ほっこり・じんわり大賞開催中

ほっこり・じんわり大賞 参加作品 ランキング

346 12345
遠い昔…600年前……神々に愛された少女がいた。 人間は少女を騙し魔力(カナリア)を手に入れようとした。 神々は、少女を守ろうとした…… だが守れず少女は命を落とした。 神々は嘆き、人間に怒り覚え…憎悪から人間を殺害していく。 神々も少女を守れず、人間の目論見も失敗に終わった…… 少女の言葉が神々によぎり神々の虐殺は止む。1人の神が人間に問うた少女をどんな方法でもいい…生き返らせてと…… その願いに人間は答えるべく機械を学ぶ 時は流れ…人間は世界を歯車(クラフト)で廻る程の技術をつけた。 歯車(クラフト)とは、神の魔力(カナリア)石を加工した物。 見た目は普通の宝石でだが、かすり傷程度ならば簡単に治す事が出来る。 そして1人の青年が少女を歯車(クラフト)と合わせ目覚めさせる事が出来た。 ……これは歯車(クラフト)で生きている少女達を廻る波乱や恋の物語
ポイント 1,026pt
文字数 2,913 最終更新日 2018.07.26 登録日 2018.07.12
Twitterで呟いた漫画です。 ネット小説家だけじゃなく、漫画、イラスト、歌い手、踊り手、ハンドメイド作家、Youtuber クリエイターを元気にするのは、応援する人の暖かなメッセージだったりします。 感想のハードル、高いかもしれませんが 面白かった だけでもエネルギーになるので ぜひ
ポイント 1,025pt
5ページ 最終更新日 2018.04.28 登録日 2018.04.28
お父さんとわんこと暮らす車椅子の少女家に、最新のAIを搭載したお手伝いのロボが届きました。 最初はわんこはロボが嫌いでしたが、これは運命の出会いだったのです・・・。
ポイント 1,020pt
30ページ 最終更新日 2018.07.09 登録日 2018.07.09
姉弟二人暮らしの、香さんと湊くん。ある日、買い物を終えた香さんが冷蔵庫をあけると、たくさんのサイダーがありました。不思議に思っていた矢先、香さんは弟の湊くんがお父さんの入院していた病院に通っていることを知るのですが―― 二人っきりの姉弟の織りなす、ちょっと大人の童話です。 (小説家になろうさんにも重複投稿)
ポイント 1,010pt
文字数 5,384 最終更新日 2018.07.03 登録日 2018.07.03
85
現代文学 完結 ショートショート
私の息子は小さい頃からとある病気で車椅子生活。 脳関連の病気のため、他の人よりも知能がかなり低い。 とある日、病院に行くためにバスに乗ったのだが………
ポイント 936pt
文字数 1,064 最終更新日 2018.07.05 登録日 2018.07.05
老人ホームで働く介護職 太陽と福が、過去の闇と未来への光に向き合っていく物語。 原案 よねたか 作画 kyoko の合作です。二人合わせて9●才!!\(^o^)/
ポイント 790pt
69ページ 最終更新日 2018.08.18 登録日 2018.07.27
生まれた時から犬好きだという彼、最上颯太と、犬嫌いを自認する彼女、鳴上楓の過去から現在に至るまでの物語。 のんびり書いていくので、気まぐれ更新の予定です。
ポイント 736pt
文字数 6,596 最終更新日 2018.08.15 登録日 2018.07.26
こんな先生はイヤダ! 愛にあふれた、教師にあるまじき? Kyo子先生と生徒たちの日常を 気まぐれ不定期にほのぼの描きます。 知らんけど。
ポイント 687pt
45ページ 最終更新日 2018.08.17 登録日 2018.07.07
89
恋愛 連載中 長編
