双剣小説一覧

4
この世界では5歳になる全ての者に『スキル』が与えられる――。 洗礼の儀によってスキル『片手剣』を手にしたグリム・レオハートは、王国で最も有名な名家の長男。 レオハート家は代々、女神様より剣の才能を与えられる事が多い剣聖一族であり、グリムの父は王国最強と謳われる程の剣聖であった。 しかし、そんなレオハート家の長男にも関わらずグリムは全く剣の才能が伸びなかった。 スキルを手にしてから早5年――。 「貴様は一族の恥だ。最早息子でも何でもない」 突如そう父に告げられたグリムは、家族からも王国からも追放され、人が寄り付かない辺境の森へと飛ばされてしまった。 森のモンスターに襲われ絶対絶命の危機に陥ったグリム。ふと辺りを見ると、そこには過去に辺境の森に飛ばされたであろう者達の骨が沢山散らばっていた。 それを見つけたグリムは全てを諦め、最後に潔く己の墓を建てたのだった。 「どうせならこの森で1番派手にしようか――」 そこから更に8年――。 18歳になったグリムは何故か辺境の森で最強の『双剣士』となっていた。 「やべ、また力込め過ぎた……。双剣じゃやっぱ強すぎるな。こりゃ1本は飾りで十分だ」 最強となったグリムの所へ、ある日1体の珍しいモンスターが現れた。 そして、このモンスターとの出会いがグレイの運命を大きく動かす事となる――。
24h.ポイント 298pt
小説 4,351 位 / 187,163件 ファンタジー 628 位 / 42,896件
文字数 313,208 最終更新日 2023.05.24 登録日 2023.04.25
ある日、森の中でアンナは一人の男に出会った。 その男は双剣を携えていた。 警戒するアンナに、男は「領主からの依頼できた」と告げる。 これは、魔獣討伐隊のカズンと、薬師アンナの出会いの時。 (カクヨムのイベント お題・二刀流に寄せて) 別サイトと重複投稿しています
24h.ポイント 0pt
小説 187,163 位 / 187,163件 ファンタジー 42,896 位 / 42,896件
文字数 3,567 最終更新日 2022.03.03 登録日 2022.03.03
英雄とゆかいな仲間たちの毎日とアレコレ 別サイトにも公開中 広大な海と大陸で構成されたその世界には、名前がなかった。 名前のない世界で生きる黒熊隊にかかわる面々。 英雄ガラルドとゆかいな仲間たちの物語。 過去、別サイトで「英雄のしつけかた」の題で公開していました。 「英雄のしつけかた」←英雄ガラルドとミレーヌの物語。 東の国カナルディア王国に住む家政婦のミレーヌは、偶然、英雄と呼ばれる男に出会った。 「東の剣豪」「双剣の盾」という大きな呼び名も持ち、東流派の長も務める英雄ガラルド・グラン。 しかし、その日常も規格外で当たり前とかけ離れたものだった。 いくら英雄でも非常識は許せないわ!  そんな思いを胸にミレーヌは、今日もフライパンを握り締める。
24h.ポイント 0pt
小説 187,163 位 / 187,163件 ファンタジー 42,896 位 / 42,896件
文字数 169,521 最終更新日 2021.02.23 登録日 2021.01.13
4
恋愛 連載中 長編 R15
 三年前、フランスで起きたとある事故で大切な人を失った。  とても大切な人だったが、幼いあの頃の俺にはそれが友情だったのか愛情のかは分からなかった。いや、今思えば分かっていたのに分からない振りをしていたのかもしれない。  アイリス・アンジェ・アトランティカ、それが彼女の名だ。  俺に力がなかったことが彼女を守ることが出来なかったことの一端であった。  真新しい慰霊碑に祈りを捧げるが、ここに彼女はいないと無意識に悟る。  いつか再び出会うその日まで、俺、小宇坂宗助は強くなることを決意し、二振りの双剣を手に故郷を立つ。  LEGEND月宮高等学園、それが俺の通う高校だ。この学園は民間軍事会社が経営する特殊な技術を取得するための高等教育機関だった。  そこで俺は初めて一般的な言葉で言う「超能力者」の存在を知る。  それは進化した人類であり、世界から不都合な事実として隠されてきた一万人に一人の存在である。  遠縁の親戚の元で剣術の師匠と出会い戦術を学び、気が付けば「銀幕の双剣(ヴァイス・ツヴァイ)」として名を轟かせていた。  新天地で出会った二人の親友と、一人の幼い少女と共に、大切なものを守るための戦いが今始まる。
24h.ポイント 0pt
小説 187,163 位 / 187,163件 恋愛 56,729 位 / 56,729件
文字数 16,534 最終更新日 2021.02.17 登録日 2021.02.17
4