第12回恋愛小説大賞開催中

第12回恋愛小説大賞 参加作品 ランキング

1,593 3637383940
1561
恋愛 完結 短編 R15
凍える街、新潟の中で笑えないゴーストと泣けないスイセンによる、大切な人を忘れる為の物語。
ポイント 0pt
1562
恋愛 完結 短編
天才ピアノ少女による甘く苦い、初めての恋の物語。
ポイント 0pt
1563
恋愛 完結 ショートショート
夏休み、星の王子様とよく似ている彼女は転校してしまった。 彼女と遊ぶ夏休みの計画は、全部水の泡。 「私のデータを使ってクリアして」 別れ際、そう言って彼女はゲームソフトを託した――。 少年少女による別れの物語。
ポイント 0pt
1564
恋愛 完結 短編
高校二年生、明日見梨奈は一つ上の雨宮亮に恋をしていた。 天文部部長の彼とオリオン座を見に行く彼女は前日、紫のマフラーを巻きながらとある言葉を練習していた。 「宇宙の色だから。先輩はオリオン座みたいな人だから」  オリオン座と子犬座と宇宙色のマフラーの物語。
ポイント 0pt
1565
恋愛 完結 ショートショート
クラスにアメリカから美少女が転校してきた。 名前はクロエ・スミス。 転校初日に広岡は彼女にいきなり「ダイスキ!」と告白される事になる。 浮かれる広岡に対しクラス委員長、石田千尋はその言葉に疑問を持つが――
ポイント 0pt
1566
恋愛 完結 短編 R18
途中で更新できなくなってしまったエロ小説です。 このサイトで更新予定です。
ポイント 0pt
1567
恋愛 連載中 長編 R15
◇悪役令嬢と勇者がタッグを組んだらこんな話になりました◇  魔王討伐を成し遂げて王城に帰還した勇者夏彦。そこには彼を出迎えるはずの愛しい姫の存在はなかった。姫は遊学に来ていたサーザン国の王子と、懇ろな仲になって国を出て行ったと王から告げられる。  姫には魔王を倒したら「わたしをあ・げ・る」と、言われていたから奮起したというのに寝取られだなんて。チクショー、誰だよ。姫を孕ませたヤツ。羨ましすぎじゃねぇか。   でもちっとも悔しくなんてないからな。俺には愛猫のチョコがいる。    
ポイント 0pt
1568
恋愛 完結 長編 R18
わたし織羽翔子は異世界人。旅先で今日も聖剣を振り回し魔物退治に勤しんでいます。そんなわたしを皆は「勇者さま」と呼びますが違います。わたしは「聖女」ですから。ではなぜそんな旅を続けるのかって? それには恥ずかしくも悲しい事情があったのです。
ポイント 0pt
1570
恋愛 完結 短編
売れない漫画家と、イタリアンシェフのお話。
ポイント 0pt
1571
恋愛 完結 長編
親同志の不貞によって出会う、高校生の莉子と湊。お互いの家族を守りたいが為にぶつかりあう2人。憎しみは許し合えるのか。恋は生まれるのか。もがいてあがくお話です。
ポイント 0pt
1573
恋愛 完結 長編
悩みを抱えた高校生の恋と友情のお話。
ポイント 0pt
1577
恋愛 完結 長編
ブスな弁護士・馬場添さんと、雰囲気イケメン貝谷くんのお話です。
ポイント 0pt
1578
恋愛 完結 長編
素直で我儘な、大人たちのオフィスラブです。
ポイント 0pt
1579
恋愛 完結 長編
上手くいっていたカップルに過去が水を差すお話です。
ポイント 0pt
1580
恋愛 連載中 長編
古村乃愛(こむらのあ)は、みんなの人気者。 水泳部のエースにして生徒会長。頭脳明晰で朗らかな性格、そして黒髪ロングの艶やかな髪に端正な顔立ち。 誰もが認める憧れの的、それが彼女。 新倉友一(にいくらゆういち)は、影の薄い人。 部活にも委員会にも所属せず、成績もそこそこ。基本的に無口で、伸ばした前髪が黒縁の眼鏡にかかっていて顔が隠れている。 誰もが認める無個性な人、それが彼。 恐らく全生徒が信じられないであろう。最も羨望されているであろう彼女と、最も頓着されていない彼が、古ぼけたアパートの一室で一緒に暮らしているだなんて。 無論そんなことバレないように、2人はうまくやり繰りをしてきたのだけれど…… 「私達は、もうどんな関係にもなれやしない」 そう達観する2人の日常が、徐々に徐々にと動き始める。そんな物語です!
ポイント 0pt
1581
恋愛 完結 ショートショート
携帯電話の機種変更に係わる、ほんのちょっぴりホラーで素敵な恋の物語。
ポイント 0pt
1582
恋愛 連載中 長編 R15
気付くと俺は異世界にいた。 跡継ぎのいない侯爵家へ養子として赴いた俺は運命に出会った。 気が強く正義感の強い侯爵令嬢マルガレーテに。 これは異世界に転生した中身は高校生男子のモブ義弟が、悪役令嬢さながらの振る舞いをする義理の姉に恋をする物語。 ※男主人公ですがハーレムにはなりません。 たった一人の女を一途に愛する男の恋のおはなし。
ポイント 0pt
1585
恋愛 連載中 長編 R18
 花梨にとって生まれて初めて出来た彼氏は異世界人でした。しかも既婚者。交際始めてまだ三ヶ月、彼を迎えに来た男によって真相を暴露され、彼氏を疑いつつも失いたくなくて、転移しようとしていた彼に縋ってしまったばかりに花梨は異世界へと飛ばされてしまった。  そこは精霊王が影響力を待つ世界。その世界に慣れてきた頃、花梨のもとへ姿を隠して夜這いする者が現れた。  異世界で愛し子と呼ばれる花梨は愛した男性に捨てられ傷つけられる。それには彼女の前世の行いが関係していた。男達に翻弄されて彼女の行き着く未来は?
