ざまぁねぇ小説一覧

1
年齢40歳。無気力、無職、そして酔っ払い。 無造作に伸びた髪と無精髭がより悲壮感を漂わせる男の名は『ジンフリー・ドミナトル』 彼は今日もまた朝から晩まで浴びる程に酒を飲んでいた。 そんな彼が暮らすリューテンブルグ王国は遡ること5年前……突如ドラゴンが王国を襲った。 このドラゴンは何万年前からと語り継がれる『満月龍(ラムーンドラゴン)』と呼ばれる幻のドラゴンである。 月光の輝きに包まれた美しい満月龍の姿はまさに神秘的。見る者全ての視線を奪うと言われる程に。 そしてそんな満月龍のもう1つの呼び名が“終焉”――。 満月龍の訪れは同時に、その地へ終焉をもたらすと語り継がれていた。 満月龍によって甚大な被害を被ったリューテンブルグ王国。 当時、王国最強の騎士団大団長と謳われたジンフリーは、突如王国に訪れた最悪の終焉を払うべく幻の満月龍と対峙。 しかし結果は惨敗――。 自然災害ともされるドラゴンの力の前において、最早人間の力など無に等しかった。 王国での死傷者は多数。ジンフリーも家族を全員殺されてしまった。 「マリア……ミラーナ……ジェイル……パク……」 最愛の家族を失ったジンフリーはそこから抜け殻の様な日々を送っていたが、酒浸り生活が5年程経ったある日、ひょんな事から想像もしていなかった事態へと、ジンフリーの人生が再び動き出していくのであった。 これは、全てを失った酒飲み落ちぶれ40歳オヤジ、ジンフリー・ドミナトルが繰り広げる人生再始動物語である――。
24h.ポイント 0pt
小説 187,163 位 / 187,163件 ファンタジー 42,896 位 / 42,896件
文字数 130,901 最終更新日 2022.09.28 登録日 2022.08.22
1