いつもハーレム状態のいい男、大野幸人。 そんな彼に振り回される私、今村華子。 「何でこうなったんだっけ?」 「俺の兄貴と華子さんのお姉さんが結婚したからでしょ」 「何であんたと一緒に住んでるんだっけ?」 「親は海外勤めで、義姉さんが出て行くと一人暮らしになる華子さんを心配して義姉さんが俺をここに置いてくれたんでしょ」 「それさ、絶対新婚生活にあんたがいるのが嫌で追い出したと思うんだよね」 「実際そうだし。俺は華子さんと一緒にいれて嬉しいけど」 「黙れ」 そんな二人の日常。 ※十数年前に「空中庭園」というサイトに載せていたのの再掲載です。サイトに載せてるのを1週間ごと定期投稿(土曜日21時予定)後は、ゆったりまったり続き書けたらUPする予定です。 ※この作品はカクヨム、小説家になろうでも掲載しています。
ポイント 675pt
文字数 17,263 最終更新日 2018.08.18 登録日 2018.06.30
90
BL 完結 短編
目を覚ますと、神様が目の前にいた。 僕に世界をくれると言う。 だったら、僕は願う。 『大切にされたい』と…。
ポイント 672pt
文字数 1,379 最終更新日 2018.07.26 登録日 2018.07.26
主人公である高校二年生の私、宮森結菜の前に突然降って現れた、少年魔王ルーキフェルとのお話。 省エネモードになるとぷにっ子になる魔王さまにメロメロです。 ※タイトル及び内容紹介に若干の偽りがありましたが、訂正はしません。 彼女の性格上、あれでもそうなのだとご理解頂ければ幸いです。
ポイント 671pt
文字数 52,859 最終更新日 2018.05.27 登録日 2018.04.05
92
青春 連載中 長編
僕、雪男の末裔なんだけど、今年の酷暑にはさすがに溶けて死んじゃいそう。嘘です。ごく普通の人間です。でも、死にかけなのは本当。 難病で余命一年と宣告された僕は、友達と田舎に静養に来た。 そこはルリスズメダイが空中を泳ぐ海辺の街。人の願いを叶えるというルリスズメダイの伝説を、両親と違って僕は信じていない。だけど、伝説を信じている女の子に出会って、この時間がずっと続けば良いのにと思った。 クリームソーダみたいに甘くてシュワシュワ溶ける、最後の夏が始まる。 ※夏季贈答品です。暑中見舞申し上げます。 ※作中の病気・地名などは、実際の病気の方が不快に思われないようにわざと描写をぼかしたり変えたりしています。ご了承ください。
ポイント 668pt
文字数 28,663 最終更新日 2018.08.19 登録日 2018.07.28
平凡な生活をしている僕のもとに突然女の子が「私は死にます。あと数ヶ月で死にます」と声をかけてきた。それから僕の世界が変わった。いや、変わっている世界がもっとおかしくなっただけだ。 「死はなんだろうねぇ」 「さぁ、なんだろうな。神様の遊びの一つかもな」 「まぁ、どうでもいいことだ」 「そうだな」 「なのにどうして人が死んだら悲しむだろう?」 「君は悲しまないくせに」 「そんなふりをしないと、人間として失格なんだよ」 「人間失格か、いいね」
ポイント 623pt
文字数 23,316 最終更新日 2018.08.14 登録日 2018.07.28
94
キャラ文芸 連載中 長編 R15
『ほっこり・じんわり大賞応募用作品《今作品はほっこり部門です》』 「あやかしから手に入るフルーツでフルーツタルトを作りましょう」  水無月日那《みなづき ひな》は至って普通の女子高生。  ある日、日那の住むマンションの隣の部屋に、新しい住民が引っ越してくることになる。  20代の女性だと知り、どんな感じの人か気になった日那は、一目見るためにちょっとのぞき見をしてしまう。  そこにいたのは……とても美しい女性。  女性は日那に気が付くと「有栖川華《ありすがわ はな》」と名乗り、部屋に招き入れてくれた。  そこで、華は日那に手伝ってほしいことがある、という。  それは――。 「あたし、フルーツタルトとかスイーツ作って売りたいんだ」  だけど、そのスイーツは普通のフルーツを使ったものではなく……。  しかも……華の正体は……。 『あやかしの願いを叶えると手に入るフルーツでフルーツタルトをはじめとしたスイーツを作りたい吸血姫と、何故か手伝うことになってしまった普通の女子高生、日那のドタバタ摩訶不思議日常コメディ!』 *表紙はあままつ様よりフリーアイコンをお借りしております。こちらからの保存、転載などは一切禁止です。 *エブリスタにも掲載予定。