ポイント 0pt
1586
恋愛 完結 長編
噂の彼は××らしい・・・だけど・・・何かがおかしい。
ポイント 0pt
1587
恋愛 連載中 長編
自宅の隣にある異世界と現実世界を往復して暮らしている麻子。異世界で友達になった人たちと一緒に手芸品店をすることになり、勤めていた会社も辞めました。ところがある冬の日、麻子はとんでもない運命に巻き込まれることになったのです。 ※ この作品は「小説家になろう」でも連載中です。カクヨムへも転記掲載しています。
ポイント 0pt
1588
恋愛 完結 長編
大阪の男子校に通う藤島浩也。高校二年生になり、彼女が欲しくなったものの、なかなかチャンスが巡り合えず、親友の恭平と琢磨に彼女がいることを知り、意気消沈していた。その時、琢磨が岩手から来た一つの手紙を浩也に差し出した。その修学旅行の行事の一つであるファームステイの宿泊先の人から届いた手紙には家族構成が書かれており、そこに(娘 友梨子)という文字を見て、浩也は自分にも恋愛のチャンスが来たと浮かれてしまう。そして、初めてその友梨子という一つ下の女子高生と出会い、運命の赤い糸を信じて、浩也は不器用ながらも走っていくのであった。モテないけど純粋な浩也と過去のトラウマで恋をしなくなった友梨子の温かい遠距離恋愛を楽しんでいってください!
ポイント 0pt
1589
恋愛 連載中 長編 R18
君と僕の一線を越えたお付き合いは、随分と日常に溶け込んでいると思うけど、公にできない環境が辛い…… なんて教師にあるまじき感情を持て余す僕の日常。 十五も年下の彼女に振り回されているかもしれない未熟な僕の、恋愛における思考と法則と弊害の記録(仮保存版)である。
ポイント 0pt
1590
恋愛 完結 長編
 アルカシア大陸の北東に位置する、極寒の国リスバーナ北国。その先王の娘、アデルは幽閉を解かれて、新興国のマクルナ国王のもとへ嫁ぐように宰相から言い渡された。しかも十四歳のトゥーラ王女になりきっての輿入れである。もうじき二十歳となるアデルには痛い話だが、それがこの国の民の為だと言われれば拒む事は出来ず渋々従うことに。
ポイント 0pt
1591
恋愛 完結 長編
『たかが転校ぐらいで』 大人はそう笑って否定する恋だった。 プールの塩素の匂い。 美術室の埃臭い冷房の匂い。 蝉の声をかき消すような彼の笑い声。 駄菓子屋で食べたかき氷。 ひまわり畑に置いてきた気持ち。 蛍も二人で見たよね。 メガネザルとからかわれたトラウマから、人と目を見て話すのが苦手だった私に、色んな色のキャンパスみたいな感情をくれたのは優大くんだった。 すぐ耳まで真っ赤になるのに言動はマシュマロみたいに軽くて甘い。 彼の優しい気持ちは、私の頑なな心に混ざって綺麗な色をくれた。 「俺に絵を描いてくれないか」 転校する彼と私の、夏の匂いと受験、そして恋のはじまり。 全部、ぜんぶ、優大くんがくれた。 クラスの人気者 陣之内 優大 × 人の目を見て話せない内気な優等生 津田 蕾
ポイント 0pt
1592
恋愛 完結 長編 R15
図面管理課で働く 早川可憐 ハヤカワ カレン (23) × 製造課のエリート作業長 紅林真 クレバヤシ マコト (35) 好きになった彼は 年上 バツイチ 仕事人間 だけどかっこよくて優しくて 勢い余って告白してしまった なのに、、、 「俺には君と付き合う資格はない。」 「資格って何ですか?私と付き合うのに国家資格でもいるんですか?資格も◯も△もいらないです!」 ********* 図面管理課で働く早川可憐は、製造課のエリート作業長、紅林真を好きになる。紅林は年上で更にバツイチ。だけど好きになってしまったこの気持ちは止められない。勢い余って告白してしまったけどイマイチな返事。なのに抱きしめてくれたりキスをしてくれたり。思わせ振りな行動に、可憐は翻弄されてしまう。いい感じだと実感する頃、元嫁が現れて諦めなさいと忠告される。その時、可憐は…。紅林は…。二人の気持ちに変化が…。
ポイント 0pt
1593
恋愛 完結 長編 R15
私の上司、坪内さん。 彼はヤバいです。 サラサラヘアに甘いマスクで笑った顔はまさに王子様。 まわりからキャーキャー言われてるけど、仕事中の彼は腹黒悪魔だよ。 本当に厳しいんだから。 ことごとく女子を振って泣かせてきたくせに、ここにきて何故か私のことを好きだと言う。 マジで? 意味不明なんだけど。 めっちゃ意地悪なのに、かいま見える優しさにいつしか胸がぎゅっとなってしまうようになった。 素直に甘えたいとさえ思った。 だけど、私はその想いに応えられないよ。 どうしたらいいかわからない…。
ポイント 0pt
1,593 3637383940