成り上がり/成長小説(外部サイト)一覧

2
 ――迷宮の出現によって文明社会が一度崩壊した日本。  茨城県神栖市近郊、第七迷宮・鬼國牢。  その中で17歳の青年、黒沢透利は小鬼《ゴブリン》の集団に追い立てられ、死地に陥っていた。  窮地に陥った透利は、望まない形で自らの特殊技能《ユニークスキル》である[狂戦士]を発動させる。  透利は小鬼達と死闘を演じるが、遂に物量に押し切られて致命傷を負う。  死を覚悟していたトーリが目覚めた時、横に居たのは口の悪い少女で――。 「その愚かな脳に焼き付けるが良い。我はジュリエッタ=リンクス=アーデルハイド。長命種《メトセラ》の筆頭、アーデルハイド家の当主にして、黄昏の賢者じゃ! 鮮血の魔女ともいわれる事もあるな!」  異世界から転移してきたツンデレ系性悪美幼女賢者と出会った青年は、戦いの中で仲間を得て、自らもまた強くなっていく。  第一章三〇話くらいから主人公が強くなり、第二章からローファンタジー色が濃くなります。  よろしくお願いします。
24h.ポイント 0pt
小説 21,309 位 / 21,309件 ファンタジー 8,260 位 / 8,260件
登録日 2019.05.14
この異世界には人間、動物を始め様々な種族が存在している。多岐に渡る生物が棲むここは異世界「ソウルエンド」 この世界で一番権力を持っていると言われる王族の“ロックロス家”は、その千年以上続く歴史の中で過去最大のピンチにぶつかっていた。 「―このロックロス家からこんな奴が生まれるとは…!!この歳まで本当に魔力0とは…貴様なんぞ一族の恥だ!出ていけッ!」 ソウルエンドの王でもある父親にそう言われた青年“レイ・ロックロス”。 十六歳の彼はロックロス家の歴史上……いや、人類が初めて魔力を生み出してから初の“魔力0”の人間だった―。 森羅万象、命ある全てのものに魔力が流れている。その魔力の大きさや強さに変化はあれど魔力0はあり得なかったのだ。 レイの父親は、面子も権力も失ってはならぬと極秘に“養子”を迎えた―。 成績優秀、魔力レベルも高い。見捨てた我が子よりも優秀な養子を存分に可愛がった父。 そして――。 魔力“0”と名前の“レイ”を掛けて魔法学校でも馬鹿にされ成績も一番下の“本当の息子”だったはずのレイ・ロックロスは十六歳になったこの日……遂に家から追放された―。 絶望と悲しみに打ちひしがれる……… 事はなく、レイ・ロックロスは清々しい顔で家を出て行った。 「ああ~~~めちゃくちゃいい天気!やっと自由を手に入れたぜ俺は!」 十六年の人生の中で一番解放感を得たこの日。 実はレイには昔から一つ気になっていたことがあった。その真実を探る為レイはある場所へと向かっていたのだが、道中お腹が減ったレイは子供の頃から仲が良い近くの農場でご飯を貰った。 「うめぇ~~!ここの卵かけご飯は最高だぜ!」 しかし、レイが食べたその卵は何と“伝説の古代竜の卵”だった――。 レイの気になっている事とは―? 食べた卵のせいでドラゴンが棲みついた―⁉ 縁を切ったはずのロックロス家に隠された秘密とは―。 全ての真相に辿り着く為、レイとドラゴンはほのぼのダンジョンを攻略するつもりがどんどん仲間が増えて力も手にし、異世界を脅かす程の最強パーティになっちゃいました。 あまりに強大な力を手にしたレイ達の前に、最高権力のロックロス家が次々と刺客を送り込む。 様々な展開が繰り広げられるファンタジー物語。
24h.ポイント 0pt
小説 21,309 位 / 21,309件 ファンタジー 8,260 位 / 8,260件
登録日 2021.12.08
2