Sランク冒険者小説一覧

5
Sランク冒険者マルクは、仕事で吸血鬼のお嬢様、エストを保護した。弱っていたので血を与えると、エストはあまりの不味さにぶっ倒れた。 マルクの血は、飲むだけで命に関わる超不健康な物だったのだ。 しかもエストはマルクを呪おうとして失敗し、彼の血しか飲めなくなってしまう。 マルクは筋トレを続けた結果、世界を滅ぼす力を持つに至った最強の男だ。 そんな彼に、エストは仕事を依頼した。故郷が何者かによって滅ぼされてしまったので、犯人を捜すため力を貸してほしいと。 仇を探す傍ら、エストは自分の命を守るため、マルクの血を美味くしようとあれこれ世話を焼いた。でもマルクの仕事は超絶激務で、全然改善しねぇ。 依頼を受けたマルクだが、エストを手伝うフリをして、彼女を止めようとしていた。 復讐は心を傷付ける。エストが手を汚さないよう、犯人は俺が始末する。依頼主を守り、期待以上の成果を出す。それがプロの仕事ってもんだろう。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,873 位 / 42,873件
文字数 87,055 最終更新日 2023.08.31 登録日 2023.08.23
2
BL 完結 短編 R18
レイモンド・アンドレアは、ダンジョン内で仲間に追放されて大穴に蹴り飛ばされた。 その先で、Sランク冒険者二人組がたまたまいて助けてくれて、何故かレイモンドは気に入られる。 その二人は伝説並みに有名な冒険者だが、変態としても有名な二人だった。 レイモンドの貞操は守られるのだろうか………?
24h.ポイント 7pt
小説 35,324 位 / 187,420件 BL 9,081 位 / 24,274件
文字数 10,707 最終更新日 2023.05.27 登録日 2023.05.04
シロウ・オルダーは、Sランク昇進をきっかけに赤いバラという冒険者チームから『スキル非所持の無能』とを侮蔑され、パーティーから追放される。 しかし彼は、異世界の知識を利用して新な魔法を生み出すスキル【魔学者】を使用できるが、彼はそのスキルを隠し、無能を演じていただけだった。 そうとは知らずに、彼を追放した赤いバラは、今までシロウのサポートのお陰で強くなっていたことを知らずに、ダンジョンに挑む。だが、初めての敗北を経験したり、その後借金を背負ったり地位と名声を失っていく。 一方自由になったシロウは、新な町での冒険者活動で活躍し、一目置かれる存在となりながら、追放したマリーを助けたことで惚れられてしまう。手料理を振る舞ったり、背中を流したり、それはまるで押しかけ女房だった! これは、チート能力を手に入れてしまったことで、無能を演じたシロウがパーティーを追放され、その後ソロとして活躍して無双すると、他のパーティーから追放されたエルフや魔族といった様々な追放少女が集まり、いつの間にかハーレムパーティーを結成している物語!
24h.ポイント 28pt
小説 20,435 位 / 187,420件 ファンタジー 2,616 位 / 42,873件
文字数 532,946 最終更新日 2023.04.13 登録日 2022.12.02
元Sランク冒険者であるレオンの前に、突然現れたのは一人の幼女とゴーレムだった。 彼女の手に持っていた手紙には、魔女であるレオンの姉からただ一言だけが記されていた。 『私の助手だ。訳あってそちらに送る。』 訳あり幼女メグとゴーレムのディックがやってきたことで、のんびりと隠居生活を送っていたレオンの日常は変わってゆく。 ほっこりまったり、脳筋おっさんと幼女たちの同居生活がいざ開幕! Twitter⇒@akari_takadono
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,873 位 / 42,873件
文字数 59,728 最終更新日 2022.09.14 登録日 2018.08.30
5
恋愛 連載中 長編 R18
この国は貴族だからこそ、男女問わず剣術を習うのがしきたりだ。 10歳になると冒険者ギルドに登録し、冒険者として働くのが習わしになっていた。 15歳になると戻ってきて今度は貴族としての行儀や作法を学んでいくのだが、ここにお花畑のヒロインが一人います。 自分は誰にでも愛されるんだと思い込んでいるバカが! 彼女が狙ったのは姉の婚約者である王太子様でした。 王太子様とその婚約者はだれが見ても仲睦まじいほどでした。 妹は王太子様に近づきあることないこと言いふらすのです。
24h.ポイント 7pt
小説 35,324 位 / 187,420件 恋愛 15,609 位 / 56,772件
文字数 25,039 最終更新日 2020.01.15 登録日 2019.11.22
5