに来世では人を守る職に就きたいと願ったけど、 ……この展開は予想してません!!? 元最強アサシンが異世界転生し、宰相様の最強護衛兼、恋人になるお話。 …になる予定。 魔法や妖精が存在するファンタジーな世界で、主人公のチートさに磨きがかかります。 今回初投稿、そして初期作になります! 思いつきシナリオのため、現状はプロットもなく進行。考えながら描き進めます。 どこかでまとめて更新はしたいと思ってるしだいです。 そして、投稿はしますが、評価を得たいというより、作品を作ってみたいと思っての投稿なので、非難中傷や暴言はお控え頂けると有り難いです。 ※エロ、グロや過激描写を含む可能性があるため、苦手な方はご遠慮下さい。 ※過剰なグロ表現がある場合は▲、R指定な表現が入る場合は※をタイトルに記載。 ※更新頻度はゆっくりになると思います。 ※もしかしたら他作品と似てないか?と思うとこがあるかもしれませんが、真似てるつもり全くありません。(真似てると思われる場合は、あの作品読んだ事あるんだろうなー、と暖かい予想の目で読んで頂けると幸いです)
24hポイント 7pt
小説 27,766 位 / 110,864件 恋愛 11,621 位 / 31,859件
文字数 12,811 最終更新日 2020.05.18 登録日 2019.12.09
異世界からチートスキルを持った人達が転生と転移をしまくった結果。私の世界は滅茶苦茶になった。私の両親も転生者に殺された。恩師に拾われ、奴らに復讐するために知識と技術を磨いたけど、何も変えられなかった。結局奪われるだけの人生だったな。でももう一度チャンスがあるみたい。私から何もかもを奪った奴らに仕返しするチャンスが。
24hポイント 0pt
小説 110,864 位 / 110,864件 ファンタジー 28,889 位 / 28,889件
文字数 9,698 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.05.26
アサシン――――ー闇に潜み、影を歩む者。死を運び、狙った獲物を確実に仕留める。 彼らは残酷で、無慈悲で、そしてなりよりも美しい。証拠を残さない彼らはまさに殺しのプロだ。アサシンの顔を知っている者はいない。彼らの顔を知る時は既にあの世に行っている。誰も生きては帰れない。 アサシンはどこにでもいる。隣の家に住む陽気なおばさんか?それとも外で楽しく走り回る子供か?はたまた路地裏で毛布に包まって寒さを凌ぐ放浪者か?誰がアサシンなのかわからない。 彼らは仕事の流儀として、暗殺する相手にいろいろな方法で、死の宣告をする。それを受けた者は必ず1週間以内に殺されるのである。 だが、一週間の間、逃げ切った者にはもう誰も手を出さない、と言った掟も存在する。 ドスガレス国の王国騎士バンス・レクザードは俊足の騎士という称号を持ち、その名を各地に轟かせていた。称号の通り、彼は足が早く、動きも俊敏で、目にも止まらぬ速さで、剣を振る。まるで、踊り子が躍るようにしなやかで、確実に敵を沈黙させる。注目を集める彼はドスガレス王国騎士団の次期団長と間違えない、と言われる中、遂にとあるアサシンに暗殺依頼が出されたのであった。 とあるアサシンと死を宣告されたバンスとの奇妙な物語が始まる。
24hポイント 0pt
小説 110,864 位 / 110,864件 ファンタジー 28,889 位 / 28,889件
文字数 11,945 最終更新日 2018.03.28 登録日 2018.03.06
7