第2回キャラ文芸大賞開催中

第2回キャラ文芸大賞 参加作品 ランキング

701 12345
最愛の祖父を亡くした、主人公――吉祥(きちじょう)真備(まきび)。 天蓋孤独の身となってしまった彼は『一坪の土地』という奇妙な遺産を託される。 祖父の真意を知るため、『一坪の土地』がある岡山県へと足を運んだ彼を待っていた『モノ』とは。   神さま・あやかしたちと、不憫な青年が織りなす、心温まるあやかし譚――。     ※エブリスタにも掲載をはじめました
ポイント 4,220pt
文字数 109,822 最終更新日 2018.12.09 登録日 2018.10.23
主人公、小城 綾香(こじょう あやか)は、ひょんなことをキッカケに釣り人居酒屋『魚んちゅ~』(うぉんちゅ~)でアルバイトを始める。 釣り人居酒屋と言うくらいだから、大将も店員も釣り好きばかり、もちろん、お客さんも釣り好きが多かった。そんな中、ド素人のアヤカは釣りにアルバイトに奮闘していく。 果たして、アヤカはどんな成長を遂げるのか?! ほのぼのとしたお話です。料理も出てきますので、釣りにあまり興味のない方もよろしくお願いします
ポイント 4,186pt
文字数 41,868 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.14
高校2年生の『天童結花(てんどうゆか)』。 彼女はつまらない日々を過ごしており、新しい刺激を欲していた。 ひょんなことからバイト募集の張り紙を発見しそこへ向かう。 駅から徒歩圏内。 近くにはコンビニもご飯を食べる場所もある。 仕事の時間以外は何をしてもOK。 出勤は土日祝だけ。 時給は650円。 背の高いハンサムなイケメン店長『天上呂攻(あまがみりょこう)』が出迎えるお客様は……地球人ではない!? 予想外のお客さんや店長相手に結花か奮闘していく物語。 「結花、悪いけど今月のバイト代待ってくれ」 「本当に最低ですね!?」 ほのぼのしつつ、ちょっとクスっとするストーリー。 まったりと更新。
ポイント 4,061pt
文字数 37,737 最終更新日 2018.12.07 登録日 2018.10.31
「はあ? 私と付き合いたければ、もっと気の利いた告白でもしてみなさいよ!」 僕は決心した。彼女をうんと云わせる告白をいつか必ず、して見せることを! ――これは冴えない独身男「榊原祐樹」による、お嬢様「黄川田真奈美」への悲しくも壮絶な愛の告白ストーリーである。 (小説家になろうにも重複投稿しております) なお、表紙は九藤朋さまからの頂き物です。
ポイント 4,036pt
文字数 69,665 最終更新日 2018.11.29 登録日 2018.11.03
45
キャラ文芸 連載中 長編 R15
 ホームレスになった少女、千真(ちさな)が野宿場所に選んだのは、とある寂れた神社。しかし、夜の神社には既に危険な先客が居座っていた。化け物に襲われた千真の前に現れたのは、神職の衣装を身に纏った白き鬼だった――。  普通の人間、普通じゃない人間、半分妖怪、生粋の妖怪、神様はみんなお友達?  田舎町の端っこで繰り広げられる、巫女さんと神主さんの(頭の)ユルいグダグダな魑魅魍魎ライフ、開幕!  草食系どころか最早キャベツ野郎×鈍感なアホの子。  少年は正体を隠し、少女を守る。そして、少女は当然のように正体に気付かない。  二人の主人公が織り成す、王道を走りたかったけど横道に逸れるなんちゃってあやかし奇譚。  コメディとシリアスの温度差にご注意を。  他サイト様でも掲載中です。
ポイント 3,858pt
文字数 471,375 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.11.10
大学に通うため田舎に引越してきた普通の大学生、霧立八雲。 彼はその田舎で『雨月神社』に参拝する。 しかしその『雨月神社』は八雲が住んでいる浮世(この世)ではなかった。 『雨月神社』は悩みを抱えたアヤカシ、妖怪、神様などが参拝に来る処だった。 『雨月神社』で八雲は、 物腰の柔らかく優しい謎の陰陽師、香果と、 香果が大好きな自由な猫又、藤華に出会う。 ひょんなことから八雲は『雨月神社』に住むことになり… 雅な陰陽師に誘われ、様々な悩みを解決する。 ほっこりして癒やされる、疲れた心に良く効く、風流な短編物語。 キャラ文芸大賞参加作品です! 投票お願いします!