ポイント 598pt
文字数 1,878 最終更新日 2018.07.29 登録日 2018.07.29
 遊牧民族「月の民」の翁は、聖域とされる竹林で赤子を拾います。赤子は翁に愛情深く育てられ美しい少女に成長しますが、ある時、遊牧から帰還した男に翁は頼むのです。 「あの子を月に還してやってください」と。  翁の言葉の真意とは?  かぐや姫は、月に還るのか?  昔々、人と精霊との距離が今よりも近かった時代、ゴビの大地と草原を舞台にした、かぐや姫達少年少女の成長物語です。 ※日本最古の物語とされる「竹取物語」をオマージュし、物語の舞台を中国の祁連山脈北部、後に河西回廊と呼ばれるところに置き換えて、登場人物や筋書きを分解・再構築しました。
ポイント 591pt
文字数 61,527 最終更新日 2018.08.19 登録日 2018.04.21
   その日はいつもと同じで、平凡な朝だった。  いつもと変わらず、俺は会社に出かけた。  カラスが頭に突き刺さり、俺はからすにんげんになった。  
ポイント 587pt
文字数 221,016 最終更新日 2018.08.19 登録日 2018.07.09
猫の信長はある日家出をしたそして信長旅をする。どんな野良猫に襲われようとカラスに襲われようと、めげない!と、ほのぼのコメディー4コマ漫画です
ポイント 581pt
4ページ 最終更新日 2018.08.18 登録日 2018.07.04
98
青春 完結 短編
題名の通り、憧れの女の子からパンストをせがんでこいっていじめっ子に命令された男の子の話です。
ポイント 579pt
文字数 4,685 最終更新日 2018.07.29 登録日 2018.07.29
大阪のど真ん中に少し訳ありの子ども達が通う月見が丘小学校があります。1年1組は、その妖怪や、妖怪の血を引く子ども達が人間社会に溶け込む訓練をする特別教室です。担任の鈴子先生は、新米の泣き女。さてさて、どんな騒動が巻き起こるのやら。
ポイント 565pt
文字数 69,517 最終更新日 2018.08.18 登録日 2018.07.15
人の身体を形作るのは日々食べている物。 食べ物を作るのは人の思い。 人は食べ物を通して人の思いを受け入れて生きているのかもしれません。 そんな食べ物の思い出を綴ったエッセイです。 最新話は「09 東京のバナナ」。 なお、「01 貧乏人のチーズ」は同じ内容のものを小説家になろうにエッセイとして投稿しています。
ポイント 559pt
文字数 21,195 最終更新日 2018.08.18 登録日 2018.07.31
101
青春 完結 長編
中学生の高宮 桜(たかみや さくら)は、夏休みに祖父母がいる北海道に向かう。桜は祖父母の家の近くの麦畑が大好きでよく一人でお散歩をする。そこで、出会った不思議な男の子 立川 冬樹(たちかわ ふゆと)と過ごして行くうちにわかる冬樹の秘密… 冬樹の秘密は何か、桜が抱えている悩みは何か考えながら読んでくれると嬉しいです。
ポイント 558pt
文字数 13,898 最終更新日 2018.08.13 登録日 2018.07.16
茶色いトラ猫に案内されて、就活中の小海がたどり着いたのは小さな不動産店。なぜかそこで働くことになった小海のお仕事はただひとつ。アパートの庭に住みついている、猫のお世話をすること。しかしそのアパートの住人は、この世に未練を残す幽霊たちだった――彼らの未練を断ち切るため、自称引きこもりの日向くんと一緒に、泣いたり笑ったり奮闘する小海のお話。
ポイント 550pt
文字数 97,769 最終更新日 2018.08.18 登録日 2018.07.31
