ギルド経営小説一覧

5
*『第14回ファンタジー小説大賞【大賞】受賞作』 1.2巻発売中! コミカライズ好評連載中! 「お前はもう用済みだ。ギルドから去れ」 不遇スキルである『鑑定』を持つ【助言士】ロイドは優秀な人材を見つけるために、最強ギルドと呼ばれる『太陽の化身』でボロ雑巾のように扱われていた。 そして、一通り勧誘を終えるとギルドマスターであるカイロスから用済みだと、追放されてしまう。 唐突な追放に打ちひしがれてしまうロイドだったが、エリスと名乗る女性に自分たちでギルドを作らないかと提案された。 エリスはなんと昔、ロイドが一言だけ助言をした底辺鍛冶師だったのだ。 彼女はロイドのアドバイスを三年間ひたすら守り続け、初級魔法を上級魔法並みに鍛え上げていた。 更にはあり得るはずもない無詠唱、魔法改変等を身につけていたのだ。 そんな事実に驚愕したロイドは、エリスとギルドを作ることを決意する。 そして、それなら不遇な素質持ちを集めよう。自分たちと同じ環境である人を誘おうというルールを設けた。 ロイドは不遇な素質を持つ人たちをギルドに加入させ、ただ一つのことを極めさせ始めた。一般レベルで戦えるようにするために。 だが、これが逆に最強への近道になってしまう。 そして、ロイドが抜けた太陽の化身では徐々に腐敗が始まり、衰退し始めていた。 新たな人材、策略。どんな手を使ってでもロイドたちを蹴落とそうとするが、すべて空回り。 これは、ロイドによって不遇な素質を極めた仲間たちが、ロイドとともに最強のギルドを作っていくような、そんな物語。
24h.ポイント 205pt
小説 6,347 位 / 187,162件 ファンタジー 967 位 / 42,896件
文字数 442,684 最終更新日 2023.04.26 登録日 2021.08.22
「実は私……パーティーを解散したいんです」 ある王都の宿屋の一室で、ギルド冒険者パーティー『精霊の剣刃』のリーダーのリリス=エーテルツリーから驚きの発言が飛び出す。それもそのはず、『精霊の剣刃』は現段階で王国最強と呼んでもおかしくはない程の実力者たちだからだ。 またリリス=エーテルツリーは26歳という若さですべてのジョブをマスターしたとんでもない人物であった。 そんな『精霊の剣刃』に商人あがりの荷物持ちとしてパーティーの一員にいる主人公のエミル=ハーネット。彼も驚きを隠せない。そしてリリスの理由に更に仲間全員が驚愕をする。 「ギルド受付嬢になりたいんです」 その言葉に激怒し呆気なくパーティーは解散する。部屋に取り残されたエミルとリリス。しかしエミルはとんでもないものを目撃する。それはお淑やかで温和な性格だと思われたリリスからの止まらない毒舌の嵐…… そうこれは商人あがりの新人ギルドマスターと最強と呼ばれたある1人の冒険者がなぜかギルド受付嬢として、ギルド経営をしながら第2の人生を楽しむファンタスティックストーリー。
24h.ポイント 0pt
小説 187,162 位 / 187,162件 ファンタジー 42,896 位 / 42,896件
文字数 101,125 最終更新日 2023.02.21 登録日 2023.01.12
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
飛ぶ鳥を落とす勢いで、たちまち一目を置かれる存在となったギルド【フレイムナイツ】 この剣と魔法の異世界では、数多の冒険者達が日々活躍していた。 基本は4人編成のパーティから始まるが、ランクや実績を重ねたパーティは人数を増やし、自分達でギルド経営をする事が多い。 この世界では、10歳になると全ての人間が“職種適正”を受け、その適正で【剣士】や【魔法使い】といった職種が決まる。そうして、決まった職種と生まれ持った魔力を合わせて冒険者となる人が多い。 そんな中で、パーティ結成から1年しか経たないにも関わらず、その確かな実力で頭角を現してきたギルド……フレイムナイツー。 ギルドには【剣士】【魔法使い】【ヒーラー】【タンク】等の花形の職種が当然メインだが、ギルド経営となるとその他にも【経営】【建設】【武器職人】等々のサポート職種もとても重要になってくる。 フレイムナイツのマスターで剣士の『ラウギリ・フェアレーター』 彼を含めた、信頼できる幼馴染み4人とパーティ結成したのが全ての始まり―。 ラウギリの目標は異世界一の最強ギルドを築き上げる事。 実力も仲間も手に入れ、どんどん成長していくラウギリとその仲間達が織り成す怒涛の異世界成り上がりストーリー!! ………ではなく、 「無能で役立たずなお前はもういらねぇ!俺のギルドの邪魔だ!消え失せろッ!」 「え……そんな……嘘だよね……?僕達は幼馴染みで……ここまで皆で頑張ってきたのに……!」 「頑張ったのは“私達”ね!【商人】のアンタは何もしていない!仕方なくお世話してあげてたのよ。アンタはもう要らないの」 信じて疑わなかったラウギリと幼馴染達……。仲間達から突如お荷物扱いされ、挙句にギルド追放で海のど真ん中に放り棄てられた【商人】担当、『ジル・インフィニート』のお話――。 「そういえば……ギルドって沢山あるけど、この“海”には1つも無いよね……」 役立たずと捨てられたジルであったが、開花した能力と商才で1からギルドを立ち上げたら何故か実力者ばかり集まり、気が付いたら最強勢力を誇る異世界No.1のギルドになっちゃいました。 婚約破棄された人魚に蛙と融合した武術家、剣を抜けない最強剣士に追放された聖女から訳アリ悪役令嬢までその他諸々……。 変わり者だが実力者揃いのジルのギルドは瞬く間に異世界を揺るがす程の存在となり、国の護衛から魔王軍との戦いまで、波乱万丈な日々がジル達を迎える―。
24h.ポイント 0pt
小説 187,162 位 / 187,162件 ファンタジー 42,896 位 / 42,896件
文字数 178,118 最終更新日 2022.12.12 登録日 2022.02.17
受付嬢に憧れていた新人ギルド職員のフレイが配属されたのは金融課だった。 追い出し部屋とも噂される金融課での奮闘記
24h.ポイント 0pt
小説 187,162 位 / 187,162件 ファンタジー 42,896 位 / 42,896件
文字数 21,550 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.05.28
大手ギルド<レッド・ジェネラル>の<ハケン冒険者>として働くレイは、<勇者>ダミアンに<ハケン切り>を宣告されギルドを追放されてしまう。 しかし実はレイはただの<ハケン>ではなく、ギルド経営に必要なことを俯瞰して学ぶためにあえて<ハケン>としてギルドを転々としていただけの<チート級・ハケン冒険者>で、 実は<レッド・ジェネラル>が大手ギルドになったのも、ほぼ全て彼のサポートのおかげだった。 そんな彼は、もう「学ぶべきことは学んだから未練はない」と、潔くギルドを立ち去る。 そして自分で新ギルドを立ち上げ、メンバーを集め一気に大手ギルドへと成長させていく。 一方、勇者ダミアンたちの<レッド・ジェネラル>は、実はレイのおかげでSランクに成長できたにすぎず、レイが抜けたことで一気に力を失っていくのであって……
24h.ポイント 7pt
小説 38,258 位 / 187,162件 ファンタジー 5,672 位 / 42,896件
文字数 21,550 最終更新日 2020.11.17 登録日 2020.11.08
5