ポイント 3,648pt
文字数 39,561 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.08.19
47
キャラ文芸 連載中 長編 R15
「はじめまして。あたし、エリコって言うの。坊やのお察しのとおり、生きてる人間じゃございません」 ぼくはある日道端で、変なかっこうをしたお化けの女の人に出会った。 その人はどうやら幽霊さんで、なにか思い残したことがあってぼくの前に現れたらしいのだけれど。 エリコさんはいじめられていたぼくを助けてくれるが、次第にその謎が明らかになっていき……。 ちょっとオカルティックなハートフルコメディ。そんなに怖くはありません。 ※「残酷な描写あり」は一応の保険です。 ※無断転載は許可しておりません。
ポイント 3,534pt
文字数 33,739 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.24
48
キャラ文芸 完結 ショートショート
読書時間:およそ20分。あらすじ:コミュ障の潔癖先生が赴任したのは小さな診療所。そこには美人で無表情な看護師の麗さんがいた。同じ職場で働く二人きりの同僚。なんとかしてコミュニケーションをとりたい。そこに妖精リンさんが現れて……
ポイント 3,394pt
トリコロールは「青――自由」・「白――平等」「赤――博愛」掲げた旗は、いつしか大切な世界を包み込み、きっと、今日も明日も、総務部として会社を、仲間を彩るだろう。 ◇表紙絵師:我那覇アキラさま。おしゃれなレイアウト、ありがとうございました。 総務部所属13年目に突入した主任の佐東海空、副主任の篠山雪乃、新卒の鴻鈴子。揃って総務部トリコロール。勧善懲悪なんかどこへやら。総務の仕事は次から次へとやってくる!読めばたちまち元気になれる!爆速爽快OLお仕事キャラ小説×サスペンス×社会人ラブコメディ。三者三様のオムニバスキャラクター文芸。 ◇キャラ文芸大賞にエントリーしました!総務部トリコロール、応援よろしくお願いします。◇ ****** ※よろしかったらぜひともお気に入りしてゆっくりお楽しみください。 閲覧はもちろん、感想・お気に入りなどありがとうございます。感謝を込めて現在より予定よりも加筆しておりますので引き続きお付き合いくださいますと嬉しいです。
ポイント 3,352pt
文字数 162,584 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.09
 若い霊能者に飼われていた管狐(くだぎつね)は、引っ越しのドサクサに巻き込まれ、野に放たれる。管狐は野に出ると、様々な危険が付きまとうが、霊能者が迎えに来るのを夢見て、必死に生きて待っていた。  そんなある日、幼女と出会い、無理矢理飼われる事となってしまった。  しかし、幼女は勘違いしている。 「俺は管狐。妖狐ではない!!」  はてさて、管狐は無事、立派な妖狐になれるのでしょうか……。もとい、霊能者に迎えに来てもらえるのでしょうか。  毎日、20時ごろに更新します。  画像はイメージで、登場キャラと関係ありません。  キャラ文芸大賞に応募しております。投票していただけると有難いです。
ポイント 3,305pt
文字数 44,097 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.30
普通の人にはみえないものが視え、聞こえない声を聞き、それらと対話し、必要とあらば除霊、浄霊をすることができる能力、いわゆる霊能力を持つ稜ヶ院冬弥はその力を活かし霊能師という仕事をしている。 そんな冬弥のもとに霊障に悩む主婦から依頼を受ける。が、その依頼がやがて、とある山間地方の旧家にまつわる呪念に引き寄せられていくことに――。 イケメン霊能師 × 超イケメン師匠の 心霊サスペンス
ポイント 3,215pt
文字数 147,258 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.20
私は、イジメで不登校になった。 学校も行けない。 友達も居場所もない。 苦痛で引きこもりになる毎日。 そんな時に岐阜に住むお祖母ちゃんから 夏休みだけこっちにおいでと言われた。 小さい頃しか行ったことのない岐阜の街。 そこで私は、ある少年と出会った。 明るく無邪気な彼は、車椅子だった。 人情と胸キュンいっぱいのご当地 青春ラブストーリー。 *注意。 地元を舞台にしていますが フィクションです! そのため団体、建物には一切関係 ありません。 誤字、脱字があったら申し訳ありません。 気づいたら修正します。 キャラ批判や辛口コメントは、 ご遠慮下さい。 ご理解出来ない場合は、コメントの 表示は、致しません。 公開日・2018.11.25。
ポイント 3,214pt
文字数 44,952 最終更新日 2018.12.11 登録日 2018.11.25
『世界を救う? まさか!? 私はただの調理師です!』 横須賀海岸通の外れ、海辺の景色と地場の新鮮な魚料理が自慢の小さな料理店に、『偶然か必然か』ふとした事がキッカケで変な奴らが集まりだして、とんでもない事件が巻き起こる。ただ美味しい物を食べて平穏に暮らしていただけなのに『どうしてこうなった!』人外魔境を押し通り、魑魅魍魎を相手取り、後悔しても始まらない、後悔している暇も無い、一歩前へと突き進む、3人娘を引き連れて、アラサーおねいさん獅子奮迅、東奔西走の大活躍!
