ざまぁ要素は少なめ小説一覧

3
1
恋愛 完結 ショートショート
婚約者の気持ちを知りたい殿下の出した答え――「そうだ、浮気をしよう!」 ガトー殿下が愛してやまない婚約者イアリス・クームは学業優秀、品行方正な絶世の美少女。唯一の欠点は表情筋が死んでおり常に感情の読めない無表情であること。それゆえに彼女は『氷の令嬢』とあだ名されていた。 果たしてイアリスは自分を愛しているだろうか……彼女の心が分からないガトー殿下はどうしても愛する婚約者の気持ちが知りたいと悩む。 そんなガトー殿下に付き合わされる従者ロッシェはもっと大事な問題があるだろうと呆れていた。実はガトー殿下の側近が次々にブッシュ男爵令嬢の虜となって失脚する事件が起きていてそれどころではなかったからだ。 だが、ガトー殿下はそんな事件よりイアリスが大事! そして、ガトー殿下が導き出した計画は……「そうだ、ブッシュ男爵令嬢と浮気をしよう!」 それは従者ロッシェに頭を抱えさせる左斜め遥か上方の考えだった。
24h.ポイント 7pt
小説 34,871 位 / 187,385件 恋愛 15,349 位 / 56,780件
文字数 9,680 最終更新日 2024.01.21 登録日 2024.01.21
 うー、ダイエット、ダイエットー!  子爵家の庭を必死に走っている俺は、丸々太った、豚のような子爵令息のテオドール十五歳。つい先日、婚約者の伯爵令嬢にフラれたばっかりの、胸に大きな傷を負った漆黒の堕天使さ。髪はブロンド、瞳はブルーだけど。  貴族としてあるまじき醜態はすぐに社交界に広がり、お茶会に参加しても、いつも俺についてのヒソヒソ話をされて後ろからバッサリだ。どっちも、どっちも!  そんなわけで、俺は少しでも痩せるために庭を毎日走っている。でも、全然痩せないんだよね、何でだろう?  そんなことを考えながら走っていると、庭の片隅に見慣れない黒い猫が。  うは、可愛らしい黒猫。  俺がそう思って見つめていると、黒い猫は俺の方へと近づいてきた! 「人間をやめないかい?」 「いいですとも! 俺は人間をやめるぞー!!」  と、その場の空気に飲まれて返事をしたのは良いけれど、もしかして、本気なの!? あ、まずい。あの目は本気でヤる目をしている。  俺は一体どうなってしまうんだー!! それ以前に、この黒い猫は一体何者なんだー!!  え? 守護精霊? あのおとぎ話の? ハハハ、こやつめ。  ……え、マジなの!? もしかして俺、本当に人間やめちゃいました!?  え? 魔境の森にドラゴンが現れた? やってみるさ!  え? 娘を嫁にもらってくれ? ずいぶんと地味な子だけど、大丈夫?  え? 元婚約者が別のイケメン男爵令息と婚約した? そう、関係ないね。  え? マンドラゴラが仲間になりたそうな目でこちらを見てる? ノーサンキュー!  え? 魔石が堅くて壊せない? 指先一つで壊してやるよ!  え? イケメン男爵令息が魔族だった? 殺せ!  何でわざわざ俺に相談しに来るんですかねー。俺は嫁とイチャイチャしたいだけなのに。あ、ミケ、もちろんミケともイチャイチャしたいよー?
24h.ポイント 7pt
小説 34,871 位 / 187,385件 ファンタジー 5,149 位 / 42,871件
文字数 74,215 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.05.01
3
恋愛 完結 長編
マクバーレン公爵家には、一人の少女が居る。 継母に毒を盛られて、父には興味を持たれず。メイドや執事は見て見ぬふり。 彼女を救ってくれるのは、人間ではない魔物の男だけ。 「思うのだけれど……殺されかけても、魔物の貴方にしか助けてもらえない私って、生きている意味があるのかしら?」 そんな事を言っては、魔物を困らせる彼女……セルディナ・マクバーレンは、第一王子の婚約者に選ばれてしまった。 「私の心はとっくに死んでしまっているのに、今更婚約者なんて言われましても……」 死んだ心で生きるセルディナは、婚約によって変わるのか。 「セルディナ様はまだ生きていますよ。ほら、毒入りのケーキなんて食べないで下さい。新しいものをお持ちしますから」 ……それとも、毒で死んでしまうのが先か。
24h.ポイント 35pt
小説 17,992 位 / 187,385件 恋愛 7,901 位 / 56,780件
文字数 88,770 最終更新日 2020.10.19 登録日 2020.09.12
3