後宮モノ小説一覧

6
1
恋愛 連載中 長編 R15
琳榎は薬王と名を馳せる陳子皇の愛弟子だ。 先だってその薬王から免許皆伝を賜り、生まれ育った連山から独り立ちをせまられていた。 連山で薬草採取していたとき、妖怪に襲われそうに。 そこに現れたのはーーーー
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 恋愛 56,722 位 / 56,722件
文字数 22,258 最終更新日 2024.03.14 登録日 2024.01.27
2
BL 連載中 短編 R18
*あらすじ 後宮そこは帝と妃が住む場所。そこに1人の男が住み着く名を暁諾(アーヌオ)彼は帝(ハオ)から愛されている。 女の格好をし妃として傍に控えその役割を果たす。 その役割とは【未来を見通す力】その代償は性欲発散。暁諾は帝からただ道具として愛されているだけ、本当にそうなのか? そしてその力を知る者がもう1人……。 続きは本編にて…→ -------------*-----------------------*-----------------------------*--------------------*---------- ★作品を書こうと思ったきっかけ 今流行の後宮物語を書いていこうかなという感じに書き始めました。 知識不足だったりするので暖かい目で見て頂けると幸いです。 のびのびと更新します。 好きかも、続きが気になるかもと思ったら【お気に入り】一票をお願いします。 ※性描写多く含みます。 ※文章の無断転載禁止。
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 BL 24,240 位 / 24,240件
文字数 17,535 最終更新日 2024.01.14 登録日 2023.12.19
3
キャラ文芸 連載中 長編 R15
皇帝暗殺の罪で投獄された李明鈴。失意の中、処刑を待つ彼女のもとに美貌の宦官があらわれる。 宦官の名は烏次元といった。 濡れ烏の羽のような黒髪を持つ美しき青年は明鈴に我妻となれば牢からだしてやろうと提案する。 死から逃れるため、明鈴は男性としての機能を捨て去った宦官の妻となることを決意する。
24h.ポイント 21pt
小説 25,220 位 / 187,166件 キャラ文芸 244 位 / 4,350件
文字数 43,053 最終更新日 2024.01.13 登録日 2023.12.09
4
キャラ文芸 連載中 長編 R15
こことは違う、何処かの世界。 神泉華大国という国の西方にある小さな村の女の子『白梅』が、世界を知るために旅に出たのが、物語の始まりです。 娘はまだ生まれて間も無く、この村の外れに捨てられていました。それを不憫に思ったお人よし集団の村人により育てられ、やがて娘は旅に出ます。 ところが旅先で偶然、この国の官吏である洪氏を救うことにより命運は大きく揺らぎ、白梅は後宮の部署の一つである『東廠』にて働くことになりました。 彼女の仕事は、後宮の相談役。 尸解仙、つまり仙女である白梅ですが、それほど頭が切れるわけではありません。 それでも、身につけた仙術と体術と戦術を駆使して、後宮でのんびりと暮らすことを決めたのですが。 皇后候補たちの権力争い、後宮に満ちる瘴気、そして敵国の貴妃の後宮入りなどなど、彼女にはゆっくりとする暇もありません。 白梅にとって、本当に心穏やかな日々は来るのでしょうか。 いえ、来ません。 注)イメージイラストは、AI生成ツールを使用して作成しました。
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 キャラ文芸 4,350 位 / 4,350件
文字数 84,731 最終更新日 2024.01.11 登録日 2023.12.15
星獣国。それは、星が形作る神々に守られた大国。その後宮では、平和に暮らす朱珠菊という妃がいた。 しかし、新しい妃が入りその生活は一変する。新しい妃、玄麗明によってもたらされた変化に巻き込まれる珠菊は、はたして再び平穏な生活を取り戻すことができるのか…。そして、その裏では。 中華風架空歴史小説です。主人公は恋愛をしませんが、周りはドロドロです。少しずつ投稿していきますので、たまにちらっと寄ってくださると嬉しいです。
24h.ポイント 0pt
小説 187,166 位 / 187,166件 歴史・時代 2,402 位 / 2,402件
文字数 7,654 最終更新日 2021.10.28 登録日 2021.10.25
6
恋愛 完結 長編
 リーファは、自ら望んで後宮に輿入れした。  かつて自身が命を救われた稀代の賢帝に、心を奪われていたから。  しかし後宮に彼の方は来ない。  醜姿の皇帝と呼ばれ、影で嘲笑されていることを……後宮の美女たちが抱かれたくないと思っていることを、おそらくは察しているから。  だからリーファは、後宮に来た。  貴方を慕う者はここにいるのだと、毎日文を送り続ける。  正妃にはなれずとも、あの優しい皇帝の愛妾くらいにはなれると信じて。  そして後宮の美女たちへ、彼の内面の魅力を伝えるのだ。  
24h.ポイント 7pt
小説 36,401 位 / 187,166件 恋愛 15,909 位 / 56,722件
文字数 23,070 最終更新日 2021.02.10 登録日 2021.02.08
6