ポイント 3,117pt
文字数 68,447 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.27
ロリータファッション大好き、将来のことなんて考えられない高校三年生の志乃は、古くから神隠しにあうと言われている天狗岩で、戦国時代にタイムスリップをしてしまう。 そこで出会った、奇抜な戦姫との出会いによって、志乃は姫として、城に向かい入れられる。
ポイント 3,091pt
文字数 55,290 最終更新日 2018.10.28 登録日 2018.10.27
55
キャラ文芸 連載中 長編 R15
霊やあやかしが見える『二階堂誠一』は、五年前に出会った妖狐『蒼矢』とともに便利屋『幽幻亭』を営んでいる。 得意分野は、主に幽霊や妖怪が絡んでいる事件。 「不可思議な現象でお困りの方、   『幽幻亭』までご連絡ください」 *この物語はフィクションであり、登場する人物名及び団体名は実在のものとは関係ありません。 *カクヨムと小説家になろうにも掲載してます。 第2回キャラ文芸大賞にエントリーしてます。
ポイント 3,071pt
文字数 48,492 最終更新日 2018.11.26 登録日 2018.11.11
★★おかげさまで完結しました★★ 女子大生の咲(さき)は東京・谷中で一人暮らしを始める。ところが、叔父に紹介されて住み始めたアパートには、幽霊が! 彼の名前は惣佑(そうすけ)。江戸時代末期に谷中で店を持っていた料理人で、志半ばで命を落としてしまったという。 実体がなくなってしまった惣佑の代わりに、料理初心者の咲が台所に立つことになった。 どこか不思議な男子大学院生・久世穂積(くぜほづみ)も交え、咲たちは食べ物に関わる『日常の謎』に巻き込まれていく。
ポイント 2,979pt
文字数 117,757 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.11.27
「パパ、ママお兄ちゃんが欲しい」  小学3年生の頃、両親に言ったお願い。  高校生にもなった今なら、当然無理だと言うことがわかる、  だが、その時のパパとママは目を光らせこう言った。 「本当にいいのね」  そして、兄が連れてこられたのは、犬耳、犬尻尾付きの兄だった。  ショートショートに、短編での連載『も』追加していきます。
ポイント 2,839pt
文字数 18,295 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.11.11
深夜のコンビニバイトを始めた俺だが、妖怪や異世界から来ましたみたいな人ばっかりで正直もうやめたいんですけど。何でもいいけど、ちゃんときゅうりや金貨じゃなくてお金払っていってくださいねお客様方。 口裂け女さんに鎌突きつけられてコンビニのレジバイトで命の危険を感じたんですけど、接客業ってこんな感じなんですね!!!!! でもまぁ、コンビニで動画撮影するクソイキリ勇者ユーチューバーよりはマシか! 最近だと潔癖症の死神と掃除したり、ガチャ狂いの織田信長とガチャを引いたりもうこれ普通のコンビニ店員に戻れないよ俺! *** お気に入り登録ありがとうございます。 感想、ご意見等いただけましたら嬉しいです。 小説家になろうでも投稿しておりますコメディ部門で日間で一時期一位になれまして...三位以内に入ってるのも信じられないです。本当に皆さんのお陰です。
ポイント 2,749pt
文字数 352,272 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.05.07
現在、活動をされているWeb小説作家の方々の作品を本物語で私、古書店「ふしぎのくに」店主であるセシャトが紹介させていただく、リアルタイムハーフノンフィクションです。 世の中にはとても面白いWeb小説が沢山あります。それらを一つでも多く紹介、発信していければという事で神様より生み出された私の厳選紹介小説です。 ※紹介させていただく作品や作者様には了解を取っております。 また、さまざまな方と交流し、紹介をさせていただきますので突然、これを見られている貴方、あるいは貴女へアポイントに向かうかもしれません。 宜しくお願いします。  私、古書店『ふしぎのくに』オーナーのセシャト。執筆担当のヘカさん、ブックカフェオーナーのトトさん。 そして私達を作った神様。ストーリーテラーを迎えて紹介小説もパワーアップしましたよぅ!