103
エッセイ・ノンフィクション 連載中 ショートショート
日常の中の一コマ。
ポイント 543pt
文字数 6,370 最終更新日 2018.08.04 登録日 2018.07.31
閉じ込められた少女は小さな妖精と出会いました。 *かなり短いおとぎ話です。 *2話で完結ですが、二人で旅をする続きが一応あるので、もしご要望があれば書かせて頂きます。
ポイント 543pt
文字数 3,214 最終更新日 2018.07.22 登録日 2018.07.22
人間と、その人間に恩返しをしたい鯉。 鯉は龍に昇格し、幸を運ぶ。 幸を受け取った人間は、龍に感謝する。 互いを受け入れ合い、互いに恋をした。 ――これは、『特殊』な 異類婚姻譚《いるいこんいんたん》の 物語である。  
ポイント 542pt
文字数 6,059 最終更新日 2018.08.04 登録日 2018.07.30
106
青春 連載中 長編
白田 武志(しろた たけし)15歳は名門高校に激選を勝ち抜いてサッカーのスポーツ特待生として入学する事が出来た。 武志の親友である黒田 英雄(くろだ ひでお)15歳は同じくサッカーをやっていたが、地元の高校に進み別の高校となってしまったが今でもお互いの家に行き来する仲だ。 そして2人の幼馴染であり武志と同じ高校に通う灰田 愛(はいだ めぐみ)15歳は昔から2人のアイドル的存在だ。 3人で居ることが当たり前だった中学生時代までの事や、高校に入り変わっていく3人の関係・・・ そして英雄と愛は武志に内緒にしている事があった・・・
ポイント 535pt
文字数 49,915 最終更新日 2018.08.08 登録日 2018.07.10
107
青春 連載中 長編
神様どうかお願いします。僕をあの頃に戻してください。あの幸せだった……家族みんなで仲良く暮らしていたあの頃に
ポイント 534pt
文字数 6,651 最終更新日 2018.08.16 登録日 2018.07.23
縁結び、家内安全、商売繁盛……この世のありとあらゆる願いは、資格を持つ神によって管理されている。 面接に落っこちてばかりの神様・漠は、面接を受けにきたとある神社で、神を見る目【神目(かんめ)】を持つ少年、陽平と出会う。 久方ぶりに、己の姿を見ることのできる人間に出会った漠に、少年は告げた。 「僕をいじめているやつらを……殺してください」
ポイント 529pt
文字数 33,926 最終更新日 2018.04.28 登録日 2018.04.15
錬金術師である僕の家の玄関脇に、見ず知らずの少女がいた。
ポイント 528pt
文字数 3,897 最終更新日 2018.07.12 登録日 2018.07.12
110
恋愛 連載中 短編
目を覚ますと、そこにはいつも君がいた。 笑っている。泣いている。怒っている。 そして、眠っている。 君はいつも、俺のそばにいた。 大丈夫、今だって、ほら。 ____夢と微睡みの世界を巡る、小さな愛の物語。
ポイント 527pt
文字数 11,851 最終更新日 2018.06.28 登録日 2018.06.28
111
青春 連載中 長編
 自分の焼肉店を出すことだけを夢に見ていたクラスメートのジョニィ。あいつはもう、この地上にはいない。  こんな雨の日、生徒会メンバーが四人集まると、つい、ジョニィの話が出るんだ……。
ポイント 526pt
文字数 6,518 最終更新日 2018.08.01 登録日 2018.07.30
広い宇宙のどこかに、動物たちしか存在しない星がありました。 ここには色んな動物たちがそれぞれで国をつくっていて、これは小さな動物たちが集まる小さな小さな国――スモール王国のお話。 国の最高権力者ねずみ王女と、忠誠を誓うねこ騎士はいつしかお互いに惹かれあっていました。しかし、身分の差と種族の違いにより、想いを伝えられずにいました。 そんなある日、他国の軍勢がねずみ王女の命を狙って攻めてきたのです。ねこ騎士はねずみ王女と王国を護る為に戦います。はたして、再び平和な日々を取り戻すことが出来るのでしょうか。 ほっこり心温まる、ちょっと絵本風味の優しい物語。