ポイント 2,720pt
文字数 340,738 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.01
この物語の舞台は静岡県。 ある夜、激痛に見舞われ意識を失った翌朝。 目覚めると違和感が。 そしてジブンに起こった事を確認する為に立った鏡の前で…そこに映るのは見覚えの無い少女…いや俺? そんな所から始まる主人公"如月瑠衣"(キサラギルイ)の"衣瑠"(イル)としての毎日を描くワケあり青春ストーリー。 "衣瑠"と惹かれあっていく幼馴染の莉結(リユ)、衣瑠に対して何故か殺意を向ける同級生の"彩(アヤ)。 そして衣瑠たちに"生きるコト"の意味を教えてくれた"嶺"(レイ)とその姉の"稚華"(チカ)。 これは周りを取り巻く人々によって成長していく"衣瑠たち"の物語です。 この小説を執筆するにあたって、読者の方々に大変励まされております。この物語が続いているのはその方々が居るからなのです(´。-ω-) 興味を持って頂けたら是非1話だけでも読んで下さい。つまらないと思った方は、良ければその理由などもコメントして頂けたら出来る限り勉強させて頂きます。 まだまだ未熟者ですが創造をカタチにしていく勉強の真っ最中なので、是非温かい目で見守ってください。
ポイント 2,698pt
文字数 214,161 最終更新日 2018.12.13 登録日 2017.12.28
路地裏で暗躍するチームニャンダバーは、自称悪の限りを尽くす事を目的とし、人間社会に牙を剥く悪の秘密結社のお猫様軍団である。 思いの限りの悪いことをしていると本人(本猫)達は、信じて疑っていない。 チームニャンダバーは本当に悪の秘密結社なのだろうか? ーーーーーーーーーーー 本編に出てくる地名、団体は全て架空の名称です。
ポイント 2,621pt
文字数 69,363 最終更新日 2018.12.07 登録日 2018.10.06
悪の組織の女幹部ジャスミンバニーは、ボスの命令に従い、癖の強い部下たちと共に今日も元気に暴れ回っている。 果物戦隊も武将戦隊もアイドル戦隊も、中の人が代替わりをしながら長年続いている正義の味方も、世界征服の邪魔者――というのは表向きの話。 実際は、国会議員からの寄付金のために忖度したり、とある会社の商品売上に貢献したり、ヒーローに正体がバレそうになったり、部下の愚痴を聞いたり、部下が警察にご厄介になったり、部下の監督不行届をボスに咎められたり、裏でも結構頑張っている。むしろ裏で頑張っている。 そんな、苦労の多い中間管理職ジャスミンバニーの、怪人・怪獣とヒーローたちとの悪の組織ライフ。 戦闘あり、まったり日常あり、恋愛・逆ハーレム要素あり、ラッキースケベあり、もちろん陰謀もあり――そんな、ごちゃまぜラブコメディ(の予定。もちろん、予定は未定)。 他投稿サイトでも更新中。 パロディやオマージュが多々あります。目くじらを立てずに読んでいただけると嬉しいです。 文末におまけを載せています。お楽しみいただけると幸いです。
ポイント 2,620pt
文字数 71,693 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.01
 何の皮肉か、間違いか、或いは神の悪戯か。  彼には大抵のことは高水準で出来てしまうワケの分からない才能があった。  見れば真似できてしまう。聞けば理解できてしまう天才的なその才能のせいで『挫折も』『努力』も知ることが出来ないその境遇をただただ嘆く高校生のお話。
ポイント 2,605pt
文字数 7,933 最終更新日 2018.12.06 登録日 2018.11.29
住宅街にほど近い場所にある、ベーカリーカフェ『小さな森』は、小森真希が経営するお店。 いつもパンの香りが漂うそのお店はとても人気だ。 そのお店には美味しいパンの他に、もう一つ客に人気のあるものがある。 それはパン一つ一つに添えられた素敵なイラストだ。 優しい色彩のそれに心惹かれる客は大勢いる。 しかし店長の真希は決して誰が描いたかを明かそうとはしない。 「素敵な人が描いてくれたんです」 そう微笑む彼女の顔には誇らしげな表情と照れたような表情が混ざっている。 『小さな森』を訪れる客、アパートの住人、店長の真希、謎の男性、それぞれの人々が語るストーリー。
ポイント 2,480pt
文字数 16,923 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.11.30
妖怪や悪霊が見える主人公の少年は中学1年生。ヒロインは少年のクラスメイトで幼馴染みの巫女。彼女は妖怪の姿こそ見えないが、妖怪退散のお祓いはお手の物。ある事件をきっかけに非常階段から落ちていくヒロイン。その時、少年の前に土地神が舞い降りる――ちょっと間抜けな中学1年生の2人が微妙な距離感でくっついたり離れたりする和風ファンタジー×ラブコメ作品。
ポイント 2,378pt
文字数 42,103 最終更新日 2018.12.11 登録日 2018.11.27
東京の中心より西に外れた八王子、さらにその片隅に一軒のひなびた酒場がある。 「酒処 七王子」 そこは一見、普通の酒場であるが、霊感の鋭い人は気づくであろう。 そこが人ならざるモノがあつまる怪異酒場である事を。 これは酒場を切り盛りする7人の兄弟王子と、そこを訪れる奇怪なあやかしたち、そしてそこの料理人である人間の女の子の物語。
ポイント 2,306pt
文字数 85,758 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.28
そこは、今時珍しく繁盛した昔ながらの駅前商店街から一本入った裏通りに建つ寂れた場末のスナック――ではなく小料理屋「和膳」。 無愛想ながら超絶イケメンの若店主と、元気と食い気が取り柄のちっちゃい若女将が経営する、ちょっとワケ有りの店「和膳」は本日も営業中でございます。 さあ、いらっしゃいませ。 ※11/18(日)完結しました。
ポイント 2,208pt
文字数 36,126 最終更新日 2018.11.18 登録日 2018.11.04
猫と話が出来る恭子は、祖母から譲り受けた喫茶店をやることになる。すこし変わり者に見られる恭子の周りに来る人達との触れ合いと、美味しい料理のお話。 ある春の嵐の日、恭子と猫「むぎ」は雨の海で一人の男を拾う。身元も忘れているというその人は、恭子にただ置いてくれという。
ポイント 2,180pt
文字数 8,347 最終更新日 2018.12.05 登録日 2018.11.15
——その『矛盾』はやがて世界をも飲み込む『選択』を導く—— ——考えすぎな癖がある大学生、坂井雄介はこの世の理不尽、不条理が許せない。 平凡な日常を送っていた雄介だったが運命に弄ばれるように『人外の力』を得、世界の隠された真実を知る。 そして怪しげな研究者、水代に『君の人権は消失するんだ』と告げられ『実験体』となる。 想像を越える過酷な環境と、自己矛盾、過去により、徐々に雄介の人間性は崩壊していく—— 現代の日本を舞台に描かれる長編ダークファンタジー
ポイント 2,095pt
文字数 83,090 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.26
70
キャラ文芸 連載中 長編 R15
ある日古之屋モトコの前に現れた堕天使<オネエ>は言った。 「アナタ、アタシのために彼氏作りなさい」と。 しかも、大事にしまっておいたゲームコラボデザインのニットワンピを着て。 (おまけによく似合うし太ももが眩しい) 一体どうしてこんなことになったのか。 モトコの運命を決めたのは、ごみ捨て場で出会った一冊の本だった。 これは彼氏いない歴=年齢のオタ女子と堕天使なオネエが織りなすコメディである。 ※主人公が渋々恋活させられて過去のトラウマを乗り越えるお話です。 ※堕天使が登場しますが神話などのものとは違うオリジナル解釈のものとなります。 ※一部下ネタ注意(前書きにも入れます) ※アルファポリス先行公開ののち、小説家になろうでも掲載予定です。
ポイント 2,086pt
文字数 29,150 最終更新日 2018.12.12 登録日 2018.11.21