ポイント 525pt
文字数 14,375 最終更新日 2018.07.29 登録日 2018.07.27
113
現代文学 完結 ショートショート
 毎週月曜、私が勤務する特別養護老人ホームに、一人の青年が入居中の祖父に会いに来る。青年の名は孫の「義春」さん。  ある日、祖父は孫の名前を言い間違えた。だが、孫の「義春」さんは、全く気にもしない様子で祖父と接していた。  そこには、祖父の、過去に起きた悲しい出来事があった・・・・・。  祖父と孫との、心暖かくも涙するショートショート・ストーリー。
ポイント 525pt
文字数 1,324 最終更新日 2018.07.02 登録日 2018.07.01
114
ライト文芸 完結 ショートショート
僕は藍、十二歳 ハロウィーンの夜 十二歳で 僕は最大の家族愛を知った May the magic of Halloween be with you. (季節外れですがね)
ポイント 521pt
文字数 9,166 最終更新日 2018.07.06 登録日 2018.07.06
115
青春 完結 ショートショート
小学生の頃の約束を覚えていてくれるかな?僕は読みかけの小説を片手に持ち、約束の場所へと、出向いてみた。 すぐに読めるショートショートです。よろしくお願いします。
ポイント 520pt
文字数 3,289 最終更新日 2018.08.02 登録日 2018.07.22
116
絵本 完結 短編
広い海が見渡せる岬の上に、『うみのねこ』という料理店があります。 お店を切り盛りするのは、アラシとナギという双子の猫。 『うみのねこ』にはメニューがありません。 お客さんが食べたいものを作って出すのです。 さあ、いらっしゃい、いらっしゃい。 ここは海に住む猫の料理店。 ちょっと風変わりでほっこりする時間をどうぞ。 ベリーズカフェでも公開中です。
ポイント 519pt
文字数 4,520 最終更新日 2018.04.11 登録日 2018.04.03
117
ファンタジー 完結 ショートショート
心あたたまる。 かもしれないショートストーリーです。 1話で終わります。
ポイント 517pt
文字数 1,091 最終更新日 2018.05.19 登録日 2018.05.19
118
恋愛 連載中 長編
オタクである自分が嫌いな高校二年生 神代魁璃 と、魁璃と肩を並べるほどのオタクでありながら高いルックスと成績を誇る高校三年生 穂波愛花 の恋愛物語。 一見順調そうな恋の線路は……。
ポイント 516pt
文字数 6,710 最終更新日 2018.07.16 登録日 2018.07.07
ここは田舎町のとある学校。田舎町に引っ越してきた主人公奥田 祐朔は美少女に騙され、変人だらけの部活名作部に強引に入部させられてしまう。・・・「桃太郎ってただの侵略者じゃない」、「ジャックの豆の木のジャックって馬鹿な上に犯罪者でしょ」...桃太郎、、ジャックと豆の木、シンデレラ、こうして、数々の名作の疑問にツッコミ続ける名作部の活動が始まった。
ポイント 515pt
文字数 1,038 最終更新日 2018.08.11 登録日 2018.07.31
~弟がくれたのは日本一のみかんと地域の絆だった~ 岩下光一は今、ある問題に直面していた。 やっとの思いで完成した障害者福祉施設『もくせい園』は 新町長の意向でなくなろうとしている。 弟との夢を叶えるため、光一は立ち上がり続けた・・・。 参考文献 『念ずれば花ひらく』 岩崎博一著 ※この物語は上記岩崎氏をモデルとしたフィクションです。
ポイント 513pt
文字数 6,313 最終更新日 2018.08.01 登録日 2018.07.31
346 12345