「能力者」と呼ばれる特殊な力を宿した人間が増えてしまった近現代。 フリーランスで仕事を受け、裏世界的にも名を馳せる「請負屋」の双子兄弟・新堂疾風と新堂疾斗が無理難題に等しい依頼とか案外無理でもない依頼を解決していく ※詳細設定・登場人物について https://www.uchinokomato.me/list/show/17654
ポイント 2,061pt
文字数 116,405 最終更新日 2018.12.01 登録日 2017.05.09
「花嫁の方がよっぽどお似合いだって言うならもう、この際再就職先はそれでいいよ――」 「だったらちょうどいいじゃないか。君、私の嫁に就職しないか?」 社会人三年目にして、早くも社会の荒波に押しつぶされつつあった橋田家の長男、透(トオル)。 うっかり酔いに任せて愚痴った言葉に、何故か応じる言葉あり。 いかにも仕事のできそうな女性、百鬼静華(ナギリシズカ)と成り行きでお試し交際することになった透だったが、主夫業も家政夫業も、今まで家事の一切を母や従姉妹に任せていたぐうたら長男には未知の領域。 立派な嫁となるべく、過酷(笑)な花嫁修業が始まった。 ※完結済。小説家になろうに投稿中
ポイント 2,057pt
これは、主人公が普通の人生を歩む物語といえる。 こういう学園ものを書くのは初めてなので至らぬところが多数あると思います。 それでも最後まで読んでいただけるとさいわいです。 私の元気の源は皆の感想です。 酷評でもいいので送ってくれるとうれしいです。 最後に、この作品はフィクションです。実際の人名、地名等とは一切関係がありません。また、著者の体験談でもありません。
ポイント 2,034pt
文字数 19,553 最終更新日 2018.12.02 登録日 2018.10.17
時辰儀(じしんぎ)きざみは5歳の女の子。 彼女は”時間”を司る神クロノスの一人娘で、一級時計修理技能士の資格を持つ母――麻理が営む小さな時計修理屋で清く貧しく逞しく暮らしていたのだが……。 「全てはIカップブラをつけるため!」 奇妙なシモベを引きつれ”時間泥棒”と化したきざみは、今宵も「メシウマ! メシウマ!」と弱者を嗤う。
ポイント 2,024pt
文字数 83,238 最終更新日 2018.10.02 登録日 2017.11.30
とある事件から1年。また新たな事件が起ころうとしていた・・・
ポイント 2,019pt
文字数 20,582 最終更新日 2018.11.18 登録日 2018.11.18
76
キャラ文芸 連載中 長編 R15
ぼくの父親は黒い羽根が生えている烏天狗だ。 ぼくの父親は寂しがりやでとっても優しくてとっても美人な可愛い人?妖怪?神様?だ。 大きな山とその周辺がぼくの父親の縄張りで神様として崇められている。 父親の近くには誰も居ない。 参拝に来る人は居るが、他のモノは誰も居ない。 父親には家族の様に親しい者達も居たがある事があって、みんなを拒絶している。 ある事があって寂しがりやな父親は一人になった。 ぼくは人だったけどある事のせいで人では無くなってしまった。 ある事のせいでぼくの肉体年齢は十歳で止まってしまった。 ぼくを見る人達の目は気味の悪い化け物を見ている様にぼくを見る。 ぼくは人に拒絶されて一人ボッチだった。 ぼくがいつも通り一人で居るとその日、少し遠くの方まで散歩していた父親がぼくを見つけた。 その日、寂しがりやな父親が一人ボッチのぼくを拐っていってくれた。 ぼくはもう一人じゃない。 寂しがりやな父親にもぼくが居る。 ぼくは一人ボッチのぼくを家族にしてくれて温もりをくれた父親に恩返しする為、父親の家族みたいな者達と父親の仲を戻してあげようと思うんだ。 アヤカシ達の力や解釈はオリジナルですのでご了承下さい。
ポイント 2,005pt
文字数 74,630 最終更新日 2018.12.11 登録日 2018.10.23
 神の国の試験に落ちてばかりの神さまが、ついにお仕置きされることに!   コワーイおじい様から逃げるために、下界である日本へ降臨!  神さまはこっそりと他人の家に勝手に住みこんでは、やりたい放題で周りを困らせていた。  主人公は、そんな困った神さまの面倒を見る羽目に……。 【完結しました。番外編も時々、アップする予定です】
ポイント 1,899pt
文字数 25,535 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.11.26
 俺はどこにでもいる中肉中背の大学生。  特に目標もないが、真面目に大学生活を送っていた。  もし俺に人と違うところがあるとするなら、  付き合った女性がことごとく1週間以内にお断りを宣言してくるということだろう。  人生18回目の分かれを告げられた翌日  俺は、親友と日本海の海に来ていた。  荒波に向かって俺は叫んだ。 「俺は不幸だぁ!!!」  観光客の中、可憐な巫女服姿の女性に一目ぼれした俺。  勢いに任せて声をかけたのをきっかけに、俺の人生は大きな変化を迎えた。  神様のための喫茶店でバイトをしながら、神様のために使い走りをしながら主人公 秀真(ほずま)の成長物語。
ポイント 1,791pt
文字数 110,282 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.10.25
【第2回キャラ文芸大賞に参加しています。もしよろしければ投票のほどよろしくお願いいたします(本作は大賞開催中に完結する予定です)】  ――僕こと川相草太は、これまでお世話になった高校を一学期の終わりと共に卒業し、秋から田舎町の高校、上野原高校へと通い始める手筈になっていた。  しかし、手続きの行き違いにより、本来ならば夏休みいっぱいは住んでいられるはずだったアパートを出なくてはならなくなり、夏休みの初めには上野原高校のすぐそばへと引っ越してきた。  右も左も分からなければ、友人などもいない。少しずつ荷解きをしつつ過ごす日々。そんな中、僕の元へと学校事務局からかかってきた一本の電話。  ――まさかそれが、夏休み中に起きる奇っ怪な事件のきっかけになるなど、僕は知る由もなかった。  非業の死を遂げてしまった【顔なし看護婦さん】の怨念と、上野原高校七不思議のひとつとされている【お帰りさん】の噂。  存在そのものが忌み嫌われるというツキコさんと出会ってしまった僕の身に降りかかる災厄。  ――これは、夏休みに僕が経験した怪奇譚だ。 【ツキコさんと顔をなくした看護婦さん】《完結》 【お帰りさんは夏の終わりに泣くか】《連載中》
ポイント 1,641pt
文字数 191,033 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.06.26
【第2回キャラ文芸大賞に参加しています。もしよろしければ投票のほどよろしくお願いいたします(今年中に完結させるため一日二回更新します)】 《本作は他作品【縁仁 ENZIN 捜査一課 対凶悪異常犯罪交渉係】の後日談を別視点から描いたものです。本作だけでもお楽しみいただけますが、先に本編のほうを読んでいただくとさらにお楽しみいただけます》 ―作品概要―  刑事である堀口誠は、あまりにも突然の辞令に戸惑いを覚えずにはいられなかった。  一部では都市伝説とさえ言われ、デマであるとまで言われていた捜査第六課。そこに堀口が配属されてしまうところから物語は始まる――。  カップルや夫婦が揃って惨殺され、現場に【リア充爆発しろ】とのプレートが残される猟奇殺人事件。進展しない事件に捜査本部への批判が集まりつつある中、堀口が配属されたばかりの捜査第六課に捜査のお鉢が回ってくる。  ――第六課は、表立った組織の失態や人為的ミスなどを押し付けられる専門の部署だった。  それを知った堀口は、ますます六課に配属されたことを呪いつつ、しかし【リア充爆発しろ事件】に執着を始める。六課が捜査に加わることにより、警察のアンダーグラウンドに一矢を報いようと考えたのだ。  問題児ばかりが集められた俗称【スクラップ】と、そこに配属されてしまった刑事が立ち向かう事件の結末は果たして――。
ポイント 1,634pt
文字数 61,814 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.11.01
701 12345